Architect of Music Architect of Music モバイル版Architect of Music COUNTER

メインメニュー (サイトマップ)




−クリックすると概要を表示−

視力が悪い方で、プールで泳ぐ機会のある方なら、この言葉にピンとくるかも知れません。

ジム通いでプールで泳ぐとき、今まではプールでド近眼だといろいろ便利が悪いし足下が見づらくて怖いため、これまで私は「度入りゴーグル」(以下DGG)を使っていました。DGGとは、ゴーグル(以下GG)の両眼部分がレンズを兼ねているというものです。

おかげで泳ぐときも歩くときも安全で、細君とプールで待ち合わせるときも、迷うことなく探せるようになりました。

だがしかし駄菓子(以下DSD)。

プールでのエキササイズって、DGGを装着してると非常に怪しく見えるんです。だって、普通プールのエキササイズって水にもぐることはないので、顔面は水上に出てますから。なのに、GGを装着しているんです。一人だけ。みんなインストラクターに素顔をさらけだしているのに、まるで自分だけが、不気味にDGG。ね、怪しいでしょ?

一方、細君も視力が悪いんです。でも、GGは装着していません。どういうことかというと、彼女の場合、コンタクトレンズにゴーグル(以下CGG)なんです。つまり、コンタクトレンズ(以下C)を装着した上で、普通のGGを被せている状態。最初はそんなこと考えたこともないし、Cがすぐに外れてしまいそうだし、だめなんじゃないの?って感じていました。

しかし、先日、細君の勧めもあり、「CGG」をやってみたらば、これがなかなか快適で。意外とCって、GGさえしていれば、泳いでいても外れる心配は少ないんですね。おかげさまで、エクササイズのときもGGを外していられるようになり、視界も良くなって、とても快適になりました。

もちろん、泳いでいる間になんらかの拍子で強い衝撃が加わりGGが外れてしまったり、GGを装着してから潜るべきところをついうっかり手順を誤って、GGを装着する前に潜ってしまったりしたら、眼球とCの間に発生していた表面張力がなくなってしまい、あっという間に外れてしまいますので、要注意ですけども。

さあ、ついに、快適なCGG生活の始まりです。

DSD。

ここで使用するCについては使い捨てコンタクトレンズ(以下TSC)である必要があります。TSCなら、たとえ何らかの不具合でGGが外れてしまったとしても、あきらめがつくからというのも理由ではありますが、なによりも、眼の健康のためなのです。

通常、プールの水には、塩分も消毒剤も入っていますので、長期間眼を晒すのは必ずしもよいことではありませんし、泳ぎ終わったら眼を洗うことを怠ってはいけませんよね。でも、泳いだままもCをしていると、Cと眼球の間や、Cと瞼の表面にプールの水が挟まった状態が長時間続くことになります。

ですので、プールでCを使用する場合は、TSCにして、泳ぎ終わったらできるだけ早くTSCを外して破棄すること。決して、普通のソフトCやハードCを使わないこと。これを守った上で初めて、快適なCGG生活が送れるというわけです。

というわけで、今後は、視力の悪い方も、「TSCGG(使い捨てコンタクトレンズにゴーグル」で快適なスイミング生活をお送りください。

ただし、もしこれを読んで採用される方がいらっしゃいましたら、個人での感覚差があるかもしれないことをご了承ください。少しでも不具合がありましたら、採用を控えるよう、お願いします。

他にこんな記事もいかがでしょう




【CM】AmazonでKAN関連商品をチェック!




コメントはTwitter及びFacebookにて受け付けています


   Copyright (c) 1996-2019 Sei KAITANI (SEI) All rights reserved.