Architect of Music Architect of Music モバイル版Architect of Music COUNTER

メインメニュー (サイトマップ)




−クリックすると概要を表示−
 7月16日の大阪、8月13日の東京、そして8月19日の名古屋と、3日間3ヶ所3都府県3都市3会場(笑)で行われた「Pacific Heaven 2000」の3公演についてのライブレポ、ついに公開です。

 概要ですが、これは、KANさんをはじめ、スターダスト☆レビュー、east cloud、Something ELse、谷村有美、シエル、田村直美、テミヤンなど、さまざまなアーティストがひとつのステージで、ひとつのユニットを組み、お互いの曲を全員で演奏したり、小分けのユニットで演奏したりするという、昨年に引き続き今年も行われた夏の恒例行事(?)です。昨年僕は、都合によりライブを見に行くことを断念していたのですが、今年は昨年行けなかった分も行きたいと思い、3日間3ヶ所3都府県3都市3会場(笑)全てを見に行ってきました(笑)

 どういう風に書いていこうかなと思っていたのですが、分量の関係上、曲を順に追っていくのはやめにしまして、せっかく3公演とも行ってきたわけですから、その3公演での違いを踏まえてお話ししようかなという、ちょっと手抜きに見えてしまうかもしれない(っていうか手抜き?)イメージで、進めていきたいと思います。

 まず、大阪・東京・名古屋の決定的な違いは、KANさんも含め、出演者のみなさんのテンションが、どんどん回を追うごとに激しさを増してくるということでした(笑)。KANさんでいうと、バックのダンスなどですね〜。マラカスは手の上でクルッと回転させてキャッチするという技を披露していらっしゃったのですが、回を追うごとにその回数は増え、名古屋では、何回か落としていましたね(笑)。でも、練習はたくさんなさったんだろうな〜、と思いました(笑)。

 そしてダンス。KANさんはピアノを演奏している間でも構わずに合間をみつけてはダンスしていました(笑)。極めつけは相田翔子さんと谷村有美さんとのデュエットによる「愛が止まらない/Wink」。KANさんは相田さんのパートを一生懸命踊っていらっしゃいました(笑)これは大阪では視界に入らず確認できなかったのですが、大阪でもやっていらっしゃったのでしょうか??

 名古屋ではコーラスも飛び入り参加してました。Something ELseの「ラストチャンス」の中で、伊藤さんがマイクスタンドから離れている間に伊藤さんのマイクスタンドまで歩み寄り、今井さんのコーラスパートを今井さんと一緒に歌うという、なんともサムエルファンを敵に回しそうな一面もあり(笑)楽しませてもらいました♪最後の最後にはとうとうライブハウスツアーの時のようにピアノの上に乗っちゃうし(笑)。名古屋は特に、みんなすごいテンションだったのが印象深いです♪そしてコンサートとしての完成度もやはり高くなっていたかな、と。

 今回は「コラボレーションタイム」という、全員ではなく、数人の出演者がユニットを組んで、曲を披露するというコーナーがあったのですが、大阪ではなかった企画が東京と名古屋で行われました。ユニット名をそれぞれつけるというものでした。

 Something ELseとシエル、そしてeast cloudの大西さちこさんとでなるユニットは東京では「セクシャルハラスメンツ」、名古屋では「縮れ毛5」でした(笑)。谷村有美さんとSomething ELseのユニットでは東京では「パジャマフェチと愉快な仲間たち」、名古屋では「人まちがい」。KANさんは、東京での谷村&サムエルのユニット名を受けて「ロドリゲスと不愉快な仲間たち」(笑)。これはKANさんが自分で気に入ったのか、それとも名古屋用に考えるのを断念したのか(笑)、名古屋でも同じ名前でした。KANさんは闘牛士の格好で終始演奏していらっしゃったのですが、大阪の時だけは鼻の下に髭をつけていらっしゃいました(笑)、しかも最初から最後まで(笑)。大阪の時に歌いにくいことがはっきりとわかったから東京と名古屋では髭をはずしたのかもしれませんね〜。

 今回KANさんの曲では、「言えずのI Love You」、「君を待つ」、「愛は勝つ」、「すべての悲しみにさよならするために」の4曲。これ、実は少ないと思いきや、スタレビ単独のオリジナル曲よりも、数としては多いんですよね(^^;普段KANさん単独のライブを基準に考えると、不満を言ってしまいそうになるんですが、実はオムニバスとしては十分な曲数だったのですね。ただし、本人単独のライブと比べたら、圧倒的にMCは控えめでしたけれども(笑)。MC聞いてると、練習風景は是非とも見てみたいなと思いました。おそらく発売されるであろう「Pacific Heaven 2000」のライブビデオで、その辺が確認できたらいいな〜なんて、思っています。

 以上、とりとめもなく、書きつづっていったのですが、これではどうもコンサートの様子が見えてこないかも知れません(汗)。物足りなかった方々は、「Pacific Heaven 2000」のビデオを買いましょう(笑)。発売情報などは、このホームページでも随時報告いたします♪

 では、最後に、今回演奏された曲名のタイトルを、ダ〜イジェストでご紹介しましょう〜♪(爆)

・Pacific 伝説(おい)
・言えずのギターマン(おいおい)
・永遠の一秒が止まらない(どんなんやねん!)
・とつぜんビデオテープ(デッキが壊れたんだろうか・・・)
・Once More ARAWA(いろいろ想像力が働きますなあ^^;)
・君をナチュラル(ちょっと無理あり?)
・最後の夢の花(なんだかあの世に近づいてるような・・・)
・ズルい愛は勝つ(ほんと、まさかつんく氏が登場するとは思ってなかったです(嬉))
・今夜だけラストチャンス(このあたりは出演者一同壊れてましたね〜♪ in 名古屋)
・すべての悲しみにGet Up My Soul(「すべかな」のKANさんはほんと格好いいです)
・星に願いをLOVEマシーン(「LOVEマシーン」は演奏されてませんのであしからず(笑))

 曲のタイトルをひっつけただけやないか!というつっこみは無用です(笑)

 というわけで、今日はこの辺で・・・。次回の話題は、「ついに発売されたニューシングルの感想」になったらいいなと思いながらも、まったくそんな衝撃的なニュースもないまましばらく普通のKANさんの話題を書くんでしょうね(笑)。

 では、今日はこの辺で・・・。

他にこんな記事もいかがでしょう




【CM】AmazonでKAN関連商品をチェック!




コメントはTwitter及びFacebookにて受け付けています


   Copyright (c) 1996-2016 Sei KAITANI (SEI) All rights reserved.