Architect of Music Architect of Music モバイル版Architect of Music COUNTER

メインメニュー (サイトマップ)




−クリックすると概要を表示−

生まれ変わった「Gガイド」、その実力を検証する - ITmedia

最近G-GUIDEを使っていなかった(つまり毎週撮っている番組以外で予約録画する機会がなかった)ので知らなかったのですが、EPG番組表のレベルがアップしたそうです。

【レベルアップ概要】

1 番組タイトル表記の拡充
2 番組タイトルと番組詳細の全日統一表現
3 全日分での放送局の発表情報に随時対応
4 番組ジャンルの付与率と精度の向上
5 番組出演者の付与率、付与人数の向上

僕らが今まで直接的に苦しめられていたとすれば、毎週録画している同じ番組なのに付随する4分程度の小番組を包含していたりしなかったり、バラつきがあったのと、キーワード検索、ジャンル検索で本来ひっかかるはずなのに情報が少なくてひっかからなくなったり、ということなんでしょうけれども、実際のところ新しくなったEPGを見てみても、あまり今のところ改善点が実感できないなぁ、というのが正直なところ。

おそらく「おまかせ録画」や「番組追跡録画」を採用したDVDレコーダーで「KAN」とか「aiko」とかをキーワードにして自動的に溜め込んだりしている場合は撮り逃すことなく、かなり恩恵を受けることができるんでしょう。残念ながら僕が持ってるDIGAは両機能とも備えていません^^;

あ〜でも、「5 番組出演者の付与率、付与人数の向上」については、注意してみると、ある程度良くなってるかな〜。特に番組の詳細内容が紹介されている場合なんかは、出演者の付与人数も多いです。逆に、番組の詳細内容がない番組は、とことん書かれていません。実はこういう番組のほうが情報がより多く欲しいところなんですけど、これはどちらかというとテレビ局側の開示率の問題なんで、誰に要求することもできないですかね。

でもたまに、詳細情報の中に「ネット局」の情報が書かれていたりします。全国のどのテレビ局とネットが張られているか、という情報なのですが、そんなのズラズラ15局とか並べられても、僕らが恩恵を授かるとはあまり思えないですよね。もっと載せる情報があるはずなんですが。

ん〜、どぉでしょぉ〜。G-GUIDE自体が非常にうれしい機能なので、改善されたらさらにうれしいですが、正直ITmediaでいうところの『改善初日の内容を確認する限り、「生まれ変わった」といっても過言ではないほどの改善がなされている』とまではいってないような気がします。

できることなら小番組は大番組に包含されることなく完全に分けて管理できるようにしてほしかったです。あと、ジャンルは確かに豊富にあるので重宝しますが、ジャンルが多いからこそ、1つの番組に対して複数ジャンル設定してもらわないと実用的にならないです。だって、だってさ。あのランキング番組の最高峰とも言えるTBS系列の「COUNT DOWN TV」が、「音楽/ランキング」にカテゴライズされていないんですよ。1週間で「音楽/ランキング」にカテゴライズされている番組が2つしかないってどういうことですか?!(笑)

よく使わせていただいている機能なだけに、更なる向上を楽しみに期待していますですよ^^

他にこんな記事もいかがでしょう




【CM】AmazonでKAN関連商品をチェック!




コメントはTwitter及びFacebookにて受け付けています


   Copyright (c) 1996-2016 Sei KAITANI (SEI) All rights reserved.