Architect of Music Architect of Music モバイル版Architect of Music COUNTER

メインメニュー (サイトマップ)




−クリックすると概要を表示−

KANさんが1987年4月25日に「テレビの中に」でデビューして、正味16周年を迎えました(*1)。おめでとうございます(^^)

KANさんのデビュー当時は僕はまだ約13歳。「KAN」というアーティストの存在なんて全く知らず、音楽の授業の前後にドラゴンクエストのテーマ曲をピアノで弾くことで友達の興味を惹くことに情熱を注いでいました(笑)。あのころは僕にとってのピアノの存在は、それで十分でした。

しかし、のちの1989年、FM802でデビュー3年目のKANさんの音楽に出会い、当時あまり熱心に取り組んでいなかった「ピアノ弾き語り」が、実は異性の興味まで惹くことができる魔法のようなモノだということを学び(笑)、一気に情熱を注ぐ対象が変わった中3の僕なのでした(爆)

いやはや、ありゃまさしく思春期の為せる業ですね。僕に「ピアノ弾き語り」を教え、できるようにしてくれた要因は、きっとKANさんが80パーセント、大江千里さんが20パーセントなんだな、と、今でも信じてやみません(笑)。

そのあと高校生になって、思春期のころの延長で曲作りへの興味を深め、今に至ります(略しすぎ)。僕に「曲作り」を教え、できるようにしてくれた要因は、きっとKANさんが100パーセントです。

もちろん、今では音楽の持つ力や意味をちゃんと自分なりに解釈して、誰かが創った音楽が伝えたいことを感じとり、一方では自分から伝えたい音楽を創り出すことを日々学んでいますよ(^^)。

今後もどんどんKANさんから学び取ることが多いと思います。まずはそろそろ発表されるんじゃないかと思われるニューアルバムから吸収したいです(^^)。



(*1)実際はデビュー19周年。途中、フランス在住で放電していた2〜3年間をカウントしなかったため、昨年2005年が本人曰く「正味デビュー15周年」だった。

他にこんな記事もいかがでしょう





【CM】目指せKAN関連商品コンプリート!

SEIのオススメKANミュージック
SEIのオススメKANミュージック
AmazonにおけるKAN関連商品を
ミュージック、DVD、本(楽譜を含む)、ビデオ
のカテゴリに分けて抽出しています。
既に絶版していても中古商品として
掘り出しモノが見つかるかも?!


コメントはTwitter及びFacebookにて受け付けています


   Copyright (c) 1996-2016 Sei KAITANI (SEI) All rights reserved.