Architect of Music Architect of Music モバイル版Architect of Music COUNTER

メインメニュー (サイトマップ)




−クリックすると概要を表示−
トップページ→金曜コラム→No.033「2005年を振りかぶって」

現在東名高速道路にて事故渋滞に巻き込まれ中のため、とりあえずエントリだけ上げておきましが、あのあと無事自宅に帰ることができました。この日だけで、高速道路で2つ、一般道で1つの計3回も事故をみちゃいました。年末年始、お急ぎの気持ちもわからなくはないですが、安全運転でって言ってくださ〜いよ、おまわりさ〜ん。今年は交通死亡事故が激減したとはいえ、ほんとに気をつけてくださいね、ドライバーの皆さん。

さて、CMのあとは、KANさん関係限定で2005年を振りかぶって第1球投げました低めボールでツーボールナッシング。

続きを読む "金曜コラムNo.033「2005年を振りかぶって」/トラックバック・コメント絶賛募集中"

他にこんな記事もいかがでしょう





【CM】目指せKAN関連商品コンプリート!

SEIのオススメKANミュージック
SEIのオススメKANミュージック
AmazonにおけるKAN関連商品を
ミュージック、DVD、本(楽譜を含む)、ビデオ
のカテゴリに分けて抽出しています。
既に絶版していても中古商品として
掘り出しモノが見つかるかも?!


やっぱり3月。僕にとっても2005年3月は、満月よりも蜜月よりもどんな月よりも重要な月でした。KANさんの弾き語りばったり#1。あまりにキャパが少ない中でのチケット抽選などのドタバタもありつつ、無事にライブを見ることができ、表にはなかなか見せないけれどKANさんは想像以上に精神的にいろんなプレッシャーを受けていたんだろうなあという印象を持ったこと、そしてなによりも演奏中のKANさんの楽しそうな様子にホッとしたこと。ごらんになった皆さんから頂いたりした感想で多く感じていらっしゃったとおり、ピアノや声が以前よりも洗練されていて、曲の一つ一つのフレーズが脳天を貫くようにいろんな記憶を呼び起こしてくれたこと。あの感覚は忘れられません。

そして5月。公式サイトオープン。あのぐったりしたサイトが出来栄えがめちゃうれしかった反面、今まで曲がりなりにもファンサイトとしてこのサイトを運営してきて、今後どうやって運営していけば棲み分けしていけるのか、通勤電車やトイレの中、風呂で歌いながらなど、いろいろ考え尽くしました。結論としては「今まで通りでいい、何故ならファンの皆さんの意見や感想やファン同士の交流が飛び交うことができるのは僕らが運営しているようなファンサイトだけだから」という方向にまとまりました。KANさんのWEB上の「公演」が公式サイトにあり、「客席」ももちろん公式サイトにある。そして、WEB上で繰り広げられた「公演」が終了した後のファン同士の交流や情報の交換、次の「公演」に向けた情報の収集などを、ファンサイトが担っていけば、きれいに棲み分けできるんでないかな、と。最近は誰でも「Podcast」でラジオ的ブログが出来る時代です。うちでもラジオ番組たまにやって、文章にできないようなラジオでしか流せないお話もしたりしますからね、えらい時代になったもんです。でもKANさんには今のスタイルでいてもらえると助かります。だって、毎日なんらかの形で日記みたいに更新されてしまったら、毎日極度のぐったり感に襲われ、職場で仕事にならなくなりますから(笑)。

さて、このサイトの他にもファンサイトはたくさんあり、リンクも貼らせていただいています。トラックバック企画だとかでブログ同士の交流はあったのですが、ファンサイト同士の交流がちょっと今年は薄かったと反省しています。今後うまくこのへんを充実させていけたら、「情報収集だけで終わってしまうファンサイト」から脱却することができるのかもしれない、と模索しています。これが当サイトの2006年に向けた豆腐でもあります(抱負)。

なんかこう、まだ具体的なイメージがまとまってないのにいろいろ書き尽くして申し訳ないのですが、単純に言うならばそう、「もっと明るい情報交換」をしたいな〜、という感じです。それには僕自身から明るくアクションを起こしていく必要があるのも事実。ブログユーザーが超劇的に増加した2005年を受けて、2006年はさらに多くのKANさんファンとの新しい交流方法を展開していく年となるのかもしれません。

夏はスタレビ兄さん(そういえばKANさんは「スタレビュ」って書かれてますが)のイベントにも香川県さぬき市に参加してきました。実に久しぶりに聴くバンド構成での大音量でのKANさんの「愛は勝つ」や「すべ悲」、そしてあのマイケル弱小的ダンス。どれをとっても気持ちよく、さらに屋外であったことが気持ちよさを増幅してくれました。スタレビ兄さん、サポートメンバーの皆さん、そして偶然高松行きの飛行機が一緒になり、高松空港で声だけかけさせていただいたのに対して時間がないのに丁寧に会釈してくださったKANさんも、本当にありがとうございました。早くニューブリーフとしてのライブも堪能したいです。2006年こそは、ぜひ♪

インデアンカレーは、KANさんとは切り離された世界で僕の中で10大ニュースに入っています(笑)。でも、KANさんと考え方が違うと思ったのは、僕はきっと「近くにできたからといってホイホイ通ってさっさと飽きちゃったり」することはない、ということです(爆)。それくらい、旨いんですもん。といいつつ、11月にオープンしてから立て続けに4回食べたっきり、都合がつかず12月中盤以降は1度も食べられませんでした。来年は1ヶ月1回ペースくらいで食べに行きたいです。ちなみに、東京丸の内店バージョンのインデアンスパゲッティをまだ食べてないので、まずはそこから攻めていこうかな、と(笑)。

もちろん新曲発売決定!とか楽曲提供!とか、KANさんの本業(?)関係でもっと書けばきりがないほどのニュースがあり、「10大」なんてもんじゃ収まらなくなるのは必至ですので、このぐらいにしておきたいと思います(楽曲の感想とかは別エントリで書いていますし)。

皆さんのKANさんについての今年を振りかぶった結果をトラックバックやコメントなどでお寄せいただくと、漏れなく「ツーボールナッシング」が「スリーボールナッシング」、「フォアボール」となり、どんどん押し出しで点数が加算されていくシステムになっていますので(ぉぃ、トラックバックやコメントをお待ちしております。

コメントはTwitter及びFacebookにて受け付けています


   Copyright (c) 1996-2016 Sei KAITANI (SEI) All rights reserved.