Architect of Music Architect of Music モバイル版Architect of Music COUNTER

メインメニュー (サイトマップ)




−クリックすると概要を表示−

 みなさま、あけましておめでとうございます。本年も変わらずどうぞ宜しくお願いします。

 はい、SEI@大阪です。みなさま、お久しぶりですね。このコーナーはほぼ3ヶ月ぶりの更新になるそうです。っていうのは自分でも不思議なくらいに、いろいろ忙しかったわけで・・・。曲作りも秋から年末にかけてラッシュだったし、KANさんのライブにも行ったし(3回だけ)、なによりも大学の方がかなり忙しくて、一時期は掲示板めぐりだけでインターネットする時間のほとんどを使ったような気もします。

 その3ヶ月の間に、いろいろありましたね。そう、「KAN LIVE 23 NIGHTS '98 AUTUMN-WINTER」。私は大阪の3公演「キタナイト」「ミナミナイト」「ファイナルイメージナイト」に出席いたしまして、その後の各オフ会にも参加いたしました。その節はオフメンバーの皆様、お疲れさまでした。

 ライブの中で、最も驚異的なパワーを放っていた今回の目玉が「ボン・マルシェ」でしたね。これは、いわゆる「ハイビジュアル系」と呼ばれる、今回のKANさんのコンサートのオープニングアクトを担当したバンドです、はい。と、ライブに惜しくも行けなかった少々残念な方々にはそういう説明をするのですが、結局のところ、その正体は「ヤン嶋田とニューブリーフ」でした(これも嶋田さんがいない今回のツアーにはわかりにくいバンド名)。

 「ボン・マルシェ」は「女神(VENUS)」「天使(ANGEL)」「迷宮(LABYRINTH)」の3曲を演奏。笑わせてもらいました。ただ、僕には「迷宮」だけは80年代ロックを思わせるメロディが強くて、一番親近感をおぼえました。こういう歌詞なら一日で書けるというKANさん、次のアルバムはいつ発売になるのか、そして今回こそ延期なしで発売できるのか、非常に楽しみなところです。

 そんな「ボン・マルシェ」も、とうとう2月5日にCDデビューです。KANさんのニューシングル「Happy Time, Happy Song」のカップリングになるということで、大変楽しみなところです。偶然にもこれを読んでいらっしゃるKANファン以外の方も、せめてジャケットだけでもご覧いただけると、心の奥底で何かモノの考え方が変わるかも知れません。お楽しみに(^-^)

 今回のツアーの詳しいレポートですが、ぴよ@兵庫県さんのご協力で、演奏曲目リストも交えて、のちのちDISCOGRAPHYにまとめさせていただきます。お楽しみに。

 あ、申し上げるのを忘れていましたが、もちろんKANさん自身のライブもとってもよかったですよ、その辺もまた後日ご報告することにしますね。ちなみに、大阪では演奏されなかった曲がいくつかありまして、残念だったのですが、「まゆみ」「Happy Birthday」は演奏されませんでした。

 最後に。「MUSIC GUMBO Final」ですが、もうちょっとお待ち下さいね。上記のようななんとも個人的な事情がありまして、滞っておりますことをお詫び申し上げます。そうなんですよね、もう、GUMBOが終わって3ヶ月が経とうとしているんですよね。もう大阪には戻ってこないんでしょうね、きっと。これからはかろうじて80%聞こえる「アタックヤング」を聴いて、情報を得たいと思います。ふう。

 では、また^^

他にこんな記事もいかがでしょう




【CM】AmazonでKAN関連商品をチェック!




コメントはTwitter及びFacebookにて受け付けています


   Copyright (c) 1996-2019 Sei KAITANI (SEI) All rights reserved.