Architect of Music Architect of Music モバイル版Architect of Music COUNTER

メインメニュー (サイトマップ)




−クリックすると概要を表示−

今日は大阪淀屋橋にある日本板硝子のショウルームに勉強をかねて見学に行った。 採光と装飾だけがガラスの利用目的だと思ったら大間違い。 防音、断熱、結露の防止、冷暖房のコストの節約、防犯、プライバシーの保護、その他 様々な目的での利用が試みられ、商品化されている。 中でも、見る方向によって磨りガラスのように見通せなくなったり、 透明になったりするガラスは非常に興味深かった。 例えば、隣接するマンションの同じ階にある部屋同士からはお互いが見えないのに、 地上の公園で遊ぶ子供達や青空はちゃんと見えたりするのだ。 一つの窓であるはずなのに、見る角度によって磨りガラスになったり透明ガラスになったりする というのだ。すごい。ガラスって進んでる。でも高価そう。 結構いろいろな自分の知らない分野のショウルームに行くのって楽しいかもしれない。 みなさんも「ショウルーム巡り」、お試しあれ。

他にこんな記事もいかがでしょう




【CM】AmazonでKAN関連商品をチェック!




コメントはTwitter及びFacebookにて受け付けています


   Copyright (c) 1996-2019 Sei KAITANI (SEI) All rights reserved.