Architect of Music Architect of Music モバイル版Architect of Music COUNTER

メインメニュー (サイトマップ)




−クリックすると概要を表示−

えと、先ほどのエントリでKANメモを書いたあとで、何個かメモネタがあったので社説方式で書いてみるテスト。

KANオフィシャルサイトに履歴書(C.V.)があり、KANさんご本人のこれまでの生い立ちに匹敵するような輝かしいのかどうかよくわからない(?)履歴が記されている。誕生日を迎えると更新されるのが通例となっている。それを見ては、どこどこが変わっただの、写真は本当に変わったのかだの、ファンの間で確認がなされる。◆しかし、本日夕方だろうか。誕生日を迎えてもいないのに、突如履歴書(C.V.)が更新された。ふとKANオフィシャルサイトを見てみると、C.V.の左の四角いアイコンが、更新されたことを示す橙色に点滅している。いつからKANさんの誕生日が11月7日に延期になったんだ・・・と不思議に思いながら、バナーをクリックしてみる。◆一箇所一箇所丁寧に確認してみる。写真に落書きがされていないか、学歴詐称されていないか、資格に突如「気象予報士」とかが増えていないか(なんで?)、健康状態が「どっこらしょ」になっていないか・・・などなど。で、スポーツ・クラブ活動・文化活動の欄に「Club Tango(主宰・研修員)」が追加されているのを確認。◆ああ、確かに追加して当然だと納得。KANさん自身が毎週執筆する「金曜コラム」のNo.77の中で、確かに「2002年に心の中で立ち上げた国際友好機関『世界カタコト協会』の予備段階として、辞書で引いた単語をただただ投げ付けるだけという初期的な国際友好機関『Club Tango』の精神的な発足」を宣言すると書いてあった。◆既に「主宰・逆通訳」という立場で『世界カタコト協会』を運営する中、新たに『Club Tango』という、誤ってタンゴのリズムに乗って踊ることを目的とした参加者を拒みつつ、密やかに運営するイメージ。主宰であるKANさんには、これからも本業を忘れないように頑張ってもらって、楽しい話題を提供してもらうことを期待している。◆そして今日初めて気がついた。『世界カタコト協会』の上にしれ〜っと、『軟式水泳部』の文字。さすが、日本で一番妄想が膨らむ名前のクラブに入っていたんだなあ(イメージ)と、感心。『軟式』と『水泳部』それぞれにはなんの妄想も描けないのに、ドッキングした途端に面白いように意味が化ける。ある種言葉の魔術師だ。◆LuckyRaccoonNightVol.1が11月18日、25日に近づいてきたが、KANさんと桜井和寿さんのユニット名が決定したそうだ。その名も『パイロットとスチュワーデス』。妻に教えたらすぐに「どっちがスチュワーデス?」という答え。確かに、どっちも似合うといえば似合う。ただ、スチュワーデスになった時のコンセプトは全く違うかも(笑)。◆一緒に出演する中に「ジェット機」と「plane」の名前があったことから、KANさんがこの名前にしたかったのだそうで。桜井さんは喜んで引き受けたか、イヤイヤ付き合いで引き受けたか。たぶん前者なんだろうけれども(笑)。いったいどんな新曲をやってくれるんだろう、という楽しみとともに、どんな格好で出てくるのかも楽しみになった。

あ、結局社説って言っておきながら、社説っぽい教訓も問題提起もなにもないまま終わりましたね。それもまた、一興。

関連サイト
KANオフィシャルサイト - www.kimuraKAN.com
http://www.kimurakan.com

LuckyRaccoon
http://www.luckyraccoon.com/

他にこんな記事もいかがでしょう





【CM】目指せKAN関連商品コンプリート!

SEIのオススメKANミュージック
SEIのオススメKANミュージック
AmazonにおけるKAN関連商品を
ミュージック、DVD、本(楽譜を含む)、ビデオ
のカテゴリに分けて抽出しています。
既に絶版していても中古商品として
掘り出しモノが見つかるかも?!


コメントはTwitter及びFacebookにて受け付けています


   Copyright (c) 1996-2016 Sei KAITANI (SEI) All rights reserved.