Architect of Music Architect of Music モバイル版Architect of Music COUNTER

メインメニュー (サイトマップ)




−クリックすると概要を表示−

この1週間、まともに記事が書けなくてすみませんでした。先週発症した風邪は、まだ咳だけは残っているものの、ほぼ治っています。ご心配をおかけしました。

記事があまり書けなかった理由はもう一つありまして。昨日、六本木にあるサテンドールというお店で、新婦がKANさんファンの友人であるカップルの結婚披露パーティーが開催されました。そこで、新婦の『KANマニア』の友人として有志を募って演奏参加させていただきました。そのための準備として楽譜を作ったりスタジオに練習しに行ったりと、昨日に向けた諸々の事柄を優先したかったというのと、練習したことをあまり詳しく書くと、新郎新婦へのネタバレが懸念されるため、できるだけ身を潜めていたかったというのもあります(^^)。

「結婚披露パーティー」というよりは「結婚記念ライブ」と呼んだほうがふさわしい、とにかく音楽にどっぷりと浸れる時空間で、気持ちが良かったのです。美味しい料理に一番近いテーブルだったのも良かったです(笑)。

新郎新婦が出会った場所でもあるゴスペルグループのライブや新郎のピアノとボーカルに新婦がデュエットしたりと、楽しい企画が目白押しで、お祝いするこちら側も幸せな気分になれました(^^)。呼んでいただき本当にありがとうございましたm(_ _)m

さて、我々『KANマニア』なグループは、そんな数々の企画のなかの一端として、新郎新婦への抱えきれないお祝いの気持ちをKANさんの楽曲を演奏することで届けることにしました(^^)。僕はピアノを弾かせてもらうことになっていましたが、最初はキーボードと聞いていたのが実際は生ピアノだったのも、幸せな気分になれた理由の一つです(^^)


01.何の変哲もないLove Song/木村和
シゲキくんがボーカル、つたやさんがベース、僕はピアノでの演奏。イメージはミスチル桜井さんが今年夏にap bank fes '06で歌った感じの静かな前奏がある入り方で(笑)。しかし、転調してから大事なところで思いっきりピアノ間違えてしまって申し訳ありませんでした(汗)。その前の部分までの息合わせが上手くいってたもんだから、安心しちゃってたんです、油断しました(^^ゞ。最後はなんとなく立ち直れたのが不幸中の幸いでした。この時点で新婦を泣かせていたので、ノルマはクリアしていたかと(^^)。許してくださいごめんなさい。
02.世界でいちばん好きな人/KAN
僕がピアノ&ボーカル、つたやさんがベース、シゲキくんがドラム。そこに、原曲ではストリングスが奏でているパートをオーボエ、フルート、リコーダー(ソプラノ&アルト)の4つに振り分ける楽譜を作ってみんなで練習しました。スタジオで笛吹隊のみんなが集まって練習したのは実質1回、しかも都合で一緒に練習できなかった方もいらっしゃったのに、最終的にあんなに素晴らしい演奏にできたのは、すごく嬉しかったです。

この曲は最初、オーボエ吹きの僕の奥さんに、形にするために間奏だけでもいいから吹いてくださいな、とお願いしたことから端を発し、じゃあせっかくだし笛吹隊を募ってみたらば?てことになって、だったらかっちょよく四重奏にしたいよね〜と楽譜をつくり、そうだ、クリスマス近いんだしクリスマスコラージュしようよ、だったら衣装もサンタ?(最終的にバンド3人がサンタ帽になりました)といいながら「ジングルベル」を「世界でいちばん好きな人」のサビにのせて前奏に入れてみたり、前奏間奏だけじゃなく、吹ける人は2番から入ってきてよ〜(^^)という風に、どんどんお祝いしていく気持ちがひとつになって膨らんでいくのを感じていました。

この、新郎新婦とKANさんを想う気持ちをちゃんと表現できていたようで、新婦はみんなで演奏している姿を見ただけで泣けたのだそうですが、あの場に居た皆さんにも伝わっていたのか、それを知るためにもすごくあの時の演奏が聴いてみたい気がします。自分の失敗を聴くのはちょっと怖いけど(笑)。

しかしまあ、なんですね〜、この、みんなで何かを作って練習していく過程、すごく楽しかったのでまたやりたいと思います♪誰かまたお祝いさせてください(ぉぃ)

個人的なことを言えば、人前でステージに出てバンド形式で演奏して僕がピアノを弾いているというパターンは、今までに一度だけ、OSAKA Blue Noteでこれも友人の結婚披露パーティで経験がありますが、「弾きながら歌う」というのを演るのは、実は人生で初めてだったのかもしれません(高校時代はキーボード担当だったので歌ってないし、オリジナルの曲も、バックではオケを流していましたし)。その割りにはあまり緊張していなかったのは、ステージに上がってもまったく緊張しないといつも言ってるオーボエ吹きの奥さんの影響なのかもしれません。

ただし、万事旨くいっていたわけではなく。冒頭に書いた通り、僕は風邪をひいてから、熱は下がったものの、毎日咳が止まらず、前日も咳で寝不足、当日に入っても咳がひどく、演奏中に咳が出たらどうしよう、と、ユンケル(音が出ます)を体内に放り込んで、のど飴を1本消費しながもまだヒヤヒヤしていたのです。でも幸い、ステージ上では咳が奇跡的に止まり(さすがユンケルパワー(笑))、無事歌い終えることができました。風邪上がりということから喉が若干しゃがれてKANさんぽくなってたかも(笑)。しかも咳を繰り返したことにより知らず知らずに腹筋を鍛えていて、声もいつも以上に出ていたかも。怪我の高名?(^^)。ほんと、ユンケルってすごい。

今、昨日帰りにいただいた記念CDを聴きながらこの文章を書いています。昨日演奏された楽曲を中心にナイスセレクトされていて、あの幸せな時空間を思い出されます。KANさんからは「小さき花のテレジア」と「世界でいちばん好きな人」が収録されていました。そう、「小さき花のテレジア」は、最初は演奏予定だったのですが、ピアノの練習が追いつかなくて、今回は断念したのでした(^^ゞ

最後になりましたが、お二人とも、おめでとうございます♪新婦さんは昨日も素晴らしい歌声を聴かせてくださいました、今度は演奏で一緒にやりましょうよ(^^)♪新郎さんのピアノ演奏も感動的でしたよ、またうちに来られた際にはウイイレ勝負しましょう〜(^^)。僕も、新婦さんがおっしゃっていたとおり、「幸せ」とはなるものじゃなくて、「幸せ」と感じることが大事なのだと思います。末永く、お幸せで居てください!

そして、今日はクリスマスイブ。ですが我が家は昨日とはうってかわって、反動とでもいいましょうか、夕方までロクに動いてません(笑)。そう、昨日がクリスマスイベントみたいな刷り込みになっているので、もうクリスマスの充実感・達成感を味わってるんですよ(笑)。やったことといえば、奥さんが作ってくれたシュトーレンを食べて、録画した名探偵コナンを観て、有馬記念のテレビ中継でディープインパクトの素晴らしい走りを観て、掃除洗濯して、ちょっとだけWiiやって・・・いまのところ、こんなもんですよ。そういう幸せだってあるんです、はい。

クリスマスバージョンの世界でいちばん好きな人
クリスマスバージョンの世界でいちばん好きな人 posted from フォト蔵

他にこんな記事もいかがでしょう




【CM】AmazonでKAN関連商品をチェック!




コメントはTwitter及びFacebookにて受け付けています


   Copyright (c) 1996-2016 Sei KAITANI (SEI) All rights reserved.