Architect of Music Architect of Music モバイル版Architect of Music COUNTER

メインメニュー (サイトマップ)




−クリックすると概要を表示−

久々に温泉の話。

まだ行ったことがない日帰り温泉が
近くにあることを知り、行ってきました。

http://www.yumoto-g.co.jp/siteFiles/mominoyu.html

〒361-0023
埼玉県行田市佐間1456-1
電話/048-555-2230

年中無休
営業時間/09:00〜24:00(最終入館23:30)
料金(一般・大人)/平日:700円 土・日・祝祭日:850円
(アフター9キャンペーンあり・・・21:00〜/全日一律:500円)

埼玉県行田市にある行田・湯本天然温泉・茂美の湯。
 
 
もともとホテル併設健康ランドという位置づけのお風呂だったそうなのですが、
このたびリニューアルして日帰り風呂っぽくなったのだそうです(^^)

平日700円、土日祝祭日850円なんですが、
21時以降に入湯する場合はなんと、500円!
これはお得感バリバリ(死語以下)です。

テレビも男女それぞれ露天風呂エリアに3台あり、
それぞれ別々のチャンネルに合わされているので、
 
 
21時から2時間ドラマなり映画なりを見て過ごして帰る
 
 
という仕様?(んなわきゃない・笑)

地下1500mからの100%かけ流し。
そして、この界隈ではかなり珍しい「純重曹泉」
美人の湯というだけあって、お風呂あがりはめちゃめちゃ肌がすべすべ(^^)

ほぼ100%露天風呂。広い敷地内にジャングル状態に生い茂る木々。
湯の花もたくさん混入していて、温泉感がとても味わえる感じでした。

しかし、趣向を凝らした?不思議なお風呂が一杯ありました(^^)。
一番奥には洞窟状の一室があったり、ハーブの香りがする一室があったり。
洞窟風呂は「幸の湯」といって真っ赤な内装でした。
ちなみに奥さん曰く、女湯側は蜘蛛が頭上でお出迎えしていて、怪しさ満載だったそうです(笑)。
 
 
個人的に気に入ったのは、
水車がばしゃばしゃと回っている横に居ると、
あったかいお湯に浸かりながら頭は冷たい水が浴びられるというところとか、
洗い場が露天にもあるところ、そして、
日によって男湯と女湯が入れ替わるため、両方を楽しめるというところかな?
 
また別の日に行って逆側の怪しさを体験してみたいです(笑)
 
とにかく今までであまりないタイプの面白い温泉でした。
 
 
ただ、残念なのは、夏だからというのもありますが、
ジャングル状態なので、虫が多い(^^;
虫嫌いな人は、夏場は心しておいたほうが良い、もしくは
冬場を狙って行ったほうが良いかもしれません。

さすがに、日々蜘蛛の巣を取り払うなんてことはできないのかな〜。
僕は大の蜘蛛嫌いなので、そこだけが残念でした。
 
 
お湯は僕が経験した日帰り温泉のなかでは、最高クラスです♪

大駐車場側から入ると、こんなに怪しい通路がお出迎え
大駐車場側から入ると、こんなに怪しい通路がお出迎え posted from フォト蔵

他にこんな記事もいかがでしょう




【CM】AmazonでKAN関連商品をチェック!




コメントはTwitter及びFacebookにて受け付けています


   Copyright (c) 1996-2016 Sei KAITANI (SEI) All rights reserved.