Architect of Music Architect of Music モバイル版Architect of Music COUNTER

メインメニュー (サイトマップ)




−クリックすると概要を表示−

ああ、しらんまに7歳なんですね〜、このサイト。ちこに言われて初めて気づきましたよ(^^;

しかし、あれですね〜。

全然変わらない部分もあれば、全然変わってしまった部分もありますね、このサイト。

【変わらない点】
・曲の更新間隔が相変わらず遅い(作ってはいるんですけどね)
・KANさんのコンサートがないとなかなかログが進まない(今後なんとかしたい点)
・管理人が入らなくなるとチャットには人が集まらなくなってくる(当たり前^^;)

【変わってしまった点】
・会社からの帰宅時間は明らかに遅くなった(なんとかならんもんかの〜)
・夜中のネット率が激減した(健康的にはいい傾向でもあり、ちょいと寂しい傾向でもある)
・場の空気を読めない人が書き込みするようになった(毒爆)
・なんか知らんが一部殺伐とした空間がある(爆)

変わらなくて良いこともあれば変わらなきゃいけないこともあり、それぞれの課題を少しずつ解決していって、さらに居心地の良い空間を作っていくことがこれからの新しい課題になるのかもしれません。

奇麗事のように見えて、実はサイトの原点だったりします。

「ターゲットは誰なのか」
「自分は誰に何を伝えたいのか」
「自分にとって何が得られるのか」
「訪問者にとって何が得られるのか」
  ・
  ・
  ・
挙げるとキリがないんですが、本当にやりたいことって、たぶんSEI-STYLEの中にあります。

KAN-STYLEも大切です。でも、ひょっとしたら、フランスに住むようになって、いろんなアーティストに曲を提供するようになったKANさんを表現するには、今までの表現方法では物足りないのかもしれません。ちょっとここは試行錯誤していかなくてはなりませんね。

あと、こういう愚痴を書いたり表に書けないことをかくことができる日記と、表向きを書き連ねるエッセイはやっぱり両立したいし。

チャットのあり方も考えなきゃいけないですね〜。[?潟Zイヤング]や[楽音家]のような空間も必要だと感じたので、SEI-STYLEという一つ深い階層にコミュニティを作ってみましたが、もともとのチャットって、やっぱし知らない人と話をし始めて、オフとかで初めてあって・・・っていう経験ができるのが良くも悪くも特徴だったりしたんですよね。

そういう意味で、表にあるFACE CHATはやっぱりもうちょっと残したいのかもしれないな〜。

自然淘汰されていくべきサイトの中のコンテンツは、実は安易に消せない要素も持っている・・・というか、消すことによって、このサイトの8年間のうちの5年間くらいを消し去ってしまうような錯覚に陥ってしまって、怖い。

まあ、つまりのところ、もうちょっとこのままでやっていこうかな、っていうことですね。

新しいコーナーが増えたとしても、上の8つの緑のコンテンツはしばらく変わることはありません。ということです。

支離滅裂ですみません^^;

他にこんな記事もいかがでしょう




【CM】AmazonでKAN関連商品をチェック!




コメントはTwitter及びFacebookにて受け付けています


   Copyright (c) 1996-2016 Sei KAITANI (SEI) All rights reserved.