Architect of Music Architect of Music モバイル版Architect of Music COUNTER

メインメニュー (サイトマップ)




−クリックすると概要を表示−

横浜ランドマークプラザで12月22日(土)に開催されたFMヨコハマ降雪ライブ『Merry Snow Christmas Live 2007』にKANさんが出演されました。

ステージ前観覧エリアの抽選には当選しませんでしたが、会場周辺の階段や通路から観覧することはできるとのことでしたので、行ってきました。

そのときの模様をメモしておきます。また、近い期間に開催されるライブイベントと同様の演奏曲目となることもありえるため、ネタばれ防止のため、以降はCMの後で書きたいと思います。

続きを読む "[降雪ライブ]観覧レポート"

他にこんな記事もいかがでしょう





【CM】目指せKAN関連商品コンプリート!

SEIのオススメKANミュージック
SEIのオススメKANミュージック
AmazonにおけるKAN関連商品を
ミュージック、DVD、本(楽譜を含む)、ビデオ
のカテゴリに分けて抽出しています。
既に絶版していても中古商品として
掘り出しモノが見つかるかも?!


まず、到着した時間は、12時頃。観覧エリアの抽選には不当選だったため、なるべく観覧環境の良い場所を押さえるためでした。

公式サイトに「イスはありません」と書いてあったことから、観覧エリア内はオールスタンディングであると想定し、その後ろだとKANさんが見えないだろうと思い、1F真正面より2F真正面の方が良いと判断。しかし、ここでKANさんの考え(なのかどうかはわかりませんが)を、読んでおくべきでした。実際の観覧エリア内はオールシッティング(床に直に座っていたので冷たそうでしたが・・・)。つまり、1F真後ろでも十分音的には良かったという結果に。次回以降の教訓にしたいと思います。

選んだ2F真正面は、たしかに良く見えるんですが、転落防止のため、透明板がかなり高い位置まで上がっており、演奏は適度に聞こえても、KANさんのトークはかなり聴こえづらかったです。よって、これから書くレポートのトーク部分はあまり信用しないでください(笑)。

13時〜16時はFMヨコハマ生放送番組があり、ゲスト出演された川嶋あいさんやエイジアエンジニアを観られたりして、そんなに退屈はしませんでした。ただ、僕らの後ろに通りがかりの方々が入れ替わり立ち代わりいらっしゃるんですが、しきりに「川崎あいってだれ?」とか「エイジアンエンジ・・・読めないわ」っていうちょいと勘違いな声が複数聴こえていたのですが^^;

16時生放送番組終了後、配置転換。まずは、KANさんを除くバンドメンバーが登場します。清水淳さんに西嶋正己さんに中野豊さん。自分たちで楽器のセルフセッティング(以下SS・・・って、この言葉はここでしか使いませんが)開始です。

清水淳さんはかなりお久しぶりに拝見しましたが、ちょっと痩せました?それとも2Fから見下ろす(not 見下す)位置だったからでしょうか。とにかく、配置転換中、舞台上ですごい仕切っていらっしゃいました。

また通りがかりの方の声が後ろのほうから。「なんか、バイオリニストみたいな人がライブやるみたい」とか「KANって誰?」とかいう声がちらほら(悲)。わかってはいるけど、もうKANっていうだけでは通じないくらい時間が経過しているんだなあということを思い知り。

16時15分、KANさん登場。到着したばかりらしく、KANさんが撮った写真でよく見るマフラー&コート姿、オフィシャルサイト金曜コラムで宣言したとおりの髪ボーボーの状態。来るなり、ピアノのイスの高さ調整ネジをすごいスピードでグルグルまわして座面を上げてました。ちなみに、本番はちゃんとコートも脱いでいわゆる最近の「赤ルック」ではなく、スーツ姿でした。

16時40分頃から公開リハーサル開始。時間の都合上、丸ビルのときのように全曲フルコーラスというわけにはいかず、端折りながらの音あわせ。

1.カレーライス(1コーラス&2コーラス目のサビ以降)
2.言えずのI LOVE YOU(1コーラス程度)

自分のボーカルマイクとアコースティックギター用のマイクのモニターを「上げてください」っていいながら、自分の出す声の音程を上げてました(笑)。このギターはKANさんが森高千里さんに借りたもので、シールドを通さずに生音を拾っていたのですが、そんなこともあり、上げられる音量に限界があったのかもしれません。最後にはギターのモニターの音を上げすぎてハウリングを起こしてKANさんが慌てて立ち上がったりもしていました。

3.世界でいちばん好きな人(2コーラス目サビ〜エンディング)

それくらいの楽曲をちょろちょろっと公開リハーサルしたあとで、「形だけハケます」といい、一旦舞台裏に下がりました。

程なくしてライブイベント開始。今回はちゃんとイベント司会の方がアルバムやライブの告知とかしてました。「aikoさんやMr.Childrenの桜井和寿さんも影響を受けるアーティスト」という紹介文言もあったりして、ちょっと今までと違う力の入れ方でした。ベスト盤CD『IDEAS』も現地販売していました。どれくらい購入されたんでしょう。

KANさんの名前が呼ばれ、右袖から登場。軽く挨拶をされて、ライブ開始です。何度も書きますが、トークはあまり聴こえなかったため、あいまいですみませんm(__)m。

01.カレーライス

今まで聴いてきた演奏と若干違うアレンジがところどころありました。一番印象に残っているのは、最後の「作りすぎたカレーを〜」の部分で、ピアノを残して他の楽器がブレイクするところ。

02.長ぐつ

間奏の旋律だけをピアノで弾いて、残りはピアノの前に座って歌うKANさん。たしか、どこかのライブで今までに実績あるスタイルでした。

その後のメンバー紹介ではベース・西嶋さんの生まれが兵庫であるという話とか、ライブの日より前に母親と下見にきていたという話。これは西嶋さんのブログでも載っていましたね。KANさんからは、「会場下見したときに横にあるクリスマスツリーに登ったの?」ってきかれてました(笑)。僕も某Mさんとの待ち合わせで「クリスマスツリーの突端で」とか言ってたので、なんか余計おかしかったです(笑)。ちなみに、今日の西嶋さんは6弦ベースを使っていらっしゃいました。

清水さんの紹介の時は、「ドラムス・清水淳」っていいかけて、ドラムスじゃなくてパーカッションだって言い直してました。確かに普段(っていっても来年かなり久しぶりに観るわけですが)はドラムスだし、語呂もいいし^^。ちなみに、最後の最後にメンバーがハケるときにも名前を呼ぶんですが、そのときはしっかりと「ドラムス・清水淳」で訂正なしでした(笑)。

中野センパイのときは前日の大阪でのアコースティックライブ後の移動手段のお話。センパイ以外は飛行機で移動したのですが、センパイだけは新幹線移動。なんでも、「ギターを大事に自分で運ぶため」だったとか。さっすがです。

次の曲紹介。ステージ隣にある大きな電飾クリスマスツリーに合う自分の楽曲を探してみたけどなかったので、とのことでナット・キング・コールの「スターダスト」をカバーします、という紹介。なんでも、子供のころによくレコードで聴いていた楽曲なんだとか。

「KANのChristmas Songがあるじゃない」っていうファンの気持ちもあったのですが、やはりコーラス重ねまくらないといけない楽曲で、アコースティック編成ではムリだというのは、加藤美樹さんのお話を関西に住むKAN友達からの情報でした。(ありがとうございますm(__)m)

03.Stardust(Nat King Coleのカバー)

原曲にはない演出として、最後の最後にピアノでジングルベルのフレーズを入れておられました。なんだか、某友人の結婚パーティで有志で演奏した「世界でいちばん好きな人」を思い出しちゃいました。あれから1年ですか〜。早いものです。

曲が終了後、中央のイスに座ってギターを準備しているところで、館内放送でインフォメーションから呼び出しあり。繰り返すインフォメーションが終わるまで、律儀に待っておられました。その後、多少トークされていたんですが、ここがじぇんじぇん聞き取れない。たしか、インフォメーションって場所わかりますかね?とか外人さんに日本語でインフォメーションしても通じないよねとか、そんなお話だったと思うのですが。なにぶん、中央のボーカルマイクからのトークは、ほぼ聴こえなかったものですから・・・^^;どなたかフォロー願います。もしくは後日ほかの方が書いていらっしゃるブログにリンクするかもしれません。

04.言えずのI LOVE YOU

KANさんが森高千里さんに借りた生アコースティックギターをかき鳴らしての演奏。ただし、残念ながらリハーサル時の調整でも書いたとおり、これ以上モニターの音量が上がらないということで、諦めなければいけない部分があったようです。

この楽曲はもともとストリングスアレンジの楽曲であり、それ相応の歌い方をしているのですが、ギターアレンジにはちゃんとギターアレンジに合った歌い方をしていたような印象がありました。全体としてストリングスのときとは違う場所・情景で、違うシチュエーションで「あのね」と語っているようで、とてもカッコよかったです。ライブバージョンとして次のシングルカップリングに入れてもらいたいくらいでした。

曲を終えて、ライブの告知。清水さんはパーカッションではなく、ドラムスとしてドコドコ叩いているということと、あともう一人、ちょっと難しい人(矢代恒彦さんのことです)が居ますっていう紹介をされてました(笑)。初めて見た人にはそんなこと伝わらんのだと思うんですけども(笑)、ここで笑っていた人は、KANさんライブ常連者だということで、ある程度その場に居たファン分布がわかりましたが(笑)。「詳しいことは、http://wwwwwww・・・」っていうボケもあり(笑)。

5階席の方を見上げて、「このカツゼツで上の方には聴こえていますか?」という問いかけに、お客さんがどんな反応をしたのかは真下の僕らにはわからなかったのですが、「あ、気にしてない、そうですか」って返しておられました(笑)。

次の曲は(上階の方を見上げて)上の方も意識して演奏します、と雪崩れ込み。

05.世界でいちばん好きな人

1コーラス目は全部ピアノ1本の弾き語り。いわゆる「弾き語りばったり」でやったときの演奏です。2コーラス目からはセンパイのギターが一緒に入ってきました。この部分はパーカッションとベースは待ちの時間なのですが、西嶋さんの待ち方がなんかベースを前に抱えてちょこんと座ってる感じで、かわいかったです(笑)。そして、2コーラス目終わってからの間奏から、いよいよ全員演奏。かっこいい盛り上げ方でした。

曲が終了し、KANさん以外のメンバーが名前を呼ばれたあとでハケて、最後に残ったKANさんが、「自主アンコールです」と言ってそのまま6曲目突入。

06.50年後も

IDEASに収録されているアレンジと原則同じだったような気がしていますが、あまり覚えていませんので、明日の浜離宮のライブで確認したいと思います。

締めくくりには、「来年もちゃんと活動しますので、よろしくお願いします」とクリスマスツリーに隠れている階段の部分に座っている方々にも丁寧におじぎ、真後ろの上階に向かっては、背中を反らすようにして逆お辞儀(笑)

そんな感じで17時45分、ライブ終了となりました。

あら?降雪ライブって書いてるのに、降雪ライブじゃないの?と思ったら、実はライブ中は降雪しないのです。ライブ後、18時から、降雪イベントが開始されました。その時点でKANさんはもういらっしゃらなかったので、「降雪ライブ」といいつつも、ライブ中に降雪するわけではなく、「降雪イベント前座ライブ」というほうが相応しい結果でした(笑)。

最後に、写真ですが、KANさんがステージにいらっしゃる間は撮影禁止ですので、載せられるものだけを。


この中に3人知っている方が居ます
この中に3人知っている方が居ます posted by (C)SEI

こういう感じに見える場所に居ました
こういう感じに見える場所に居ました posted by (C)SEI


以上、すごい突貫工事的なレポートになりましたが、FMヨコハマ降雪ライブ『Merry Snow Christmas Live 2007』にKANさんが出演されましたときの模様をレポしてみました。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

コメントはTwitter及びFacebookにて受け付けています


   Copyright (c) 1996-2016 Sei KAITANI (SEI) All rights reserved.