Architect of Music Architect of Music モバイル版Architect of Music COUNTER

メインメニュー (サイトマップ)




−クリックすると概要を表示−

【はじめに】

前世は「蓮の葉」とか「蛙」とかに違いないSEIです。

【日記】

今日はまさに、自分が屋外に居るときだけ雨が降るということを実感した1日でした。

(1)KANさんのチケットを買うため近くのチケットぴあに並びに行くまでの5分間
(2)会社の最寄駅から会社までの徒歩10分間

ここが見事にピンポイントで雨降り。前後は降ってなかったのに。それでもまだ今日はマシな方かもしれませんが。

KANさんのチケットの話は後ほど書くとしまして。

昼食に熊谷駅近くの「TOO CUTE!」というお店に行きました。休日ランチタイムはなんと1,000円でビュッフェ形式の食べ放題、飲み放題。お値段のわりには美味しいし、スパゲッティも二人で一皿頂きました。確かに料理の種類は少ないかもしれませんが、僕にとっては十分条件を満たした昼食になりました。嫁さんによると平日のランチタイムも安くて美味しいらしいので、今度また平日に行ってみたいと思います。

そして今日は夜勤なので会社でこの文章の草稿を書いてます。や、ちゃんと仕事もしてますよ(^^;

【KAN】

全国でチケット争奪戦となった、KANさんの「弾き語りばったり#2」東京公演2days。今日一般発売でした。

結果ですが、僕は近くのチケットぴあに1番手に並びまして(同時に発売される人気公演が少なかったせいか、あまり並んでいなかったのです)、なんとか手に入れることができました。驚いたのが、整理番号。1番手に並んで発売開始直後なのにも係らず、あの数字だったのは、まさに今回のチケット争奪戦の壮絶さを物語っているようでした。

本サイトの掲示板の書き込みは即時に自分の携帯電話に転送されるようにしているのですが、発売開始時刻直後からメールがひっきりなしに届きました。今回も苦闘され、惜しくもチケット取得が叶わなかった方々の書き込みでした。いずれのメッセージも切実で、いかにKANさんのライブを見たい方がいらっしゃるのかが伝わり、とても胸が痛い想いでした。そして、何も出来ない自分もなんだか悔しい気持ちでした。

その後、各オークションサイトを見て回ると、あるわあるわ、「チケット購入権」の出品が。あの出品数を足すと、一体どれだけの「本当に見たかった人」の気持ちが踏みにじられたのか、計り知れません。

「チケット購入権」とは予約番号だけが払出されているステータス、いわゆる「あとは店頭にお金を払いに行くだけ」の状態なので、「チケット実体」とは異なり、原価が発生していません。これはダフ屋行為にあたらないのか、僕は知らないのですが、なんだかやりきれない思いです。

こういう状況に対しては「決してオークションサイトでチケット実体やチケット購入権を購入せず、購入権が期限切れでキャンセルになるのを待つ」のが最も有効なのですが、それもなかなか難しいのが現状。なにか良い方法ってないんですかね。

最終的にはまたここに舞い戻ってくるのですが、やはりKANさんにはもっとライブ回数を増やしていただくか、大きな会場で演ってもらわなけりゃいけません。前回、今回と、続けて同じ結論に達しました。

「愛は勝つ」の頃にファンになった人だけじゃないんです。最近になってKANさんを知り、是非生の演奏・歌声を聴きたい!って願うもっと若いファンもいらっしゃるんです。是非、近々行われるであろうと期待する次回のライブツアー(できればコンサートツアー)では、あの「ヤン嶋田とニューブリーフ」も連れて、「KAN骨頂」を魅せて戴きたい!

そして、社報の遅延だとか維持が大変だとか、そんなことは我慢できますので、ファンクラブの復活と優先予約制度の復活を心から願うのです(ひょっとしたら6月上旬公式サイトが会員制になることから、優先予約制度は復活するのかもしれませんが)。

【音楽的活動】

・音楽的活動時間【0】minutes

今日は夜勤のため、活動なし。

【BLOG Meter】

夜勤のため、体重計に乗る機会がなかったですが、明日の帰宅後、体重計に乗るのがとても楽しみです。昨日も書きましたが、僕には「夜勤をすると体重が減る」という法則がありまして(^^)。

【おわりに】

今年の梅雨の季節の目標は、「脱雨男」です(無理)

他にこんな記事もいかがでしょう




【CM】AmazonでKAN関連商品をチェック!




コメントはTwitter及びFacebookにて受け付けています


   Copyright (c) 1996-2019 Sei KAITANI (SEI) All rights reserved.