Architect of Music Architect of Music モバイル版Architect of Music COUNTER

メインメニュー (サイトマップ)




−クリックすると概要を表示−

新年あけましておめでとうございます。AoM管理人、SEIです。

と、新年の挨拶をしておきながらいきなり昨年の話題をして申し訳ないのですが、昨年12月30日、何気なくKANさんのことを書いているブログを探そうと思って、Yahoo!JAPANへ。とりあえずアバウトに

KAN

で検索したんですが、検索結果の上部と下部に表示される「サブキーワード」に自分のハンドルネームを見つけ、慌てふためきました。


サブキーワードに注目
サブキーワードに注目 posted by (C)SEI


サブキーワードっていうのは、メインのキーワードとアンド条件で調べることが多いキーワードのことで、最近では検索サイトにて自動的に表示されています。つまり、「KAN」を検索する際には、キーワードとして「SEI」を一緒に入れてくださる方が多い、ということになります。まさか、「KAN」+「SEI」で検索をしてくださっている方がそんなに多いとは、至極恐縮です。ありがとうございます。

隣には年始早々にKANさんと対談する平井堅さんが並んでるし(笑)。でも、KANオフィシャルサイト以外にKANさん情報を得ることができるサイトとして、AoMを選んでくださっているというのは、大変感謝するべきことだし、これからもその期待に応えいきたいとも思いますし。

今年も、KANオフィシャルサイトに載らないような公式ではない、でも正確な情報や貴重な情報、ライブレポートや作品感想も含めて、更新していきたいと思っていますので、よろしくお願い致します。

昨年のAoMの目標は「タイムマネジメント」でしたが、今年のAoMの目標は以下の2点とします。

(1)新曲を最低2曲作る
(2)ネットラジオでKANさんカバーを演奏する
(3)来年の今頃も「KAN」のサブキーワードに「SEI」が居られるよう努力する

(1)は、昨年のタイムマネジメントの反省から継続課題として挙げているもの、(2)は、せっかく昨年JASRAC管理楽曲のネットでの演奏許諾を受けているのに有効活用できていないことへの反省、(3)は、今年も昨年同様、AoMはKANさんを全面的に応援していくという決意表明です。

ちなみに、今年の元日はどのように迎えたかというと、昨日の大晦日から夜勤でして、職場でカウントダウンしてました。また今年も自宅で正月の瞬間を迎えられなかったという年の始まりです(涙)。

でも、夜勤明けで家に帰って、多分公開されているであろうKANさんの年賀状をオフィシャルサイトで確認し、平井堅さんとの対談を録音したものを確認するのが楽しみです。

そんなわけで、本年もArchitect of Musicをよろしくお願いいたしますm(_ _)m

他にこんな記事もいかがでしょう





【CM】目指せKAN関連商品コンプリート!

SEIのオススメKANミュージック
SEIのオススメKANミュージック
AmazonにおけるKAN関連商品を
ミュージック、DVD、本(楽譜を含む)、ビデオ
のカテゴリに分けて抽出しています。
既に絶版していても中古商品として
掘り出しモノが見つかるかも?!


コメントはTwitter及びFacebookにて受け付けています


   Copyright (c) 1996-2016 Sei KAITANI (SEI) All rights reserved.