Architect of Music Architect of Music モバイル版Architect of Music COUNTER

メインメニュー (サイトマップ)




−クリックすると概要を表示−

熊谷にも讃岐うどんの美味しいお店がやってきました!早速オープン初日に行ってきました♪

株式会社トリドール>釜揚げ讃岐うどん・丸亀製麺【e】
はてなユーザーの評価 livedoorユーザーの評価 Buzzurlにブックマーク
株式会社トリドール>釜揚げ讃岐うどん・丸亀製麺打ちたて、茹でたて、使う小麦粉も厳選した北海道産、常に本物のうどんの美味しさをお伝え中です。天ぷら、おむすびにもとことんこだわり、うどんに負けない美味しさをご用意しておりますので、是非お好みにあわせてご自由にお選び下さい。

店に入ったらどんと構える製麺機、その奥に広がる湯気と、おいしさいっぱいの風景の中でこだわりの味をお楽しみください。


▼魅せて退屈しない長蛇の列
▼記念すべき初回は「ぶっかけ大(冷)」
▼あんな「かきあげ」、初めて♪
▼常連になりそうな予感

の4本でお送りしまぁ〜す!んっがっんんっ。(懐)

続きを読む "丸亀製麺・熊谷店/讃岐うどん"

他にこんな記事もいかがでしょう





【CM】目指せKAN関連商品コンプリート!

SEIのオススメKANミュージック
SEIのオススメKANミュージック
AmazonにおけるKAN関連商品を
ミュージック、DVD、本(楽譜を含む)、ビデオ
のカテゴリに分けて抽出しています。
既に絶版していても中古商品として
掘り出しモノが見つかるかも?!


丸亀というくらいですから、讃岐うどんなわけで、関西を中心に展開しているチェーン店で、東京にも複数店舗あるのですが、このたびはるばる埼玉県熊谷市某和食レストランの跡地にオープンしました。しかも、先入観で熊谷駅より南だと思い込んでいたんですが、実際は北側。我が家の自転車活動圏内(=JKK)。総じて讃岐うどんがスキな我が家としては、嬉しい嬉しい流れです。オープン初日だということに当日気付き、早速昼食として行って参りました。

魅せて退屈しない長蛇の列


まず、店内に入ると長蛇の列。そりゃオープン初日ですからね、しかもお昼ですから。でも、基本的に「はなまるうどん」のようにセルフサービスなので、席について注文するのと比較すれば、そんなに苦になりません。店内はえらく広く感じ、席数ががっつり確保されているためか、そんな長蛇の列とはうらはらに座席は結構空いていたのが不思議な感じでした。

長蛇の列の一番後ろについて、店内がえらく広く感じた理由、長蛇の列が苦にならない理由が厨房の位置と魅せ方にあることに気付きます。厨房を取り囲む仕切りがまったくなく、「うどんが出来るまで」の手順・仕組みを社会見学することができるのです。こねこねするところ、生地を延ばすところ、麺を切るところ、ゆでるところ・・・。それはクリスピー・クリーム・ドーナツの「ドーナツが出来るまで」と同じように(^^)。だから、長蛇の列に並んでいることがあまり苦にならないというわけです。

記念すべき初回は「ぶっかけ大(冷)」


このチェーンの目玉は熱い釜揚げうどんだと思うのですが、今回は冷たいぶっかけ大にしてみました。もちろん、最初盛られた状態ではつゆをぶっかけられたうどんだけ。ネギ・揚げ玉・一味などは後でお好みで。↓の写真はちょうど15パズルに相応しそうだったので、そのようにしてみました。「start」ボタンでお楽しみください(笑)。

初回はぶっかけ・大(冷)。早く釜揚げもざるも食べたい! posted by (C)SEI

ひょっとしたら「はなまるうどん」よりもやや腰があるのではないか?と感じた歯ごたえのある食感。これはんまい〜。釜揚げでも食べたいけど、その前に冷たいざるうどんで食べて、その食感をちゃんと味わってみたいと思いました♪

あんな「かきあげ」、初めて♪



分厚い大きなかきあげ。これに魅了されました。 posted by (C)SEI


丸亀製麺のかきあげ・パート2
丸亀製麺のかきあげ・パート2 posted by (C)SEI

一番ぶっくらこいたのは、このかきあげでした。1枚目はあえて15パズルでお送りします(笑)。2枚目は翌日再度横アングルから撮影したものです。いわゆる今までのセルフうどん屋さんで食べたかき揚げはひらべったいイメージでしたが、写真では解りにくいのですがこちらのかきあげはめちゃくちゃ分厚いんです。あげたてホヤホヤの分厚いかきあげをサクサクと崩せるんです。これだけのために食べに行っても良い位、美味しかったです(ぉぃ)。

常連になりそうな予感


我が家の外食うどん率が10%くらい上昇してしまいそうなくらい常連になりそうな予感です。ただ、今回オープンした場所は、実は過去にいろんなチェーン店が入れ替わり立ち代りオープンしては集客できずに去っていくという、知る人ぞ知る「鬼門」の立地。せっかくあんなに美味しいうどんやさんがオープンしたんだから、足しげく通って、去ってしまわないように、ココロから頑張って食べに行ってあげたいとおもいます。

コメントはTwitter及びFacebookにて受け付けています


   Copyright (c) 1996-2016 Sei KAITANI (SEI) All rights reserved.