Architect of Music Architect of Music モバイル版Architect of Music COUNTER

メインメニュー (サイトマップ)




−クリックすると概要を表示−
親エントリ
カレーライス/KAN
2006年2月22日発売の久しぶりぶりのKANさんのシングル「カレーライス」、公式サイトにて発売に先駆けた期間限定企画、「段階的試聴」が始まりました。

まだ聴いていない方、あるいは試聴は一切行わずに発売日に完成状態を聴くまでネタばれは読みたくない!という方のため、詳細はCMの後で〜。

アーチスト: KAN
レーベル: アップフロントワークス(ゼティマ)
発売日: 2006/02/22
posted with Socialtunes at 2006/01/09

続きを読む "「カレーライス」段階的試聴企画開始"

他にこんな記事もいかがでしょう




【CM】AmazonでKAN関連商品をチェック!




なんか、昔FM802「MUSIC GUMBO」でやっていたコーナー「POP THE MUSIC」を彷彿とさせるような懐かしい感覚に襲われましたね^^。あのコーナーは一応全パート(といっても基本3ピースくらいしか重ねていませんが)を時系列に徐々に繋ぎ合わせていくコーナーでしたけども、この段階的試聴企画は、パートを徐々に重ねていく形式。あ、確かちこねんやおどちゃんが予想してた方式で正解でしたね(笑)。

【ドラム】+【シンセベース】+【アコースティック風シンセギター 】+【生アコースティックギター】+【ローズ風ピアノ】+【シンセパッド・シンセヴォイス 】+【コーラス 】
という構成でミディアムテンポのポップス。どうやら王道路線は間違いなさそうですね^^。このテンポでこの典型的8ビートってかなり久しぶりな感じがするのは、新曲自体がそもそも久しぶりだからなのか、なんなのか(笑)。「英語でゴメン」よりも遅いですから。「作り過ぎた〜」で一旦ライドシンバルに切り替えて盛り上げといて「一度さめて〜」で単純8ビートに戻す。全体的に4拍目にハンドクラップも入っていますので、そんなに静かな曲にはならないのかな、と。雰囲気でいうと、「いつもまじめに君のこと」をちょっとクセをつけてひねくれてみた感じ・・・?この段階では化けようと思えばどんな風にでも化けられますもんね〜。ああ、「段階的試聴」の罠・醍醐味・策略にハマってる自分がいます(笑)。

ただ、この歌詞。一筋縄ではいきませんね。縄跳びの縄でも持ってこなければ。決してそこまで重くはないんですけれども恋愛哲学的方向には間違いなく、深く微妙。サビが終わっても結論でてないんじゃないかと思わせてギリギリで結論だしてるみたいな、そんな展開なんでしょうか。それは歌詞の全体がわかる発売日のお楽しみとしても、KANさんならではの言い回しとひねくれた展開が期待できそうな感じですね^^。

というわけで、また次回の1月10日を待ちたいと思います。

コメントはTwitter及びFacebookにて受け付けています


   Copyright (c) 1996-2016 Sei KAITANI (SEI) All rights reserved.