Architect of Music Architect of Music モバイル版Architect of Music COUNTER

メインメニュー (サイトマップ)




−クリックすると概要を表示−


放送日時/2007年12月03日(月)19:00〜19:30
DJ/豚兄(豚骨ピストンズ)

【関連サイト】
FIVE STARS
http://www.interfm.co.jp/n03_pro/fivestars.cgi


ちょっと前の話になりますが、12月3日のKANさんがゲスト出演したときのラジオのお話です。私は場所的に聴くことができない環境だったのですが、とーきょーうーまんさんのご厚意により、放送の様子を掲示板に書き込んでいただきましたので、ブログ側でも一部編集して転載させていただきたいと思います。

とーきょーうーまんさん、大変貴重な書き込みを、ありがとうございましたm(__)m

詳細な内容は長文になりますので、CMの後でお送りします。

続きを読む "07/12/03【FM】inter fm(東京)『FIVE STARS』ゲスト出演"

他にこんな記事もいかがでしょう





【CM】目指せKAN関連商品コンプリート!

SEIのオススメKANミュージック
SEIのオススメKANミュージック
AmazonにおけるKAN関連商品を
ミュージック、DVD、本(楽譜を含む)、ビデオ
のカテゴリに分けて抽出しています。
既に絶版していても中古商品として
掘り出しモノが見つかるかも?!


以降、とーきょーうーまんさんの書き込み内容(一部編集あり)となります。


12月3日の、豚兄(トンにい)さんのラジオのご出演ですが、中学校の同窓という事で、盛りあがってました。冒頭イタリア語のご挨拶で登場されましたが(笑)いや〜ん、赤面なトークで…。そんな友泉中の4つの決まり言葉はさておいて…

KAN: 20年の集大成、一文字入れ替えれば、20年の体臭くせェ。ちょっとしたニュアンスの違いですよね。(中略)そのようなことですよ。
豚兄: おいしいとこが詰め込まれたアルバムですよね。
KAN: 褒められるとね、どうもねダメなんだよね。

【新曲について】

KAN: ベスト盤を出すに当って1曲新曲を作ろう、って自分で「そうする」って決めて、良く考えれば大変なことだったんですよ。だって20年やった中から選んでる中に、一緒に並ぶ曲を作る…。これしまった、大変なこと決めちゃったなと思ってね。大丈夫かなァと心配しながら…。
豚兄: 歌詞が今すごいわかる。賛同者がいなくてもそれが正解だ、みたいな…。
KAN: あのね曲に限らず、何か提示するじゃない。普通のことでもそうだろうと思う、なんか提示して皆が「ああいいね」って言うと僕はダメだと思う。複数の人間がいて同時にああいいね、って思うものはまあ普通の感覚というか、誰か思いつくし、既に他の人がやっているだろうし、そういう感じがする。だから、ね、不可解というかさ、う〜ん何だそれちょっとまてどういうことと言われるほうが、なんか面白くなるかもしれない。そういう感じがして生きていますね。なかなかだから友達できないですよ(笑)

【最近の5つ星・こりゃよかって物】

KAN: いろいろあるんだけど、イーグルスのアルバムなんかもすっごいしね。なんもかんもクオリティが超一流!

(ラーメンの話が入りますが略します)
(かわいいスチュワーデスさんの話・美人センサーの話も入りますが、略します)

【ライブの話】

KAN: 弾き語りはしゃべって時間つぶすしかないんだよね(笑)いかに内容がないけどおもしろいか、そこを追求して…。基本笑う方が好きなんで。その裏に実はいいこと言ってたりするのがイヤなの。(笑)すっごいおもしろかったけど、何言ったかぜんぜん覚えてないよね、みたいなのが最高だと思う。今度バンドのツアーですから。バンドのツアーはちゃんと5人で、いわゆる音楽的ギャグの限界に挑戦。別に余計なことをしゃべる必要が無い。最後にやる1曲をいかにいい曲に聞こえさせるか…(笑)そのために笑って笑って腹がよじれて…。そういう構成をずっと追求してやってきてますんで。ぜひ!リハーサルはお客さんの反応はイメージでやるしかないんですよ。だから初日でボツになるネタがいっぱい…(笑)マニアの方は遠くからでも初日見に来てくれるみたいですね。初日で消えちゃうネタがありますから(笑)それが2月3日。追加公演も発表になってます。オフィシャルサイト見て頂ければわかります。多分ね、見ているお客さんよりやってるこっちのほうがよっぽど面白いですよね。それ基本ですからね。

(英・中・仏語でさよならでした)


九州男児KANさんらしい、一度決めたことは捻じ曲げないという意志がとても表れた説得力に満ちたコメントがあったり、ライブはやはり初日〜千秋楽に至るまで、いろいろ形を進化させながら完成形に向かっていくということ、そしてその途中経過を知るためには、初日あたりと最終日あたりを見ておくのが良い、ということもわかりました。

とーきょーうーまんさん、貴重な時間をこの書き込みに当てていただいて、本当にありがとうございました。

コメントはTwitter及びFacebookにて受け付けています


   Copyright (c) 1996-2016 Sei KAITANI (SEI) All rights reserved.