Architect of Music Architect of Music モバイル版Architect of Music COUNTER

メインメニュー (サイトマップ)




−クリックすると概要を表示−

ラムタラというのは日本の馬主が33億円で海外から購入した最高の血統と最高の成績を持つ馬です。ナリタブライアンが21億円なのでその凄さはお解りになると思います。でも、海外の血が日本に入ってくると、強い馬が日本競馬界に現れるというメリットのみがもたらされるわけではありません。純血の日本馬は晴れの舞台の外に追いやられることになりかねません。アラブ馬が中央競馬界から去ってしまったように・・・。それに、競馬をどう解釈しようと構わないのですが、競走馬を経済動物だと解釈するのは、仕方がないといえばそうなのですが、ちょっとだけ残念な気もします。僕は動物好きなので、なるべくそう思わないようにしています。でも競馬界の方々はそう思わないとやっていけないので、僕の言うことに「何言ってんだ」と叱られるかも知れません。ただ、僕は競馬で儲けた損した等というお金に関わる部分は好きではありません。きれい事かも知れませんけど。純粋に競馬を楽しめないような気がするからです。優勝した名馬に向かって、「何で勝つねん!アホ!!(大阪版)」などという言葉を投げつけるのは疑問に思うのです。だから、僕は大学を卒業したとしても、競馬で儲けようとは思いません。馬を見るのは大好きです。競馬も好きです。名馬をこの目に焼き付けるために競馬場に足を運ぶこともあるでしょう。でもきっと、お金は賭けないと思います。話は逸れましたけれども、大なり小なり「ラムタラ」という名馬が日本競馬界にもたらす影響はこれから話題になると思います。その血を大事に育てることが、日本競馬界のこれからの義務になるような気がします。そして、他の馬たちの血も、同時に大切にして欲しいのです。
というわけで、今日は原付を神戸に移動することができました。晴れて良かった。でも大阪をAM6:30に出たときにはすごい霧が覆っていて眼鏡が露だらけになってしまいましたけれども。

他にこんな記事もいかがでしょう




【CM】AmazonでKAN関連商品をチェック!




コメントはTwitter及びFacebookにて受け付けています


   Copyright (c) 1996-2019 Sei KAITANI (SEI) All rights reserved.