Architect of Music Architect of Music モバイル版Architect of Music COUNTER

メインメニュー (サイトマップ)




−クリックすると概要を表示−

KAN『弾き語りばったり#5 〜スプリングハニカム〜』で春はにかむ。(コメント&トラックバック企画) - Architect of Music
http://sei.lovely.to/archives/002781.html

KANさんのライブツアー『弾き語りばったり#5』を僕自身予定していた公演を全て見終わってから、各地で開催された公演の感想を書いておられるブログを巡り巡りさせていただいているところなのですが(このエントリを書いている時点で福岡公演まで確認完了)、トラックバック等も張らせていただいた上でご挨拶もなかなかできずにおり、大変申し訳ありません。

まさかこんなに検索にひっかかってこないだろうと思って始めてみたこの企画ですが、上記リンク先を見ていただいての通り、まだ公演終了していないというのにここまで沢山のエントリが!!本当であれば訪問させていただいた上でリンクまで張らせていただいた各ブログ様にはコメントにてご挨拶差し上げるべきところなのですが、なにぶん、正直、予想以上に多数のブログで感想を書かれていることにびっくりしておりまして、全部のブログ様にコメントを残すことは事実上難しいと判断し、こちらでまとめてで申し訳ありませんが、お礼申し上げます。

インターネットが爆発的な発展を遂げ、KANさんまでもがインターネットで公式サイトを立ち上げ、CDやライブの感想を、ファンがブログに書く。この構図が明確に見えた1ヶ月でした。ほんとにすごいです。10年前では考えられなかったですよね、こんなこと。もっと極端なことを言うと、会場で真後ろを振り返れば、ブログの持ち主が必ず3人くらいはいるような確率なんだと思いますよ。いやほんとすごいです。

そんないろんな視点を持ってみていらっしゃる皆さんのライブレポを読んでいると、「ほほ〜、そういう見方もあるのですね〜」とか「あ、それは気付いていなかったですよ!!」っていうこととか、わんさか出てくるわけです。そして、忘れかけていたことを思い出させてくれたりして、ライブが2重にも3重にも鮮明に蘇って波になって記憶の中を渦巻くように襲い掛かってくる(笑)。結構前に見たはずの記憶なのに、まだまだ鮮明で居られるのも、皆さんのブログが読めるからこそだなあと思いました。とても嬉しいです。

この場をお借りして、ライブレポを沢山書いていらっしゃる皆さんに、お礼申し上げますm(__)m

あ、そう、今日も沢山リンクを追加したのですが、何しろ沢山あるブログを急いでリンクしている作業のため、リンク先や対象公演が誤っていたり、下手をするとリンクを間違って削除してしまうことだってあるかもしれません。その場合は遠慮なくお申し付けください。

他にこんな記事もいかがでしょう




【CM】AmazonでKAN関連商品をチェック!




コメントはTwitter及びFacebookにて受け付けています


   Copyright (c) 1996-2016 Sei KAITANI (SEI) All rights reserved.