Architect of Music Architect of Music モバイル版Architect of Music COUNTER

メインメニュー (サイトマップ)




−クリックすると概要を表示−

KANのロックボンソワ
 

トップページ→選曲リスト第48回『昔ハマったテレビドラマ特集』

今週のテーマは「昔ハマったテレビドラマ特集」でした。

ケンベンウェ、テメレメセケゼデセ。

最近「トリビアの泉」で「テメレメセケゼデセ」って早口で言うと田村正和の声で「田村正和です」って言ってるように聞こえるってのがありましたが。

「パパはニュースキャスター」。当時中学生の僕にとっては、まだ、いわゆる連続ドラマというものを見るようになった初期で、そして見事にハマッた作品です。毎回最初に出てくる有名なナレーションもありましたよね。探したらありました。懐かしー。

【以下、はてなダイアリーより引用】

竜太郎、40歳、独身。
職業、ニュースキャスター。
ジャーナリストとして正義感に燃える彼にも、欠点がある。
唯一と言っていい彼の欠点は、酒。
飲むと記憶をなくすほど酔っ払い、女を口説くのである。
12年前、彼は三人の女を口説いた。
そのことが、やがて思いがけない悲劇となって、
彼の身に襲いかかろうとは夢にも思わずに..
このドラマは、ある日突然三人の娘の父親になった、
独身主義者の悲劇..ではなく、喜劇である。

なんというか、そう、喜劇だからハマッたんでしょうね、だって、第一回のサブタイトルがまさに、「こんばんわ、田村正和です!」ですからね(笑)。しかも毎回ゲストでいろんな芸能人が出演したりするし。その奇抜な感じがその時点で僕のツボをギュウギュウに押して、ヤラれてました(笑)。

さて、この娘3人、西尾麻里(西尾 愛役)・・・現在は西尾まり、大塚ちか子(大塚 愛役)・・・現在は大塚ちか鈴木美恵子(鈴木 愛役)の中で、誰が一番自分のタイプか、というのも、学校では当然話題にあがってました。僕は確かそのときは西尾愛派だったような。・・・ん?実はこんなところに「大塚愛」が居たんですね(笑)。でもこの作品の中では「おおつかあい」じゃありません。この作品の名文句でもありますが、「愛」と書いて「めぐみ」と読むのです(笑)。そして、今日初めて知ったんですが、それぞれの本名が劇中では母親の名前になってるんですね(笑)。

なんでそんなことわかったかというと、脚本を書かれた伴一彦さんの公式サイト全部シナリオが載ってるんですよ(嬉)。ば〜〜〜っと読んじゃいましたよ、前半部分(笑)。ああ、ほんと懐かしい。



/ ユニバーサルミュージック(2004/11/26)
Amazonランキング:21,387位(05/09/11現在)
SEIおすすめ度:


ちなみに、主題歌は本田美奈子「Oneway Generation」。これも懐かしー。下記アルバムの9曲目に入っています。



本田美奈子, 売野雅勇, 中村哲, 船山基紀, 松本隆, 大谷和夫, 秋元康, 新川博, 鷺巣詩郎 / 東芝EMI(2003/06/25)
Amazonランキング:3,994位(05/09/11現在)
SEIおすすめ度:


ロックボンソワ聴けなかった日は、大抵こうやって話が脱線してしまいますね、スミマセン。でも、ロックボンソワのページが更新されましたよ〜ってお知らせするためのエントリでもあるので、今後も懲りずに続けます(笑)。

他にこんな記事もいかがでしょう




【CM】AmazonでKAN関連商品をチェック!




コメントはTwitter及びFacebookにて受け付けています


   Copyright (c) 1996-2016 Sei KAITANI (SEI) All rights reserved.