Architect of Music Architect of Music モバイル版Architect of Music COUNTER

メインメニュー (サイトマップ)




−クリックすると概要を表示−

 こんばんわ、去る6月4日の日曜日、わざわざ大阪まで帰郷して「freebeat! Special Live」を見に行ってきました。僕にとって、ライヴを理由とした大阪への遠征は、初めてになりますね(笑)。それぐらい、価値のあるモノでした。とってもよかったので、ここでも紹介しましょうね。


 関西テレビ系「freebeat!」のライヴということもあり、もちろん、「花花」のおふたり、ザ☆スミトモアキくん、ちわきまゆみさんも登場、ほぼオムニバス形式のライブとなりました。で、hot hip tranpoline school、花花につづき、KANさんは3番目の登場となりました。


 演奏曲目は、ざっと書きますと、


1. WHITE LINE -指定場所一時不停止-

2. Come Together (カバー曲)

3. まゆみ

4. サンクト・ペテルブルグ -ダジャレ男の悲しきひとり旅-

5. プロポーズ

6. 8 Days A Week

7. ホタル

8. ロック試練の恋

9. Oxanne -愛しのオクサーヌ-

10.すべての悲しみにさよならするために



 といった感じでした。


 で、ですね、個人的にとっても気に入った場面を紹介しまくりましょう。詳しいライヴレポートは、がお氏とぴよ氏にお任せするとして・・・(他力本願?)


 まず、登場の時なんですが、ね、矢代さんが、キーボードの矢代恒彦さんがですね、めちゃくちゃ髪を短くされていましてですね、驚きましたね。僕よりも短くなってるんですもの。って、別に僕がそんなにスポーツ刈りとかにしてるわけじゃないんで、説得力がないんですがね、はい(笑)。


 そして、登場時の皆さんの格好なんですが、基本的には「LIONFLOORLADY」のツアーの時と同じ感じの服装で、KANさんと西嶋さん(Bass担当)がですね、えらいズラかぶってましたね、あれは結局だれをイメージしていたんでしょう?KANさんはかまやつ氏の雰囲気がバリバリ出てましたが(笑)。実際は違うんでしょうね、うん。


 KANさんの前に、「リハーサルではとても派手にやってた」って花花さんがおっしゃっていたので、いったい何で始まるんだろって思っていたんですが、いきなり無弦二等分ギター(勝手に命名)で来ましたね、そして、ちゃんと演奏後にギターをまっぷたつに割ったときには、KANさんファン以外の方からもウケてたのには、安心しました(笑)。ただの無弦二等分ギターで「WHITE LINE」と、二等分はしなかったけど無弦ギターで「ロック試練の恋」と「Oxanne」。ライヴハウスで演奏するにはもってこいの曲を、見事にちゃんと盛り上げてくれました♪


 会場がZepp大阪ということで、普段のツアーでまわっているフルメンバー(8人)で演奏されていたということもあり、ライヴハウスであの音に厚みのある「Oxanne」を聴けたことは、とっても心地よかったです。みんなで「おっぱいぱい!」って叫んでたもんね、ほんとに(笑)。


 曲構成は、基本的には「LIONFLOORLADY」と「LIVE TOUR 1999-2000」を足して4で割ったような感じで、非常に内容の濃い仕上がりだったと思います。ただ、僕にとってうれしかったナンバーがひとつ。「ホタル」でした。


 このWebSiteの「Discography」の「LIVE」のところにも書いてある、2年前のスターダストレビューとの大阪・南港でのジョイントライヴ「FACE TO FACE」で聴いて以来、コンサート等で聴いていなかった「ホタル」を、あの2年前と同じ大阪・南港で、再び聴くことができたというのが、とってもうれしかったんです。2年前とは僕自身の身の回りの環境が大きく変わっていますが、あの曲の雰囲気は、2年前のまま、残っていました。とっても懐かしい気分になりました。


 きっと、今回も僕自身、2年前と同じような気持ちで、あの曲を聴いていたんだろうな。


 盛り上がるところでは盛り上がり、しっとりと聴かせるところでは聴かせる。KANさんのコンサート・ライヴの真髄が約1時間に凝縮された、すばらしいステージだったと思いました。大阪まで帰った甲斐があったというものです♪


 さて、そのステージのあと、「freebeat!」全メンバーでセッションです。「FREE FALL(仮)」と題されたこのナンバーは、KANさんが曲をつくったものに、メンバーみんなで歌詞を乗せるというパターンで、ライヴ前日にできあがったそうです(笑)。会場全体でみんなで踊るこの曲の振り付けは、野沢トオル氏。つい先日、「トオル with Gee-ホイズ」の銀座博品館劇場での公演をみて一週間しかたっていなかったのですが(笑)、やはりKANさんのコンサートでのトオルさんは、またひと味違った面もちで、良い感じでした。


 最後まで、歌って踊って笑って感動して、素晴らしい3時間でした(立ちっぱなしで脚が痛くなったのは否めない(笑))。


 次は、もちろん、7月16日(日)の大阪城ホールでの「Pacific Heaven」。早くも年次休暇をとる準備で頭がいっぱいです(笑)


 今日はこの辺で〜。

他にこんな記事もいかがでしょう




【CM】AmazonでKAN関連商品をチェック!




コメントはTwitter及びFacebookにて受け付けています


   Copyright (c) 1996-2019 Sei KAITANI (SEI) All rights reserved.