Architect of Music Architect of Music モバイル版Architect of Music COUNTER

メインメニュー (サイトマップ)




−クリックすると概要を表示−

で、関内で呑み会&カラオケの後、蒲田に移動して宿泊し、今日に至ります。

何のために宿泊までしたのかというと、RAG FAIRの番組で「おまたせ!!ラグ定食」というのがあったのですが、この後継番組として「ラグ&ピース」ってのがこの春から始まりまして、関連するイベントがZEPP TOKYOであり、それに参加するためでした。

シングルCD「Old Fashioned Love Song」の初回限定版を購入することで手に入れられる引換券を入場整理券に替えてもらうために午前11時にZEPP TOKYO前集合。

・・・なんですが、青海駅から見た風景に唖然としました。なんじゃこの行列わ!!これだったら青海で降りなくても台場で降りて歩いてきたほうがよかったのではないか?!というほどでした。

最終的に1回ごとのキャパ2700人が3回おかわりできるくらい集まったらしいので、きっと8000人くらいがズラ〜〜〜〜〜ッとならんでたことになりますかね、整理券を手に入れるのに1時間半かかりました。やっぱし、某フランス在住ミュージシャンと同じように考えて悠長に構えて「普段そんなに並ぶことなんてありえないだろう」と高をくくってちゃいかんですね(笑)。ウィークリーランキング4位なんですもんね、なんといっても。油断してました。

最終的に3回公演(だよな?)の3回目(18時開演)の結構前のほうの番号をゲットすることができたため、会場内でとてもいい場所を確保できました。

感想はまたエッセイあたりに書くと思います。とにかく、久しぶりの生RAG FAIR、そして初めての生押尾コータロー、とても良かったです。周りを見渡してみると絶対最高齢に近い部類の人間だったに違いないと自負できますし、そもそも男性自体が全体の割合からすると少なかったので、或る意味とっても貴重な存在だったはずですが、それでも見た甲斐がありました。そして、見る価値がありました。

こんな周囲のファン層であっても関係なく、次回のコンサートには足を運びたいと願うのでした。

あと、ZEPP TOKYOのライブに行くときは、入場前に隣にある「東京レジャーランド」の中にある「自動足裏マッサージ機」を100円で5分間堪能してから入場すると、観覧時にとても足が疲れにくく、良いです♪という発見をしたのは、如何にも高齢になったなあ、という証です(苦笑)

他にこんな記事もいかがでしょう




【CM】AmazonでKAN関連商品をチェック!




コメントはTwitter及びFacebookにて受け付けています


   Copyright (c) 1996-2019 Sei KAITANI (SEI) All rights reserved.