Architect of Music Architect of Music モバイル版Architect of Music COUNTER

メインメニュー (サイトマップ)




−クリックすると概要を表示−

やっぱり音楽をかじっている者としては触れておかないといけないですよね。ということで備忘録的ではありますが。

関連サイト
電気用品安全法のページ
電気用品安全法(PSE法)に対する署名 - JSPA - 日本シンセサイザープログラマー協会

「電気用品安全法(PSE法)」は、2001年4月1日に「電気用品取締法」から 変更され施行された法律です。今年の2006年3月31日で5年の猶予期間が終わ り、2006年4月から本施行されます。
 この法律は電気の安全管理を目的とし、漏電・火災・感電などの事故防止と 粗悪品を排除してきちんとした電源部品で運用管理するという目的で制定されました。
 具体的には、電気製品に安全確認マーク「PSEマーク」を付けて製造、販売 を義務付けるものです。2006年4月以降からは「PSEマーク」の表示がない製品の販売は通常通りでは出来なくなります。

 この法律の対象となる電気製品には、家電製品を始め電気楽器、電子楽器、音響機器も含まれる為に、我々音楽家や録音スタジオ、コンサート音響機器業者、音楽愛好家、楽器販売店にも、この法律の条項は密接に関わってきます。

 しかしながら、官報での報告はありましたが、我々や末端の業界も含め、もちろん一般ユーザーレベルまでも、この法律に関する情報共有はできていないまま今日に至っている状況です。


これについては、決めた側にも我々にも、両方に非があるんだろうなあ、と考えさせられました。

国民の、法律に対する無関心・影響確認の浅かったことが招いているところもあるはずで、既に2001年からこの事情を知っているひと、法律施行を決めた側にとっては確かに「猶予期間もあげたのに何を今更」感は否定できないと思います。

ただ、2001年に仮施行され、本施行までの猶予期間が5年と長かったのにも関わらず、決めた側からのアクションが官報など狭い範囲でしか行われず、かつそのアクションも浅く、結果今まで忘れられかけていたというのは大いに問題です。この法律に限らず、決めた側は「猶予あげるからあとは自分たちでなんとかして猶予期間までに解決してね」じゃなくて「関係するのはこういう業者で、猶予期間あげるから一緒に残る問題を解決しようね」のスタンスでいかないと、そりゃわすれますって。

今回の法律に限らず、過去にも同じように知るのが遅くて大変な目にあったことがあるそうで(どの法律がそうだとかまでは調べられていなくてすみません)、その時に何らかの対策を立てるべきだったのではないかな、と。同じことの繰り返しは今やチンパンジーでもやりませんからね。政府には実に反省してもらいたいです。

でも一方で、個人的な感想としては5年もあったのに自分たちに影響があることに気づかず5年放置気味にしといてギリギリになって「知らなかったんだからなんとかしてよ」と一方的に主張するのはあまりにも虫が良すぎるかな、と(もちろん最初から問題視してて活動してくださっている皆さんは除く)。知らせる側には知らせる側の周知義務がありますが、業者側には自分を取り巻く環境変化へのアンテナを常に広く張ることをリスク管理として最低限やっておく必要がある。これは会社経営するひとにとってはある意味「義務」かもしれません。それも踏まえた上での署名活動であると信じて、近いうちに署名するつもりです。

もちろん、僕自身も過去に発売されたシンセサイザーや音楽機材を購入し、今も大切に愛用しています。そして、古き良い機材・名器はそれぞれに含まれているそれぞれでしか表現することができない音を持っていて、それが流通しなくなるのは、困ります。だから、何が悪くて、どうすればこのような事態が今後起こらなくなるのか、しっかり議論を積んで対策を掲げ、双方が非を認めるところは認めたうえで、対象の限定やさらなる猶予期間延長を求めるべきだと思います。きっと決めた側は古き良き楽器の事情なんて知らないだろうから(笑)。

また、困ってるのは楽器売る皆さんだけではないはず。あらゆる電化製品に影響は及んでいますから。それも忘れないようにしないといけませんね。

でも、この法律、読んでみると、電源部分に対して細かく述べられているのはわかるのですが、それがどこで使われているかという影響をあまり見ているとは感じられない、明らかに中古楽器販売業者の皆さんなんて特に考慮していない重い規定・罰則ですよね。大手業者だけを意識していて中小のことを考えていないような・・・。そういうことなんです、きっと。法律の審議時点で誰かが気づいてアラームを上げるべきだったんです。

他にこんな記事もいかがでしょう





【CM】目指せKAN関連商品コンプリート!

SEIのオススメKANミュージック
SEIのオススメKANミュージック
AmazonにおけるKAN関連商品を
ミュージック、DVD、本(楽譜を含む)、ビデオ
のカテゴリに分けて抽出しています。
既に絶版していても中古商品として
掘り出しモノが見つかるかも?!


コメントはTwitter及びFacebookにて受け付けています


   Copyright (c) 1996-2016 Sei KAITANI (SEI) All rights reserved.