Architect of Music Architect of Music モバイル版Architect of Music COUNTER

メインメニュー (サイトマップ)




−クリックすると概要を表示−
親エントリ
カレーライス/KAN
2006年2月22日発売の久しぶりぶりのKANさんのシングル「カレーライス」、公式サイトにて発売に先駆けた期間限定企画、「段階的試聴」が始まってます。1分足らずの試聴ですが、毎回、後々iPodなどで原曲と聴き比べるためにMP3化してます。

さて、ここからはネタばれになりますので、まだ聴いていない方、あるいは試聴は一切行わずに発売日に完成状態を聴くまでネタばれは読みたくない!という方のため、CMの後で〜。

アーチスト: KAN
レーベル: アップフロントワークス(ゼティマ)
発売日: 2006/02/22
posted with Socialtunes at 2006/01/09

続きを読む "「カレーライス」段階的試聴・第2段階"

他にこんな記事もいかがでしょう





【CM】目指せKAN関連商品コンプリート!

SEIのオススメKANミュージック
SEIのオススメKANミュージック
AmazonにおけるKAN関連商品を
ミュージック、DVD、本(楽譜を含む)、ビデオ
のカテゴリに分けて抽出しています。
既に絶版していても中古商品として
掘り出しモノが見つかるかも?!


この段階だと東京フレンドパークIIの「フール・オン・ザ・ヒル」な気分を味わってる方が多いんじゃないでしょうか(笑)。ドラムとベースのみ。想像力が限りなく膨らみます。

個人的にはベースはもう1オクターブ下で重くグイグイ動きまわると思ってたんで、そこが想定外だったんですけど、そっか、明るい系のシンセベースですもんね。そんなに下には行かないですよね。動きもそんなになくて静かです。これで伝説のカップリング「ライバル」の雰囲気が濃くなった感がありますね〜。それ以外は今のところコード進行にしてもベースの動き方にしても、いわゆる「KANさんの楽曲として考えられる想定内」です。頭の中では先に馴染みのピアノのコードがじゃんじゃん鳴っています。ただ、このまま行くと物凄く普通にポップで終わってしまうんで、どの段階でどんでん返しがあるのか、はたまたそのままポップで終わるのか、まだ見極めがつきませんので、楽しみに聞き進めて行きたいと思います。

キーポイントは次の「シンセギター」の入れ方と最終段階でくっつく「シンセパッド・シンセヴォイス」。この2つで曲の色が決まっちゃうような気がします。「シンセパッド」の音色はなんとなくイメージが絞れるとして、「シンセヴォイス」ってイメージするのが難しいですね〜。普通にコーラスっぽいのから、サンプリングモノ、はたまた「フォー」的なモノまでいろいろありますからね〜。どんな音色なんでしょうね〜。

次回、第3段階は13日開始。あ、KANさんのライブ「新春シャンションショー(×3)」の東京公演に行く日ですね、もし僕らしき人を見かけたら声掛けてくださいませ。仕事帰りなので間違いなくスーツ着て開演ギリギリになって入場すると思いますが^^;

コメントはTwitter及びFacebookにて受け付けています


   Copyright (c) 1996-2016 Sei KAITANI (SEI) All rights reserved.