Architect of Music Architect of Music モバイル版Architect of Music COUNTER

メインメニュー (サイトマップ)




−クリックすると概要を表示−

毎年恒例のコメントですが、今年もいろいろな記念日がこの日にやってきてました。

KANさんが45ちゃい、矢代恒彦さんが47歳の誕生日ということで、合わせておめでとうございます。そして、KANオフィシャルサイトの履歴書は毎年恒例の更新日にあたります。

今年は去年の今日とくらべて、年齢とか自動的に変更になる点を除けば、以下の点が更新されています。(書き漏らしていたらコメント等にてご指摘願います)

▼健康状態
2006年9月/スットコどっこい
  ↓
2007年9月/KANさん!ヨレヨレですよ!あ、ホントだ!ヨレヨレだ!

▼スポーツ・クラブ活動・文化活動など
2006年9月/軟式少年野球・軟式テニス部・軟式水泳部
  ↓
2006年11月/上記に加え「Club Tango(主宰・研修員)」が追加
  ↓
2007年9月/特に追加なし

▼本人希望欄
2006年9月/もうちょいゆっくりやりませんか、いや、ホントの話。
  ↓
2007年9月/こんなペースでしばらくは


KANさんがヨレヨレなのかどうなのかはとりあえずおいといて(笑)、昨年、「もうちょいゆっくりやりませんか、いや、ホントの話。」とたぶんある程度本気で書かれたこのコメントが、「こんなペースでしばらくは」となっていたのが、なんとなくホッとしたのは僕だけでしょうか。

KANさん自身もどこかでおっしゃっていたことがありましたが、KANさんが試行錯誤していていろんなもののいろんな落としどころを模索していた答えが、ある程度明確になってきているのかな〜、という印象を受けました。え、真面目に受け取りすぎかな?(笑)。

うちのサイトも、5月にサーバートラブルにより壊滅状態になってから、やっと軌道に乗ってきましたし、KANさんの活動ペースも落ち着いてこれくらいだっていうのがわかってきたのなら、ファンサイトとしてのArchitect of Musicも、「こんなペースでしばらくは」やっていきたいとおもいます。

さて一方で、KANさんの誕生日に合わせて2001年のこの日に入籍記念日を持ってきた我々夫婦は、入籍から丸6年が経過しました。ここんとこ僕自身が胃腸の調子が悪くて、昨年のように美味しいものを食べにいくとかはできなくて申し訳なかったのですが、昨年同様、滅多に振り返らない過去を振り返ってみたりして、平凡に夫婦で居られることに感謝して今日の日を終わります。

・・・って、そうもいかないんですよ。

今日は実は雨がパラつく昼間、横浜スタジアムに会社の同期と「横浜×阪神」を観に行ってたのですよ。

結果は、こうですよ。

8回に藤川が打たれる。9回にクルーンが見れたからまあ、いいか(涙)
8回に藤川が打たれる。9回にクルーンが見れたからまあ、いいか(涙) posted by (C)SEI

「桜金葛」(カツラキンカツ)と勝手に自分で呼んでいるクリンナップのうち、「桜」に位置する桜井選手の3ランは爽快でした。そして、久保田の1イニング目もよかった。試合のランニングスコア的にも、すごく盛り上がったように見えるでしょ?でも、残りの部分っていうのは、3ボール先行しまくって珠数を投げさせられていたり、7回まではお互い決定的なシーンで決定打を打ててなかったりして、なんというか、両チームとも、パッとしないぐでぐでの試合で必要以上に長い試合だったなあ、という印象で進んでいました。最終的に試合時間は4時間超え。時間に見合う内容だとは思えませんでした。

ただし、8回裏の横浜打線が阪神・藤川球児を打ち崩すところと、9回のクルーン登場&バシバシっと抑えてしまう流れは、敵ながら天晴だと思いました。横浜にはこんなに代打駒が揃っているんですね、コレだけ粘られてうまく代打のタイミングや策が的中したら、しょうがない、負けですわ、っていう気になります。阪神はこれで5連敗。諦めたくはないですが。う〜ん。

ただ、いろんな選手が見れたことと(主に投手)、阪神JFK、横浜クルーンの両方が見られたのはお徳だったのかも?(笑)

ほんま、クルーンまじ凄い。速すぎる(笑)。ちょうど真横から投球を見るような位置で観戦していたのですが、あれは、打てん^^;

他にこんな記事もいかがでしょう





【CM】目指せKAN関連商品コンプリート!

SEIのオススメKANミュージック
SEIのオススメKANミュージック
AmazonにおけるKAN関連商品を
ミュージック、DVD、本(楽譜を含む)、ビデオ
のカテゴリに分けて抽出しています。
既に絶版していても中古商品として
掘り出しモノが見つかるかも?!


コメントはTwitter及びFacebookにて受け付けています


   Copyright (c) 1996-2016 Sei KAITANI (SEI) All rights reserved.