Architect of Music Architect of Music モバイル版Architect of Music COUNTER

メインメニュー (サイトマップ)




−クリックすると概要を表示−

つい先ほど、ひかり電話になりました。

♪光る海 光る大空 光る電話ぁ〜

♪う〜ん 横倒しの 専用機器〜

つまり、電話台のルータ等格納エリアの高さが足りなかったのです、残念(*_*)。

CMの後は、RAG FAIR武道館ストリートライブの感想その2です。

続きを読む "アタック25の最後の人物あてクイズ状態"

他にこんな記事もいかがでしょう




【CM】AmazonでKAN関連商品をチェック!




RAG FAIR武道館ストリートライブ!【感想(2):嬉しいカバー曲】


この文章はツヅキモノです。より深く内容を把握したい方はRAG FAIR武道館ストリートライブ!【感想(1):驚異のスターズオン】からお読みください。

ライブ途中で、一旦メンバーが掃けたあと、正面スクリーンで、RAG FAIRのメンバー扮するThe Beatlesの姿も交えて日本武道館の歴史を紹介するというコーナーがありました。これが実はちょうど西ブロックの僕の席からは見事にアンプに隠されてしまい、ほぼ何にも見えなかったのだけが悔やまれます。あれじゃまるでアタック25の最後の人物あてクイズ状態ですよ(爆)。DVDで必ず見たいです^^;

そう、1966年、The Beatlesがザ・ドリフターズの前座の後でコンサートを行ったのが、この日本武道館。そして12月8日がジョン・レノンの命日にあたることから(かどうかは実はわかりません)、RAG FAIRによるThe Beatlesカバーメドレーが歌われました。

Help!
Hard Day's Night
Please Please Me
Drive My Car
She Loves You
Hey Jude

RAG FAIRのカバーレパートリーは数々ありますが、ビートルズのカバーって実はあまり聴いたことがなかったんです(聴き逃しているという説も)。だからこそ、是非是非いつかビートルズのカバーを存分に聴きたいと思っていました。ので、その願いが叶った形になりました♪とても嬉しかったです。

なぜ聴きたかったのかというと、ビートルズがシンプルなバンド構成であることもあり、きっとRAG FAIRの6声がこのシンプルな構成にピッタリとくるんじゃないかと思っていましたからです。

結果、見事なまでにハマっていました。リードをとる人も、うまいことはまり役を選んでいるな〜とも思いました。もちろんオリジナルも好きですが、このカバー集が聴けたのは実に良かったです。これ観て聴いてなかったら後悔してたかもしれません。そして今後ももっとビートルズのカバーをいろいろと聴いてみたいです。

RAG FAIR引地氏もブログ開設


この文章はツヅキモノです。より深く内容を把握したい方はRAG FAIRがどんどんブログ開設からお読みください。

どんどんBLOGを開設していくRAG FAIRメンバー、ついにリーダー引地氏も開設しました。

今度はameblo。ことごとくみんな別々のブログサービスを使っているのが笑えます(笑)。「毎日が記念日だったら楽しいに違いない」。まさにその通りだと思います。僕もBLOGをそんな気持ちで書き続けていますし〜。

予定が狂いました

本当は今日、セイ櫂谷のセイヤングの収録を行おうかと思っていたのですが、朝から建築物強度偽装の証人喚問がテレビで放送されており、余りに釘付けになってしまったために(ていうかまだやってるし)、セイヤング収録は中止^^;

大学時代に専攻していた当時にも話題になっていたのですが、民間審査が盛んになって、当初から一番心配されていたことが起こってしまったというのが残念でなりません。もうこんなことが二度と起こりませんように・・・

コメントはTwitter及びFacebookにて受け付けています


   Copyright (c) 1996-2016 Sei KAITANI (SEI) All rights reserved.