Architect of Music Architect of Music モバイル版Architect of Music COUNTER

メインメニュー (サイトマップ)




−クリックすると概要を表示−

1989年のFM802開局以来、KANさんが様々なアーティストと週替わりでDJを務めていた『MUSIC GUMBO』。この中に『POP THE MUSIC(ポップ・ザ・ミュージック)』というコーナーがありました。

『POP THE MUSIC』とは、KANさんともう一人のアーティストが交代で曲を作り足していって、曲が出来たら今度はリスナーの皆さんから歌詞を募集して一曲を完成させる、なんっっっっっっっっっっっとも・・・・な、コーナーでした。(←KANさん自身が番組内でそんな説明をするんです)

いわゆる私が曲作りにハマるきっかけを与えてくれたのがこのコーナーで、むしろKANさんの音楽を好きになるよりも先にこのコーナーを知っていて楽しく聴いていたという状況でした。

そんな僕の人生の半分を変えてくれたといってもカゴンではない『POP THE MUSIC』のコーナーだけを、とある時期からずっと僕はカセットテープに録音し続けていました。それは槇原敬之さんが週替わり担当になったころからでした(残念ながら村田和人さんのときと、トータス松本さん以降のは残ってないんですよね〜)。

で、就職して大阪から関東に引っ越しするときには荷物の都合で実家に置いていき、しばらくして実家に帰ったときに捜索したところ見つからなかったので、「ああ、あのカセットテープはもうなくなっちゃったんだ・・・」と残念に思っていて諦めかけていたのですが、妹からちょっと前に「カセットテープからMDにダビング作業してます」と連絡があり。

え!なくなったと思ってたのは勘違いだったのですな!素直に嬉しい。しかもカセットテープだと、もう我が家には再生できる設備がないため、MDにダビングしてくれたというのもすごく嬉しい。

昨日、僕は30ちゃいと36ヶ月の創立記念日を迎えたわけですが、そのダビング後のMDが誕生日プレゼントとして(?)贈られてきました。早速ちょろっと聴いてみたらば、ああ、懐かしい、あんな曲やこんな歌詞が。克明に思い出されます。おどちゃんが作ってくれたPOP THE MUSICの特集ページも読み返したりしながら。

聴きなおし始めたときは奥さんもとなりにいたんですが(奥さんは元群馬の人なのでPOP THE MUSICをあまり聴いたことがない)、奥さんが、桜井和寿さんとKANさんの第1作目『GAS〜雨の週末〜』を聴いていたときに、BメロのKANさんのメロディが「どっかで聴いたことがあるんだけどおもいだせない・・・」と。確かに、どっかでKANさんの曲の中にあったよーななかったよーな、ゆっくり転調っぽく下っていくコード進行が、とてもKANさんらしいんです。KANさん自身の楽曲じゃなく、提供曲だったような気も。

槇原敬之さんと作った5曲目の名曲『帰らないで』の前奏がそのまま『指輪』の前奏になったときのように、KANさんの作品にコラージュされているものって、他にもあるのかもしれませんね〜。

とにもかくにも、確か名目上は両親からのプレゼントである服がメインだったような気もしますが、素敵なプレゼントをありがとうございましたm(__)m。

そうそう、僕が高校時代にシンセサイザー【YAMAHA V50】で作りこんだオリジナルとかカバーの楽曲の入ったMDも一緒に同封されていたんですが、これもまた懐かしかったなぁ〜。時間がないので、これについてはまた別の機会においおいと・・・。

他にこんな記事もいかがでしょう





【CM】目指せKAN関連商品コンプリート!

SEIのオススメKANミュージック
SEIのオススメKANミュージック
AmazonにおけるKAN関連商品を
ミュージック、DVD、本(楽譜を含む)、ビデオ
のカテゴリに分けて抽出しています。
既に絶版していても中古商品として
掘り出しモノが見つかるかも?!


コメントはTwitter及びFacebookにて受け付けています


   Copyright (c) 1996-2016 Sei KAITANI (SEI) All rights reserved.