Architect of Music Architect of Music モバイル版Architect of Music COUNTER

メインメニュー (サイトマップ)




−クリックすると概要を表示−

KANさん自身による「ap bank fes'07」のレポートが金曜コラムにアップされました。ある意味今までのどんな公式レポートよりも詳しいレポートで、読み応えもあるし、あの14日、15日の「中止」についての説明や心苦しさ、葛藤いろいろなものがKANさんにも渦巻いていたのが読み取れる、納得の内容でした。アーティストとして地球環境問題を訴えるに際してのKANさんご自身の役割についても、かなり明確に述べられていて、過去最高に説得力のあるコラムでした(今までが説得力がなかったというわけではないです。今まではグッタリ力の方が目だってただけなのですよ(笑))

KAN オフィシャルウェブサイト - www.kimuraKAN.com【e】
はてなユーザーの評価 livedoorユーザーの評価 Buzzurlにブックマーク
KAN オフィシャルウェブサイト - www.kimuraKAN.comトップ>金曜コラム>No.114『ap bank fes '070716』

つづきはCMの後で。
↓↓↓↓↓

続きを読む "金曜コラムNo.114『ap bank fes '070716』"

他にこんな記事もいかがでしょう





【CM】目指せKAN関連商品コンプリート!

SEIのオススメKANミュージック
SEIのオススメKANミュージック
AmazonにおけるKAN関連商品を
ミュージック、DVD、本(楽譜を含む)、ビデオ
のカテゴリに分けて抽出しています。
既に絶版していても中古商品として
掘り出しモノが見つかるかも?!


やっぱり浜松で「うなぎ専門料理店八百徳」行かれてたんですね!うちのブログでも過去に紹介したことがありますが、KANさんが撮ったのとほとんど同じような写真を撮ってました(爆)。ほんと、美味しいんですよ。あれ。浜松に行った際は是非みなさんもご賞味あれ♪

それにしても、14日の中止のときの事細かな描写。ファンとしてありがたく受け取らせていただきました。16日に出演されたことはむしろ良かったことだと捉えていましたが、一瞬でも悔しい感覚に襲われたのは事実。その説明がしっかりとされていたし、KANさん自身が、出演についての発表についてとても葛藤されていたのだということがとてもわかりました。「それに決して逆らわず何ができるかを真剣に考えてスタッフ・演奏者全員が今やれるベストを尽くしたイベントだったと思います。その上に乗っからしてもらった私が言うのもなんですけど、是非来年こそきっと参加してください。」とKANさん自身から言ってもらえたわけですから、いろんなもやもやとしたものが払拭されたような気がします。

あと、あの衣装を選ぶに際しての有る意味「葛藤」もすごく表現されていましたね(笑)。僕の記憶はやはり正しかったようで、KANさんの小さな体をちょっとでも大きく見せて大きな大きな会場でKANさんだとわかりやすくするための対処だったのですね(といっても、あの格好になったら余計にKANさんだとわからないようになってしまいますが(笑))。衣装をめぐる桜井さんとのやり取りとか、読んでてすごい楽しいです。そして、いつかDVD化され、この目と耳で観て聴いて楽しむことができる日がくることが楽しみすぎます。

なによりもKANさんがこのイベントに参加することが決まってから、終了するまでの、全ての場面においてKANさんが感じたことをちゃんと文章で細かく表現されていて、写真がなくても十分それがきちっと伝わってきたと思いました。冒頭でも書きましたが、今までになく読み応えがありました(^^)。

コメントはTwitter及びFacebookにて受け付けています


   Copyright (c) 1996-2016 Sei KAITANI (SEI) All rights reserved.