Architect of Music Architect of Music モバイル版Architect of Music COUNTER

メインメニュー (サイトマップ)




−クリックすると概要を表示−


開催概要
開催日/2006年11月30日(木)
開場/18:00
開演/19:00
会場/大阪城ホール(大阪)
出演/aika、絢香、KAN、K、Char、徳永英明、馬場俊英、BEGIN、平原綾香
問合せ/AAA OSAKA 事務局
電話/06-6354-8077(受付時間:月−金/10:00-18:00)

【関連サイト】
FM802 エデュケーション・リーダー・キャンペーン
http://www.funky802.com/edl/

音楽サイト BARKS - Act Against AIDS
http://www.barks.jp/artist/?id=1000001847


演奏曲目(KAN)
01.東京ライフ
02.牛乳飲んでギュー
03.世界でいちばん好きな人

<セッション>
01.All you need is Love(THE BEATLES)

(CMのあとに参加した皆様のご感想あり)

続きを読む "06/11/30【LIVE】『Act Against AIDS 2006 LIVE IN OSAKA』出演"

他にこんな記事もいかがでしょう




【CM】AmazonでKAN関連商品をチェック!




参加した皆様のご感想(レポートいただきありがとうございますm(__)m)

sorakumoさん
今年のAAAは、熱唱系実力派アーティストが満載だったので、去年はパリ帰り初ステージでめちゃくちゃ緊張していたのを思い出し、KANちゃん大丈夫だろうか・・・とKANさんが出てくるまで家族のようにドキドキしてしまいました。

が、KANちゃんが出てくるとたくさんの歓声があがり(たぶん他のアーティスさんの中で、いちばんの歓声だったと思います)、KANちゃんらしくいつものように「KANです。」と挨拶をしてすごくいい感じで始まりました。

会場もKANさんが出てきたら、急に客席から笑いが出てきて、なごんだ雰囲気になりました。

そして1曲目、美しいイントロが流れ出しました。
「東京ライフ」でした。美しいメロディをピアノで奏でるKANさんに、久しぶりにものすごいオーラを感じました(笑)

そして2曲目は「背の低い男のブルースです」と「牛乳のんでギュー」を弾き語りで熱唱。
すっごくすっごくかっこよかったです。

あ、間にビリージョエルの曲のイントロを弾いて、歌うのかと思わせながら、「おーーーとといビリージョエルのコンサートに行ってきたんですけど・・・」みたいなネタをやってました。
会場は大爆笑でした。

そして、3曲目は「いちばん新しい歌です」と紹介して、「世界でいちばんスシが好き。」・・・、あ、違いましたね。世界でいちばん好きな人です。」とやってました。ウケてました(^_^)v
大熱唱でした。

3曲でしたが、今年の選曲はすばらしいと思いました。
KANちゃんファンも大納得できて、ファンじゃない方にもKANちゃんの魅力がじゅうぶんに伝わった選曲だったんじゃないかと思います。

KANちゃんは、KANちゃんらしくいつものまったり感も残しつつ、でも大きなドームで、他の実力派アーティストにに負けないくらいのすばらしい演奏していて、本当に見事で、たった3曲だったけどKANちゃんの魅力がたっぷりつまったステージだったと思います。

私の後ろの席にカップルがいたんですが、女性の方に連れて来られた感じの男性がKANちゃんの演奏後、「貫禄やなあ」とつぶやいていたのが聞こえました。

癒され、楽しく、まったりと、でもピアノはすばらしくて、本当にKANちゃんらしい、いい意味で貫禄を感じさせるようなステージでした。

それから、ラストの「All you need is Love」。
私はスタンド席真ん中あたりのステージ正面で、手拍子をしながら「らーぶらーぶらーぶ」と歌っていたのですが、KANちゃんが途中からステージを飛び出し、アリーナのいちばん後ろまで走ってきて、スタンド席に向かって大きく手拍子をしてくれて、もう本当に本当に大感激でした。
91年頃からファンやってますけど、KANちゃんのこんなサプライズって今までみたことなくて、ものすごく嬉しかったです。

大大大満足の今年のAAAでした。
本当にすっごくよかったです〜。


ちこさん
AAA行ってきました!今回すごく長くなったので途中で帰らなくてはいけないお客さんが多く、セッションは泣く泣く諦めた方もいらっしゃったのではないでしょうか。お疲れ様でした〜。そうそう、最後、KANさんを先頭に出演者の何人かが降りて来られたんですよ(^^)。ビックリしました!KANさんは後ろまで歩いて一番奥のスタンドのお客さんに向かってマイクを向けたりされてたんですよ。共演の馬場俊英さんはステージに戻ったあとでヒロTさんに「KANさんに釣られて降りていった」と突っ込まれていたところを見ると、降りる予定がなかったのにKANさんについて降ていっちゃったのかもしれませんね(笑)。ほんと楽しかったです♪あと、Charさんのバンドのドラムは古田たかしさんでしたよ!

コメントはTwitter及びFacebookにて受け付けています


   Copyright (c) 1996-2016 Sei KAITANI (SEI) All rights reserved.