Architect of Music Architect of Music モバイル版Architect of Music COUNTER

メインメニュー (サイトマップ)




−クリックすると概要を表示−

なんと!アコーディオンまで電子化!!

初年度販売台数がかなり少ないため、おそらくそう簡単には店頭で見られないような気がしますが、これはなかなか面白そう。音源も多彩で、コンサート等で実際に使うアーティストとか、出現するのではないでしょうか?

それに、たとえば「夜、アコーディオンをヘッドフォンをつけて練習する」なんて、なかなか体験できるシチュエーションじゃありません(^^)普通の方なら、せいぜい小学校・中学校・高校ぐらいで学校の音楽室にあるアコーディオンを遊びで、もしくは授業で演奏してみたり、子供用の安いアコーディオンの玩具で遊んだり。その程度だと思います。しかし、この中に、こんな記述が。

近年は日本国内でもワールド・ミュージックやアコースティック・サウンドの人気とともに、若者を中心にアコーディオンへの関心が高まっています。プロとして活躍する若手アコーディオン・プレイヤーが増加、アコーディオン・プレイヤーばかりが出演するコンサートも定期的に開催される

ほぉ、全然知らなかったです。で、調べてみると、若い方でアコーディオン奏者の方って結構いらっしゃるようです。そうか、時代はアコーディオンなのか!

一度触ってみたいですね〜。でも、一般人が買うほどのものかどうかは、微妙です。普段からライブパフォーマンスをするプロ・アマミュージシャンの皆さんには、新しい境地を切り開く、搾り出すために、なかなか注目できるアイテムなのではないかな、と。

ほんと、アコーディオンでロックとかやってみるのも、カッコイイと思いますし♪

購入された方とか、今後いらっしゃいましたら、レポートとかもお聞きしたいところです(^^)

他にこんな記事もいかがでしょう




【CM】AmazonでKAN関連商品をチェック!




コメントはTwitter及びFacebookにて受け付けています


   Copyright (c) 1996-2016 Sei KAITANI (SEI) All rights reserved.