Architect of Music Architect of Music モバイル版Architect of Music COUNTER

メインメニュー (サイトマップ)




−クリックすると概要を表示−

2005年の夏〜秋に行われたスターダストレビュー楽園音楽祭2005のDVDが、スタレビFC会員限定で発売になっていたそうですね(^^)

4回あったうち、香川県テアトロンでのライブ(参考エントリ:楽園音楽祭2005 STARDUST REVUE)は僕も見せていただきました。帰国したてのKANさんもいろんな場所で出演した、あの野外ライブ。大興奮と素敵な空間。楽しくて綺麗なライブだったのが忘れられません。

このDVD、KANさん出演の部分もしっかりとかなりいい感じに収録されているそうです。見たいけどスタレビ会員限定なので、そう簡単には見られなさそうですが(^^ゞ

さて、話はガラッと変わります。前エントリでも書いたとおり、今日まで『金曜サスペンション』と題してお客様をお招きしていました。言い忘れてましたが、皆KANさんファンです。で、昨日土曜日に『牛乳飲んで来い』を、そして今日日曜日は僕が日曜出勤で居ない間に『Decimo』と『AFRO37』の2本、KANさんのライブビデオを久しぶりに、ほんとに久しぶりにビデオデッキにかけました。

僕は会社から帰宅後に、ブログ整理しながら『AFRO37』を観賞(笑)。ほんと、あんなにいろいろと面白いことやってたのに、当時の内容って憶えてないもんですね〜。収録されてるのは10曲なのに、その短時間のビデオの中で繰り広げられるタップダンスやらアフロやらジョンやら、今月見たあの『座ってポン!』を遥かに凌ぐネタの数々。「あ〜そういえばこんなことやってたなぁ〜〜、今より全然動きも多いやん。」って懐かしく笑みを浮かべながら観てました。そして、思ったのは、ネタは今回の方が少ないけど、演奏はやっぱり今の方がロックとして洗練されてて良い!

この前のライブは『Rock on the Chair 座ってポン!』。
今日見たビデオは『AFRO37 - LIVE UNDER THE BALL -』。

なんか、タイトル似てますね(笑)。構文的には「A on the B」「C under the D」みたいな(笑)。ただし、このライブツアーのタイトルは『AFRO37』ではなく、『KAN LIVE TOUR 1999 - 2000』なんですが。

そして、もひとつ似てる点を発見。

演奏曲の中に、『適齢期LOVE STORY』ってのがあって、毎回恒例のライブで演奏した楽曲の「全曲つなぎ」があるんですが、その最後。

▼Rock on the Chair 座ってポン!
「やってない!」の楽曲に『マツケンサンバII』が入ったこともあり、エンディングが『マツケンサンバII』のフレーズが入って「オ・レ!!!」で終了。

▼KAN LIVE TOUR 1999 - 2000
「年取った、年取った、年取った、年取った、なぁ〜〜〜〜俺たち!オ・レ!!!」で終了。

凄いですよね。オ・レ!!!で終わるロックコンサートを2回もやってるアーティストって多分KANさんくらいですよ(爆)。

他にこんな記事もいかがでしょう




【CM】AmazonでKAN関連商品をチェック!




コメントはTwitter及びFacebookにて受け付けています


   Copyright (c) 1996-2019 Sei KAITANI (SEI) All rights reserved.