Architect of Music Architect of Music モバイル版Architect of Music COUNTER

メインメニュー (サイトマップ)




−クリックすると概要を表示−

別に誰かの新曲のタイトルとかじゃなくて、単純に昨日見た夢のお話なんですけども。

同期(と言っても夢の中ではよくある話で、同期といってもまったく知らない人ばかりだったんですが)で一人ずつ、順番に何か演奏しよう!という会合がなぜか催されて(ちなみにうちはIT企業)、その時点で明らかに夢かも、と疑うべきだったんですが、あまりに咄嗟(とっさ)に提案された企画だったもんで、焦りながらも従ってました。

いきなり暗譜で演奏できる弾き語りの曲のレパートリーの中で、歌詞も演奏も含めて完全に覚えているものって少ないもんで、KANさんの『世界でいちばん好きな人』くらいしか思い浮かばなかったものですから、これに決定。自分の順番がまわってきて、ピアノの前に座って、演奏開始。

ところがここで、さっきまでグランドピアノだったものが、演奏し始めたとたんに軽いキータッチのキーボードに変化して、しかもピアノの音じゃなくエレピの音に変化(・・;)。歌詞は覚えていたので普通に歌うことができてるけど、いかんせん音が、音が・・・。次第にサスティンペダルを踏んでも踏んでも上に返ってこなくて、最後にはサスティンペダルが下りたままの状態で引き続けることに・・・。

もうおわかりでしょう。想像してみてください。エレピの音でサスティンペダルが上がらない。どんだけ汚い音になってることか(笑)。我慢できなくなって目が覚めました。

調べた結果、ピアノが登場し、上手く演奏できず苛立つ夢は、自分の意思が相手に伝わらない事を暗示。歌っているのは、自分をアピールしたいときなどに見る。総じて演奏で失敗するような夢は、でしゃばりすぎた結果大切なものを失うことの暗示。特に一人だけで演奏しているような夢は一人よがりの行動になっている可能性があるので注意。同僚が出てきたことはそのままの意味に捉えてよく、上記の願望や状態が、同僚に対して発生している暗示だそうで。ただ、未来のことか現在のことかはわからないらしい。

む〜。仕事がうまく行ってないわけではないけど、近いうちに恐ろしく大きな山や波に襲われる可能性があります。その不安がこの「サスティンペダルが上がらない」(=略してSPA状態)状況でのピアノ演奏に繋がっているのかもしれないです。山なのか波なのか、はたまたどっちも来るのか。どっちも来る場合は差し詰め地理的に可能性があるのは東京ではなく神戸とかのような気がしますが、そんなことはどうでもよく(笑)。

ん?待てよ?この【SAP状態の演奏】が意味していたものはひょっとしたらそんな同僚がどうのこうの仕事がどうのこうのとは全く関係なく、単純に、KANさんが出演する『ap bank fes '07』の先行予約の類はことごとく抽選にハズレるんだぜ!っていう予知夢だったのかもしれない。

実際、今日は東京1週間(e+使用)の先行予約は完敗だったし・・・(笑)。さっさと通常のe+先行予約に応募しましたが^^;。

参考サイト
夢診断・夢占い〜夢はあなたに教えている〜【e】
はてなユーザーの評価 livedoorユーザーの評価 Buzzurlにブックマーク
夢診断・夢占い〜夢はあなたに教えている〜夢は自分自身の無意識からのメッセージ。
そんな夢を解釈することは自分の知らなかったような部分を発見でき、器の大きい人間にしてくれる可能性がある。
私自身、自分の夢を理解するようになってから色々と人生が楽しく、そして切り開かれていっている。みなさんもこれを機会に人生を切り開いてみればどう?

他にこんな記事もいかがでしょう




【CM】AmazonでKAN関連商品をチェック!




コメントはTwitter及びFacebookにて受け付けています


   Copyright (c) 1996-2019 Sei KAITANI (SEI) All rights reserved.