Architect of Music Architect of Music モバイル版Architect of Music COUNTER

メインメニュー (サイトマップ)




−クリックすると概要を表示−

KANオフィシャルサイトで予告されていた【憎むべきアメリカ経済至上主義的コンテンツ】について、ついに今日、予告発表されていました。

当初の予想通り、それはグッズ販売するためのショッピングコーナー。【FOR SALE】というそうで、2007年12月10日、奇しくも私のボーナス日に開設です。

なんといっても目玉は、ファンが待ち焦がれていた既発ライブビデオのDVD化

・あいつとおれ(別名/おいつとあれ)
・UNCUTTABLE 129min.
・AFRO37

の3作品がついにDVD化です。KIR優待価格の設定もあります(約500円割引)。

『あいつとおれ』はただでさえ野沢トオルさん扮するアーバン宝田も登場し、ただでさえ濃ゆいのに、さらにKANさんとトオルさんのオーディオコメンタリーがついている!やばすぎる。

『UNCUTTABLE 129min.』はなにもかもがノーカットなので、超長い暗転の場面がある意味不気味に挟まっていて、正直退屈になろうかというところに、KANさんとトオルさんのオーディオコメンタリーがついている!やばすぎる。

『AFRO37』はただでさえアフロにミラーボールにいろいろ大忙しで、KANさんやトオルさんがいろんなキャラで出てくるのに、KANさんとトオルさんのオーディオコメンタリーがついている!やばすぎる。

まずい。紐が弛んでいる(もともとゆるいというツッコミはおいといて)ときにこんなコーナーを開設したら、DVD全部購入してしまうではないか!(ボーナス関係なく全部購入するくせに、というツッコミもおいといて)

ただ、『あいつとおれ』と『AFRO37』は、かつて【北青山イメージ開発(KID)】というファンクラブ会員しか買えなかった品だけに、複雑な心境の方もいらっしゃるかもしれません。せめて【北青山イメージ再開発(KIR)】会員限定の品とそれ以外の品を区別した方が良いのではないかと思いました。ひょっとしたらKIR側には別の商品が用意されているかもしれませんが。

あとは、10日の開設に際し、KANさんがどんな通販キャラに扮したバナーが現れるのか(笑)。真面目な商取引にそんなすっとぼけは不要かもしれませんが、やっぱり期待しちゃいます。

個人的には過去のDVDにさらに昔のタイトルが追加されたり、デニペンとかの小物やステーショナリーが復活してくれると涙ちょちょぎれます。

いやはや、いろいろと、楽しみで仕方がありませんね(^^)

他にこんな記事もいかがでしょう




【CM】AmazonでKAN関連商品をチェック!




コメントはTwitter及びFacebookにて受け付けています


   Copyright (c) 1996-2016 Sei KAITANI (SEI) All rights reserved.