Architect of Music Architect of Music モバイル版Architect of Music COUNTER

メインメニュー (サイトマップ)

チャット楽音家からのお知らせ

毎週土曜23時〜日曜01時は【チャット楽音家】にて定例チャット開催中!
【KANのロックボンソワ】を聴ける方も聴けない方も是非お越しください♪



【入店・ROM】



−クリックすると概要を表示−

11月30日にビリージョエル来日東京ドーム公演を夜勤明けで見て以来、iPodに入っているビリージョエルさんを思い出したようにひたすら聴きまくっています。3度目くらいのビリージョエルブームが自分のなかに巻き起こっているのをもう隠せません。

KANさんもオフィシャルサイトの金曜コラムにて、11月28日のライブを見に行った様子を書いておられます。そして、ビリーへの思いの丈を綴っておられます。どの曲がどの曲の影響を受けているかとかも、ざっと振り返れますのでどうぞ(^^)。


KANオフィシャルサイト - www.kimuraKAN.com
http://www.kimurakan.com/

>トップ>金曜コラム>No.081『ビリー・ジョエルと私』

そんな折、BIGLOBEストリームのみで配信しているRAG FAIRの『オクリモノ』コンサートの模様やLive Depotのアンコール部分をなんとかPCに保存するという作業をしているときに、ふと脇にこんなのがあるのを見つけちゃいました。
ビリー・ジョエルの30年というキャリアを綴った、完全無検閲のドキュメント作品。
パフォーマー、レコーディングアーティスト、ソングライターとして世界で最も成功した一人であるビリー・ジョエル。彼の30年という長きにわたるキャリアを綴ったこの映像は、どんなスーパースタードキュメント映像より面白く、魅惑的であり、しかも完全無検閲の暴露的作品。
台本なし、リハーサルなし。
ビリージョエルがペンシルバニア大学に集まった学生の質問に答え、彼のベストヒッツを流し、その曲にまつわる物語を語っている。

これは確か2004年あたりの有名なお話ですよね。3つのパートを集めると1時間30分ぐらいになる大作。いきなり『夏、ハイランドフォールズにて』から始まるのて、KANさんファンにとってもたまりません。是非ご覧くださいませ。保存版です!(って”普通は”保存できませんが、僕は保存する”術”をようやく発見しました(笑))

ビリージョエルな作品の数々

他にこんな記事もいかがでしょう





【CM】目指せKAN関連商品コンプリート!

SEIのオススメKANミュージック
SEIのオススメKANミュージック
AmazonにおけるKAN関連商品を
ミュージック、DVD、本(楽譜を含む)、ビデオ
のカテゴリに分けて抽出しています。
既に絶版していても中古商品として
掘り出しモノが見つかるかも?!


コメントはTwitter及びFacebookにて受け付けています


   Copyright (c) 1996-2016 Sei KAITANI (SEI) All rights reserved.