Architect of Music Architect of Music モバイル版Architect of Music COUNTER

メインメニュー (サイトマップ)




−クリックすると概要を表示−

STVラジオにて毎週土曜日深夜放送中のKANさんのレギュラー番組『KANのロックボンソワ』。

http://www.stv.ne.jp/radio/kan/

トップページ→選曲リスト第89回『スタレビュ・ドリカム・スクポリ』


8月30日発売のKANさんのニューアルバム『遥かなるまわり道の向こうで』。このアルバムの先行オンエア第二弾の日でした。やはりSTVラジオ(札幌)を埼玉県内で聴く為に中車に乗り込み、スウィートスポットである近所の深夜営業のスーパーマーケットの駐車場にて、今週も雨天でたまに乱れる電波の中、無事に聴くことができました。

今週は、ジャケット完成のお話もされていました。この前「本当のジャケットが別にあるかも?」と詮索していましたが、番組中で「すでにオフィシャルサイトで公開中」とおっしゃっていたので、結局のところ、あれがほんとのジャケットになるということですね。ほへ〜〜(笑)。

先週の放送で「イメージリクエスト募集してます」っておっしゃっていたので、思いつくままに書いて出したら読まれちゃってびっくり(笑)。

CMの後で、今回オンエアされた『彼女はきっとまた』のファーストインプレッションと、採用されたイメージリクエストを掲載しておきます。

【注意】この先にはネタばれを含む表現がありますので、各自のご判断でご覧下さい。アルバム発売まで内容を知りたくないという方は、ご覧にならないようお願いします。

関連エントリ
ボンソワピック、届きました・2
http://sei.lovely.to/archives/002577.html


アーチスト: KAN
発売元: アップフロントワークス(ゼティマ)
発売日: 2006/08/30
posted with Socialtunes at 2006/07/16

続きを読む "KANのロックボンソワ・第89回『スタレビュ・ドリカム・スクポリ』"

他にこんな記事もいかがでしょう





【CM】目指せKAN関連商品コンプリート!

SEIのオススメKANミュージック
SEIのオススメKANミュージック
AmazonにおけるKAN関連商品を
ミュージック、DVD、本(楽譜を含む)、ビデオ
のカテゴリに分けて抽出しています。
既に絶版していても中古商品として
掘り出しモノが見つかるかも?!


『彼女はきっとまた』のファーストインプレッション

KANさんもおっしゃるとおり、1980年代の典型的ポップスサウンドなんですけど、歌詞は80年代には使わないようなKANさんらしい熟語や言い回しを並べているのが印象的でした。歌詞はやはりいつものように聞き取るのが精一杯で、しかもその直前に自分のイメージリクエストが読まれたことに動転して、全体を眺める余裕はありませんでした^^;

ただ、前奏からサビに入るまでの雰囲気をパッと聴いたときにすごい感じたことがあります。元スターダストレビュー・光田健一さんのアルバム『ナチュラルマン[Naturalman]』『世間She Loves You』を思い起こしたんです。後で『世間She Loves You』を聞きなおしてみると、テンポも微妙に違うし、そこまで似ているわけではないんですが、使われている楽器とアレンジなどはテイストが同じ系統だったのでそう感じたのかもしれません。当時のサウンドはそういうものだったと片付けてしまえばそれまでなんですが、凄く爽やかな曲調で、僕のもっとも好きなタイプの曲で。まっきーサウンドといえばまっきーサウンドなのかもしれません。・・・って、『ナチュラルマン[Naturalman]』について自分が書いたエントリを読み返してみると【KANさんが「車は走る」以来の槇原敬之インスバイアソングをもう一曲作ったら、こんな感じになるんじゃないかな?】って書いてるじゃないですか(笑)。

しかしまあ、なんですねぇ〜(桂小枝風味)。最初はわりと真面目にポップスだなあと感じたもんだから後半まで同じ耳タイプで聴いてしまって油断しまくってました。終盤はやっぱりその耳がKANさんに遊ばれます(笑)。とうとう『ドラ・ドラ・ドライブ大作戦』以来2度目の東京読売巨人軍終身名誉監督・長嶋茂雄氏が登場しました(^^)。どんな場面で登場するかは聴いてのお楽しみってことで(つまり聴き取り切れなかったからここで説明できないというのもありますが(笑))。

採用されたイメージリクエスト


KANさんこんばんわ。

いまかいまかと鼻の下を長くして待っていましたが、
やっと新しいアルバムが発売されるとのことで、
そんな鼻の下もめくれあがりそうです。

せっかくなので、リクエストさせてください。
新しいアルバム『暑さ寒さもひがんでしまえ』から、
男の欲望を遠まわしに歌った究極の9曲目、
『あの娘(こ)がジュラルミンケースを開けるとき』
をお願いします。

先週流れた1曲目の『伝書鳩が渋滞5キロ』も良かったです。

ほな、サイババ。


雨も降ってたし、スケジュール的にギリギリ感があったので、今週は車に乗って聴くのをやめておこうか、とも思いかけていたのですが、結果的にちゃんと聴いておいてよかったです^^。

【06/07/17追記】
先ほど更新されたロックボンソワのページで、紹介していただいておりました。いろいろほんとに恐縮でございます。ありがとうございますm(__)m。

ナチュラルマン[Naturalman]
アーチスト: 光田健一
発売元: 3Dシステム
発売日: 2005/10/12
posted with Socialtunes at 2006/07/16

コメントはTwitter及びFacebookにて受け付けています


   Copyright (c) 1996-2016 Sei KAITANI (SEI) All rights reserved.