Architect of Music Architect of Music モバイル版Architect of Music COUNTER

メインメニュー (サイトマップ)




−クリックすると概要を表示−
トップページ→金曜コラム→No.023「思い出よ、もう一度」

ただただ、いい話です^^。

この下には感想が書いてありますので、感想を読む前に是非先に本編を読まれることをオススメします。

続きを読む "金曜コラムNo.023「思い出よ、もう一度」"

他にこんな記事もいかがでしょう





【CM】目指せKAN関連商品コンプリート!

SEIのオススメKANミュージック
SEIのオススメKANミュージック
AmazonにおけるKAN関連商品を
ミュージック、DVD、本(楽譜を含む)、ビデオ
のカテゴリに分けて抽出しています。
既に絶版していても中古商品として
掘り出しモノが見つかるかも?!


本編のいい話は実際に読んだほうがいいし、なにもいうことはない、KANさんのおっしゃる通りです。でも、それ以上に、「リョッションスワァ〜ッ」と「オットゥルスタッツォクラツセェ〜ッ」は烈しく同意(爆)。何度僕はあちこちの店でこのフレーズを聞いて笑いそうになったことか。

ある日、地元のチェーン展開のラーメン屋。深夜0時ごろでしたか、客も全然入らなくなる時間帯のため、店員と1対1でした。そんな1対1においてこのフレーズを叫ばれたことがありますよ。しかもこの簡略化されてわざわざいい易くしたであろうこの「オットゥルスタッツォクラツセェ〜ッ」を、噛んでましたから(爆)最終的に最後まで言えてませんでしたから(爆)。僕をいったいナニだと思って君はそんな挨拶をするのか、と。その前にせっかく簡略化されてるんだったら噛むな、と。小一時間問い詰めたかったです。とはいえ当然小心者の僕はそのナニ語かわからない言葉を頭の中で翻訳して、きっとそうなんであろうという翻訳結果を反芻して、つまずきそうになりながら店を出ましたが。

普段発している言葉の一つ一つにちゃんと命を吹き込んでいるかどうか、これは大事です。僕も思い返してみれば、思い当たる節はあるので、今後は気をつけていきたいと思います。

コメントはTwitter及びFacebookにて受け付けています


   Copyright (c) 1996-2016 Sei KAITANI (SEI) All rights reserved.