Architect of Music Architect of Music モバイル版Architect of Music COUNTER

メインメニュー (サイトマップ)




−クリックすると概要を表示−

先週のKANさんの金曜コラムに予告されていた通り、
今日は寒がり系アーティストKANさんによる、読みにくくて船酔いしそうな
金曜ローマ字コラムがフランスパリから届けられていました。

もしも今日のKANさんの金曜コラムがフランス語で書かれていて、
僕が大学時代に履修していた第二外国語がフランス語だったとしても、
ウルトラタブン読解なんてできなかっただろうから、
まあ結果的にローマ字で良かったんですが(笑)

途中で微妙にダジャレやネタを挟んでいるため、
読みにくさが倍増して目がシュバシュバしますって!
まあ、もちろんKANさんが意識してわざとやってることだろうけど(笑)

子供の頃、英語に微妙に憧れてた時代が数週間あって(短!)、
ローマ字を書きまくって遊んでいた記憶が蘇ってきました。
まさに今日の金曜コラムはそれに似ています(笑)。
当時は、文節でブランクを開けることも知らずに、
ひたすらアルファベットを陳列していましたが(笑)。

「私の脳の中で」が「Watashino nou no nakade」になってる下りは、
読みながら僕の脳の中はウノンウノンしてましたよ(意味不明)!

そんな中、サラッと「スタジオでの作業」なんて言葉が出て来ましたが、
それって新曲かなにかの絡みの作業ですか?!
「仕事のようなそうでないような」って書いてるから、
要らぬ詮索をいろいろしちゃうじゃないですか?!

そんな、まるで暗号を解いた人だけ得した気分になれるローマ字コラムでした。

他にこんな記事もいかがでしょう




【CM】AmazonでKAN関連商品をチェック!




コメントはTwitter及びFacebookにて受け付けています


   Copyright (c) 1996-2016 Sei KAITANI (SEI) All rights reserved.