Architect of Music Architect of Music モバイル版Architect of Music COUNTER

メインメニュー (サイトマップ)




−クリックすると概要を表示−

8月10日に上陸していましたが、なかなか書くきっかけがなかったので、遅ればせながら今頃書きます。

midomi【e】
はてなユーザーの評価 livedoorユーザーの評価 Buzzurlにブックマーク
midomimidomiは、あなたの声で好きな曲が探せる究極の音楽検索サイトです。歌ったりハミングするだけで瞬時にあなたの好きな曲を探すことができます。好きな音楽を通じて、音楽の趣味が似た人々と交流することもできます。今までになかった音楽検索サイトで、音楽や仲間を探してみてください

一番簡単に書くとするならば「鼻歌検索」ということになりますが、その目的は人それぞれ。音楽の趣味が似た人々との交流もしかりですが、世の中にはこんなに歌が上手いひとが居るんだなあということを実感するサイトでもあります。僕も2曲歌ってみましたが、あまりに下手で萎えましたから(笑)。それでも僕は暇があればどんどん歌っていきますよ、KANさんの曲に対して「この曲って誰の何ていう曲だっけ?」って鼻歌で検索してきてくれることを願って。

それにしてもびっくりしました。鼻歌検索の精度が全然侮れなくて。何曲か、敢えて歌詞を歌わずにハミングしてみたり、ちょっと音痴に歌ってみたり、いろいろなパターンを試しながら検索してみたんですが、バシバシ想定している曲がひっかかってくるんですよ。洋楽の歌詞とかほとんど覚えてないもので、これは重宝しそうです。ただし、いちいちヘッドセットマイクを取ってこなきゃいけないのが面倒ですが(笑)。

検索や録音をするときのレコーディングの方法などはmidomiのヘルプを見ていただければよいんですが、レコーディングするときの自分なりの心構えをメモっておきます。あくまで自分が納得して録音できるための心構えや基準であって、皆さんに当てはまる確率は皆無だと思います。あくまで参考まで。

(1)5分以内の楽曲ならば、できればフルコーラス歌っておくべし。
(2)5分以上の楽曲でも、「ワンコーラス+大サビ」などでバリエーションを網羅すべし。
(3)オリジナル音源を所持していれば、それを流しながら歌うべし。
(4)1テイクでフルコーラスを歌うべからず。

(1)は、やはりどんな部分で検索されるかわからない、というのも理由にはあるかもしれませんが、それ以上に、自分がその楽曲を歌うときに得意な部分と苦手な部分を客観的に知ることができるから、というのが大きいです。カラオケなどで歌うときに、自分がどういう部分を注意して歌うべきかというのを予め知って、悪いところは改善し、良いところは伸ばし、ひとさまにお聞かせするに相応しいレベルにしておく、といった感じで。

(2)は、単純に検索で確実に知りたい情報にたどり着くための支援です。5分以内に収まるようにややテンポを速くして歌うのも効果的かもしれませんね。歌詞はぶつ切りになるかもしれませんが、検索機能としてはこれで十分に満たされると思います。

(3)は、僕みたいに、絶対音感がなくて相対音感しかない人にはオススメしたいことです。いかんせん、このサイトでは通常アカペラで歌うわけですから、曲の最初と最後でキーが微妙に下がってしまいがちです。それは凄く後で連続で2回とか再生してみるとはじゅかちいことになっていて、せっかく歌ったのにもう一度録音しなおしたくなってしまいます。そういうことがないように、ヘッドフォンなどで原曲の音源を流しながら歌うのが最も効果的です。そのほうがなんとなく気持ちよく歌えますしね。PC上で再生する音をイヤホンで聴きながら歌うことも可能です。ただし、録音デバイスの設定(Windowsでいう録音コントロール)で、「マイクボリューム」と「ステレオミキサー」(←別の名称になっていることもあります)を切り替えることができる環境に限ります。この場合、「マイクボリューム」だけにチェックボックスを入れておけば、イヤホンではマイクの音声と原曲の音源が同時に耳に入ってきていても、実際にmidomiで送信・録音されるのは自分の声だけ、ということになります。

(4)は、僕はよく陥りがちなパターン。midomiの録音は、何テイクかを録音した後で一番納得できる出来栄えの1テイクを選んで送信する、という手続きなのですが、全テイクをフルコーラス歌いきってしまうと、後半のテイクになればなるほど喉が枯れてしまったり、スタミナが続かなかったりで、どれも納得いかない出来で終わってしまいます(爆)。そんな経験をしないためにも、1テイクでフルコーラス歌いきることがないように、注意しています。具体的にいうと、1曲をぶつ切りにして、何度か原曲と合わせて練習するテイクを設けておき、最後の最後に本番テイクを1発録りする、といった感じです。

総合的に見ての自分の感想として、音楽的つながり云々よりも、自分が表現している「歌」に対して、あるいは自分が尊敬しているアーティストに対して、改めて客観的に考察する機会を与えてくれたサービス、とも言えると思いました。

midomi - seimusic

ちなみに、僕のページは上記になります。現在のところ、「世界でいちばん好きな人(サビのみ)」と、「何の変哲もないLove Song(フルコーラス)」を試験的に歌ってみましたが、じぇんじぇん納得の出来ではありましぇん(笑)。でも、厳しい評価を受ける覚悟はできていますので、よろしくおねがいします。

他にこんな記事もいかがでしょう




【CM】AmazonでKAN関連商品をチェック!




コメントはTwitter及びFacebookにて受け付けています


   Copyright (c) 1996-2016 Sei KAITANI (SEI) All rights reserved.