Architect of Music Architect of Music モバイル版Architect of Music COUNTER

メインメニュー (サイトマップ)




−クリックすると概要を表示−

ずっと前に、KANさんが社報『輝』(ファンクラブ会報)の中で考案し発表した「スペアボウリング」。過去に2001年、2002年あたりのKANコンサート前のオフ会等で、この「スペアボウリング」をボウリング場で大勢で堪能したことがあるのですが、このとき私が作成したスペアボウリング・スコアシートが発掘されましたので、せっかくなので公開してみようと思います。

っと、その前に、そもそもスペアボウリングとは何か?について、書いておかなくてはいけません。

スペアボウリングとは、「スペアという行為が美しい」とし、なかでも「1投目に9本を倒し、残り1本を残して2投目でスペアを取るという行為が最も美しい」というKANさんが考案したスペア至上主義のボウリング競技。逆に、「ストライクを取るという行為は最もはしたない」とし、厳しいペナルティが与えられる仕組みとなっています。詳細なルールは以下の通り。

スペアボウリング・ルール(概要)
(1)1投目で1〜8本倒し、これをスペアすれば20点。次の1投をこのフレームに加算できる。
(2)1投目で9本倒し、これをスペアすれば30点。次の1投をこのフレームに加算できる。
(3)ストライクははしたないとされ0点。次の投球も加算されない。
(4)10フレーム目にストライクを出すとそこで終わり。

そして、これを踏まえたうえで作成したスペアボウリング・スコアシートが以下になります。「Microsoft EXCEL」が必要ですのであらかじめご了承ください。
スペアボウリング・スコアシート

これを用いて過去に行ったオフ会等では、ノートPCを持ち込んでプレイしたわけですが、スペアを取ったら必要以上に喜び、ストライクを取ろうものなら投げた本人が異常に悔しがるという様子が、他のレーンでプレイしている人が見たら凄く異様な光景だっただろうなあ、と今振り返っても笑えてきます(笑)。

そういえば、このシートのどこかにバグが潜んでいた記憶があるのですが、なにぶん5年以上前の記憶なんてもうもやもやっとしたものでしかないので、思い出せませんでした。もしも不具合等ありましたら申し訳ありません。フリーウェアということでお許し下さい(笑)。

さあ、KANさんファンもそうでない方も、レッツ・スペア・ボウリング!!

他にこんな記事もいかがでしょう




【CM】AmazonでKAN関連商品をチェック!




コメントはTwitter及びFacebookにて受け付けています


   Copyright (c) 1996-2016 Sei KAITANI (SEI) All rights reserved.