Architect of Music Architect of Music モバイル版Architect of Music COUNTER

メインメニュー (サイトマップ)




−クリックすると概要を表示−

雨模様だったので、決して気温が高かったわけじゃありません。
 
昨日の日記にも書いた
「熊谷うちわ祭」
そう、お祭りが熱かったのです(^^)。
 
雨も猛烈というわけじゃなく、霧雨的にパラパラ程度だったので、
普通に楽しんでくることが出来ました。
 
 
自分の住んでる区域のものも含めて、
たくさんの山車が巡行するのを見届けられましたし、
 
東西に往復しまくって歩きまくりましたので(5kmくらい歩いた?)、
足はクタクタになりましたが、
お祭りは堪能できたので満足です♪
 
 
あ、でも、写真撮ってくるの忘れました^^;
 
 
 
家に帰ってからは、
プロ野球【2006サンヨーオールスターゲーム】
のテレビ観戦。
 
冷蔵庫の修理が思ったより安価に終わったため、
冷蔵庫の買い替えとならず、その余った(?)お金で
先日購入したホームシアターシステム「CinemaStation S30」
 
これを通した野球観戦は今までと違った臨場感でたまらなかったです。
 
 
特に9回表は、非常に熱かったです。
 
 
体感速度的には160km/hといっても過言ではないストレートを投げ込む藤川球児(阪神)。
対するカブレラ(西武)と小笠原(日本ハム)もこれに負けじとバットをフルスイング。
 
 
その全ての真剣対決一球一球について、
皆、心の底から野球そのものを楽しんでいる顔をしている。
球場全体がうねりを上げる様子が擬似5.1ch音声として届く。
まるでその場に居るかのような錯覚を得る。
 
 
見ていてこんなに気持ち良い野球は久しぶりでした。
熱かったはずだけど、震え上がりました。鳥肌モノでした。
 
汚れなき少年時代の野球大好き!の表情がとても伝わってきました。
そしてこちらもその当時の気持ちに戻ったような錯覚さえ覚えました。
 
 
 
ちなみに奥さんは青木宣親藤川球児は好みのタイプなんだそうです(笑)。
 
 
 
そのホームシアターシステム「CinemaStation S30」をそのまま継続使用し、
金曜ロードショーで『ハウルの動く城』を観ました。
 
 
一度は映画館で見ていますが、
たぶん一回目ではその全てを理解しきっていなかったような感じだったし。
 
結果、やっぱり見てよかったなと思いました。
2回目にして、やっとたぶん自分なりに全て理解できた、と思う。
 
そして、「CinemaStation S30」はやっぱり偉大なんだと改めて思ったのでした。
AQUOSのままでも十分いい音は出るかもしれないけれど、
包み込まれ感や広がり感はやっぱり秀逸。
 
さすがヤマハさんです。
 
 
そんなヤマハさんがらみでいうと、
明日、ヤマハスタジアムに「ジュビロ磐田 VS セレッソ大阪」を観戦しに行きます。
(↑これは「ヤマハ発動機」ですが(笑))

ブログ更新は多少遅れるかと思いますのでご了承ください。

他にこんな記事もいかがでしょう




【CM】AmazonでKAN関連商品をチェック!




コメントはTwitter及びFacebookにて受け付けています


   Copyright (c) 1996-2016 Sei KAITANI (SEI) All rights reserved.