Architect of Music Architect of Music モバイル版Architect of Music COUNTER

メインメニュー (サイトマップ)




−クリックすると概要を表示−

Wiiリモコンが起因する度重なる事故や物損を受けて、任天堂からお知らせが届きました。


「Wiiリモコンジャケット」についてのお知らせ【e】
はてなユーザーの評価 livedoorユーザーの評価 Buzzurlにブックマーク
「Wiiリモコンジャケット」についてのお知らせ弊社では、お客様に、より安心して商品をご利用いただくための改良を日々研究しておりますが、この度その一環として、Wiiリモコン用保護カバー「Wiiリモコンジャケット」を開発し、無償で提供することといたしましたのでお知らせいたします。


いやはや、びっくりしました。Wiiリモコンの数だけ無償配布っていうだけでも凄いのに、その配布する数は事実上「ユーザーの言い値」になっているではないですかっ。

確かに、Wii本体の製造番号を記述させるため、チェックデジット(最後の□で囲まれた数字)が誤っている場合は登録できないようになっているのだとは思うのですが(試してはいません)、WiiリモコンやはじめてのWiiについては、特にノーチェックに見えます。

我が家の場合、

▼Wii本体に同梱されていたリモコン(1個)
▼はじめてのWiiに同梱されていたリモコン(1個)
▼単品販売のWiiリモコン(2個)

の計4個。当然申込みましたよ、ええ。でも、もうちょっと早く言ってくれればなぁ〜。市販のシリコンカバーを4本分そろえちゃったからな〜。ただ、このWiiリモコンジャケットの形やデザインを見ていると、プレイするのに支障があるゲームもあるかもしれません。特に横向きに持つようなバーチャルコンソール系のゲームとか。と考えると、まあ既買のシリコンカバーについてはこれはこれで持っていてもいいかな?

写真を見ると、どうやら後部の電池カバーを外すためにわざわざリモコンからジャケットを「脱がす」必要はなさそう。さすが任天堂さん、無償配布なのに、考えてくれていますねー。

他にこんな記事もいかがでしょう




【CM】AmazonでKAN関連商品をチェック!




コメントはTwitter及びFacebookにて受け付けています


   Copyright (c) 1996-2016 Sei KAITANI (SEI) All rights reserved.