Architect of Music Architect of Music モバイル版Architect of Music COUNTER

メインメニュー (サイトマップ)




−クリックすると概要を表示−

2008年5月26日(月)にSHIBUYA-AXで開催された、『ラッキーラクーンナイト2』

参加したことの報告と、演奏曲目だけ紹介していた2つ前のエントリに付け加える形で、レポートを書きあげましたので、アップしたいと思います。ちなみに、『LuckyRaccoonNight Vol.1』のときほどは、全編くまなく記述できないことについてもご了承ください。

そしてなにより、KANファンサイトという性格上、詳細を事細かに書くのはKANさんが関わった部分だけということになります。ご了承願いますm(__)m。

【注意】この先には『ラッキーラクーンナイト2』のネタばれを含む表現がありますが、全公演終了後ですので、改行等の対処は施しておりません。ご注意願います。

個人的な話

今回はチケットを奇跡的に譲っていただけたことから、公演の全部を堪能したかったのは山々だったのですが、ちょうど18時に終了する研修を都内東部に位置する研修会場に入れていまして、絶対に開演に間に合わないことは確定していました。

19時の開演時刻が多少遅れてくれたらなあ、と思っていましたが、あとで聞いたところ、開演時刻は遅れなかったとのことです。そりゃそうですよね、なんたって終了予定時刻が22時と言われていましたから、タイムチャート的に少しの猶予もなかったはずですし。

研修会場からどのルートが一番早いのか、あれこれシミュレーションしながら頑張ってみた結果、全行程を地下鉄乗り継ぎで行くのが良いと判断、明治神宮前から小走りして18時50分頃になんとか会場入り。AXは会場外でも結構音が漏れることもあり、開演後ですが会場外で余っているチケットを求める皆さんもまだたくさんおられました。

僕のチケット整理番号は1500番台。もともと後ろのほうでゆったり見るつもりだったし、結構汗だく&息切れしていたこともあり、すぐには客席には入らず、しばらくロビーで水分補給しながら休んでいました。本編2番手の登場となるTRICERATOPSが始まる前の休憩時間に、客席へ。

確保できた位置は、幸いにも2階席下から釣り下がっているテレビ画面を真正面に見られて、かつ、ステージもほぼ障害物なく見られる最後方で閉鎖中のドア前。ドアとひんやり気持ちいい柱にひっつきながら、荷物も壁に沿って置かせていただき、快適に見せていただきました。

後ろを気にせず盛り上がることもできるしライブレポ向けのメモも書き放題。音も全然悪くなくて、聴きやすい音量で、僕にとっては最高の場所で見せてもらったような気がしています。

STAGE:02/TRICERATOPS

2番手(オープニングアクトを除いてカウントしています)のトライセラトップスからしか見られなかった僕ですが、非常に満足なステージでした。途中参加の僕でもあっという間に追いつきましたよ!そう、飲み会に遅れてやってきた残業野郎が駆けつけ三杯で皆に追いつくのと同じような感じです(笑)。

さらに、KANファンとして注目すべきは2曲目。「この歌をある人に捧げます」と言ってディストーションのかかったギターで聴きなじみのあるイントロを奏でます。

そう、KANさんの「プロポーズ」。KANさんに捧げたのか、それとも別の誰かなのか、それは未だによくわからないんですが、とにかく「捧げた」というだけあり、和田氏の歌も説得力がある聴き応えのある声で、演奏もドラム・ベース・エレキギターの3ピースとは思えないほどの重厚感で、「伝わる」演奏。

正直、まだパイスチュは登場していないのに、涙が溢れてきました。
(ちなみにパイスチュのステージでも涙は溢れなかったのに!)

それだけ、メロウなロックで大変格好良かったんです。「プロポーズ」は様々なアーティストがカバーしていますが、また新しいプロポーズの形が生まれました。FM802でラッキーラクーンナイト2の模様を流すようなことがあれば、ぜひこれは、流していただきたい!と思います。

配置転換&2丁拳銃MC

2丁拳銃のMCも、前回と比べて慣れた感じもして、前回なんとなく漂っていたAWAY感もなく余裕が感じられました。前回は配置転換前に二人は去ったのですが、今回はステージ上の動きで次が誰なのかは容易に予想できる状況にあり、それを見越して場内を整える目的もあるのか、配置転換中もしばらくお二人はステージ上にいらっしゃいました。

そして前回同様、場内は暗転し、休憩タイム兼転換タイム。

おそらくその内容から成田空港だと思われる飛行場の搭乗ロビーの風景SE。蛍光反射板をつけたシルバー色の空港にいるような誘導員や作業員。そのうち一人が赤く光る棒で、飛行機を誘導するようにピアノを誘導。そう、この人はやっぱり【マーシャラー】。ピアノはKANさんがいつも携えているニセグランドピアノかと思っていましたが、今回は本物の生ピアノだったのだそうです。(08/05/29:修正)

前回と同じような位置関係で飛行機(ピアノ)の隣にはギターもセッティング完了。前回は、これに気付いている人は意外と少ないようで、笑ってるお客さんは僕のいた周りにはあまりいらっしゃいませんでしたが、今回はもうみんな知ってますから、ここで多少お客さんが前に押し合うシーンがあり。

でも、先ほども書いたとおり、2丁拳銃のお二人がすぐに整えてくれたため大きな混乱なく。あとでもアナウンスされていましたが、今回のお客さんは協力的で助かった、と森田さんやスタッフの皆さんがおっしゃっていたそうです。

以下、
機長=桜井和寿
チーフパーサー(チーパー)=KAN

でお送りします。

STAGE:03/パイロットとスチュワーデス(KAN+桜井和寿)

パイスチュ登場

まず、舞台右から、黒いワンピースの上に赤いストールをまとったような感じのカルメン系衣装+頭に赤い花をつけたチーフパーサーKANさん登場。場内小爆笑。最初は遠目だったのでどこかの国のスチュワーデス衣装なのかと思ったけど、今回はまったく関係ないということがあとでわかります。スッとピアノに座るチーフパーサー。

最初にチーフパーサーがピアノを華麗に力強く、スペイン情熱的フレーズを弾きまくり。しばらく弾いたあと、Mr.Children「しるし」のイントロのピアノフレーズをキーを変えて弾いたかと思ったら、桜井機長が舞台左から入場。場内大歓声。

機長の衣装は青い闘牛士。帽子もマントもしっかり用意されています。そう、かつて『Pacific Heaven』というライブイベント(2000年開催)でKANさんが身につけていたのも青い闘牛士衣装だったのですが、あれと同じかどうか未確認です。でも、サイズが・・・合うわけないので、別に作ったのかな。

先に演奏曲目をざっとまとめておきます。


▼01.マイウェイ
・ボーカル&ギター:機長
・コーラス&ピアノ&ギター:チーパー

▼02.50年後も(KANカバー)
・ボーカル&ギター:機長
・コーラス&ピアノ:チーパー

▼03.抱きしめたい(Mr.Childrenカバー)
・ボーカル&ピアノ:チーパー
・コーラス&ギター:機長

▼04.いつでも微笑みを(Mr.Childrenカバー)
・ボーカル&ハンドベル:チーパー
・コーラス&ハンドベル&口笛:機長
・口笛&指クラップ:観客

▼05.弾かな語り(パイスチュオリジナル)
・ボーカル&コーラス:機長
・ボーカル&コーラス:チーパー

▼06.永遠(KANカバー)
・ボーカル&ギター&ハーモニカ:機長
・コーラス&ピアノ:チーパー

以降、流れを踏まえながら詳細を。


01.マイウェイ

前奏の流れのままチーフパーサーが「しるし」を歌うのかな?とも思いましたが、そのあと日本語の歌詞で「マイウェイ」を歌い始めた機長。場内また沸きます。桜井機長のリバーブかかりまくりのボーカルで壮大に歌い上げられます。ひょっとしたら2番だけ英語とかいう「恋に落ちて by 小林明子」的パターンだったらさらにカッコ良かったかも?

間奏で機長が帽子をとり、マントを勇ましく脱ぎ去りひらひら舞い踊らせてピアノの上に置きます。ギターを持ち、後半はピアノを弾いていたKANさんもギターに持ち換え、ダブルアコギでジャカジャカジャカジャカかきならしてハモる。カッコエエ。しびれる〜。前回の「いつ帰ってくるの」のようにアレンジのモチーフはどこかにあったのでしょうか?

自己紹介

「機長の桜井です」「チーフパーサーのKANです」と自己紹介し、今回のライブも前回同様、お互いの持ち曲を歌い合うことを宣言し、キメ台詞。

今回のキメ台詞はちょっとバージョンアップしていて、


機長(機):「だってわたしたちは」
チーフパーサー(チ):「あくまでも」
機長(機):「パイロットと」
チ:「スチュワーデス」
機&チ:「なんですけどなにか?オ・レ!!」


と言って二人一斉に右手を上げて、しばらく静止。
そしてその手をゆっくりと下ろす。

そんな感じです(笑)。ステージ中、このキメ台詞&キメポーズは2回しかやってないので、言葉は多少間違ってるかもしれません。

02.50年後も

ギター1本で桜井機長が歌い出します。ピアノのチーフパーサーはスタンバイ。

途中からチーフパーサーのピアノも入ります。そして、この曲で目玉ポイントを挙げるとすれば、通常全編通してハモリが入らない楽曲なんだけれどもチーフパーサーがハモリに入っていること。しかも機長より上のキーで。これが新鮮でした。

そういえば、最後の最後、「本当もう寝ればと」の部分を「いいかげん寝ればと」って歌ってたと思いますが、これは歌詞誤りなのか、敢えて変えてきたのか、大阪参加の方、大阪公演ではどうだったか、ご報告願います。エンディングはいつもライブで聴くことができるピアノ弾き語りバージョンのエンディングに機長のギターが添えられた感じで終了。

それにしても、相変わらず機長はどんなチーフパーサーの曲をも、自分の楽曲に変えちゃいますね。良い意味で♪

03.抱きしめたい

この楽曲はピアノ+ギターで導入。僕のつたない相対音感で記憶の中のオリジナルと比較した結果を敢えて信じるとすれば、キーは下がっていたような(後半転調部分でオリジナルの開始キーと同じになってたかと)。絶対音感はないので、間違っていたらごめんなさい。サビはオリジナルと同様のパートで機長がハモります。

この曲はチーフパーサーに似合わないのかな?と思っていたものですから意外とハマっていたことに驚きました。声の調子も良さそうで、安心しました。2番で入ってくるエレキのフレーズは、機長がエレキギターで奏でていました。間奏で入れてギターソロはパイスチュ用オリジナルかな?

この曲の途中で偶然、光の加減でチーフパーサーのイヤリングが僕から見てキラッと光り、ドキッとしました(笑)。あの衣装でああやってピアノの前に座っているのを見ると、まるでピアノリサイタルに出演する女性ピアニストのようです(笑)。

ハンドベル入場

ここで、舞台袖からハンドベルが置かれたテーブルが登場。本数まで数えていませんが、感覚的に2オクターブ分あったでしょうか。会場は意外な展開にどよめきます。2002年のMr.Childrenのアルバム『IT'S A WONDERFUL WORLD』から『いつでも微笑みを』を選曲。

「ハンドベルのみで歌います」と宣言。場内沸きます。「お客さんにも口笛で参加してもらいたい」と言って、チーフパーサーが口笛パートの見本を示そうとします。しかし、音量も出ずにスースー言ってるだけで全く見本にならない(笑)。場内大爆笑。それを見かねた機長が見本として吹く。もちろん上手く吹けます。さすが。というネタ(笑)。

そして本格的に口笛フレーズをお客さんと練習してみるんですが、客からの音があまり聞こえない様子で(実際最初は僕もあまり聴こえなかったです)、「どうなんでしょう?」と心配気味なチーフパーサー。でも、もう一度練習したら概ね上手くいったため、そのまま計画通り続行することに。

チーフパーサーの指示で、左右上部に格子状に”ツベルクリン反応”のように配置された9つの電球を持つ照明があるのですが、それを指して、「お客さんはあの”サイコロの9”の照明を合図に口笛を吹いてください」と指示。場内失笑(笑)。サイコロの9ってなんやねん、と(笑)。

あと、ハンドクラップの指示もあったのですが、音があまり大きすぎると口笛がかき消されて聞こえなくなるので、最終的にフィンガークラップを使うように指示。検討途中段階では4本指で静かに拍手してる機長が居て、チーフパーサーからツッコミを受けてました(笑)。

そしてようやく演奏開始。

04.いつでも微笑みを

ドキドキしながら聴いていました。お二人で両手を駆使しながら鳴らすハンドベル。当然ハンドベル振りながら歌ってるわけですよ。必死な様子がひしひし伝わってきました。あまりに必至な様子に、僕は歌をあんまり聞いてなかったかも(笑)

それにしてもよく短い期間で練習してあそこまで仕上げたなあ、と感動。途中で何度も「サイコロの9」が光り、客席から綺麗な口笛。後半はここに機長が口笛でハモリを入れます。うわ〜、すごい一体感だあ。

でも最後はネタを欠かさないんです。

エンディング、機長とチーフパーサーはそれぞれ左右を向いて背中を向け、最後にチャラチャラチャラ〜と鳴らしていたハンドベル2つを各々の両胸に立てるように持って、おっぱいに被せるようなポーズ。あんなに場内も見ているだけで必死になってしまってたのに、緊張の糸が切れて、拍手と歓声がより増していました。

チーフパーサーは、曲が終わったあと、こういうアクションを前回以上に恥らいなくこなしてしまう機長のことをたいへん誉めていました(笑)。そして、大声援の後、「口笛に助けられた」とお礼もされていました。

05.弾かな語り

前回の「LuckyRaccoonNight Vol.1」ではパイスチュパート最後の曲として演奏された2人による完全オリジナルアカペラ楽曲。今回は機長が、「僕の憧れの全てです(笑)」と説明した上で、歌詞の内容の説明を始めます。

とあるミュージシャンのお話で、本名は知らないけど源氏名を知っている女性の家に訪れて、「何か歌って」と言われるも、楽器がないからどうしよう、という歌である。ここまでは前回と同じ説明。前回は「ゆずの悠仁さんの実話」と言ってたのですが、今回は「レミオロメンの実話です」と言ってました(笑)。大阪では誰の実話になるんでしょう?

まず、ハンドベルで歌いだしのキーを確認したあと、久しぶりに二人の息の合ったハーモニーが始まります。前回よりも落ち着いているように感じたのは、聴いている側も慣れてしまっているからなのかもしれません。「アヘアヘハ、ウヒハアヘアヘ」とか言ってても、お客さんもくすっと笑う程度なんですよ。

もう、そういう楽曲として成立しちゃってるんで、むしろ安心するというか。相変わらずよかったです。

あと、前回と変わっている点で気づいたのは、歌詞が「アエイエオ」のところが「アエイウエオ」って「ウ」が増えていたのと、後半の、「胸はドキドキ」と「喉はカラカラ」のときに足をジタバタさせながら腰を揺らすアクションが追加されていました。

06.永遠

「時の経つのも早いもので最後の曲です」と切り出し、会場からお決まりのように「えぇ〜?!」の声。機長が、「短い時間でしたが、(こんな衣装が)永遠に記憶に残って・・・いいのかな?(笑)」と笑いを誘っていました。

曲はチーフパーサーのピアノ1本をバックに機長が歌いだします。「もし僕が君と出会わなかったら 僕たちはどんな二人だったでしょうね・・・」と入るこの歌詞、機長がチーフパーサーに歌っている歌詞だと理解すると、とても微妙に哀愁漂う奥深い楽曲になり、複雑な心境に陥ります(笑)。「あ〜、君が笑ってる〜」。「あ〜、僕に笑ってる〜」。きゃあ。

途中から機長のギターストロークが「ジャンジャカジャカ・・・」と入ります。この瞬間、「あれ?この感じ、どこかで聞いたことあるぞ?」と思ったのですが、かつてFM802で機長とチーフパーサーが週替わりでDJしていた番組『MUSIC GUMBO』で二人が作った「ノルウェーの森」。あれに似た感じの3拍子スタイルなんだと気がつきました。

間奏では機長がハーモニカも入れてました。

オリジナルと異なるところとしてさらにあげるとすれば、サビ前に余分に1小節足して「ジャンジャッ!」とキメを入れてたのがとてもカッコよかったこと、そして、2コーラス目からはKANさんがコーラスを入れてくることです。この楽曲も通常ハモリなんて入らないから、とても新鮮で感動的な仕上がりになっていました。

エンディングの「とまれとなりに永遠に 僕はいるから」の部分では、機長が「とまれとなりに永遠に 僕は〜・・・(ブレイク)、僕が〜いる〜から〜」と、微妙に助詞を変えて繰り返していたのも、粋な計らいでした。

最後は、やはり、この自己紹介で終了。


チーフパーサー(チ):「ありがとうございました、次は、トータス松本 with John.B's Blues Hearts Club Band + 菅原龍平です!」(かなり長くて言いにくそうにしながら)

機長(機):「だってわたしたちは」
チーフパーサー(チ):「あくまでも」
機長(機):「パイロットと」
チ:「スチュワーデス」
機&チ:「なんですけどなにか?オ・レ!!」


と言ってやっぱり二人一斉に右手を上げて、しばらく静止。
そしてその手をゆっくりと下ろす。(セリフはうろ覚えなのでやっぱり間違えているかも)

大歓声のなか、今回もパイロットとスチュワーデスは、可憐に去っていくのでした。

STAGE:04/トータス松本 with John.B's Blues Hearts Club Band + 菅原龍平(Milco)

前回はなんとなく、パイスチュのネタと会場の雰囲気の持っていき方に嫉妬した風に見せた感じが表に出てて、アウェイ感をむしろネタにして楽しんでたように記憶しているのですが、今回は間違いなく当時よりも客席の心を鷲掴み。

ノリもすごく良くて、バンドの雰囲気や僕や僕よりちょっと上の世代のツボにハマってて、マシュマロ頬張りながら歌ったりマシュマロを客席に投げまくってたりして、超カッコよかったし、好感度も高かったです。

トータス氏と菅原氏が交替しながらボーカルをとってメリハリのあるステージ。『DOWN TOWN(シュガーベイブ)』や『恋するカレン(大滝詠一)』、『時の過ぎゆくままに(沢田研二)』・・・、70年代のブルースにロックにポップスに、とても乙な選曲でした。

まさか、最後が『また逢う日まで(尾崎紀世彦)』とは。あんなにハイスピードな「また逢う日まで」は生れて初めてでした。

STAGE:05/全員でアンコール

前回は3曲ありましたが、今回は『ええねん』1曲オンリー全員で大盛り上がり。トータス氏本人はこの楽曲を最後にやることに躊躇しかかっていたそうですが、すごいよかったですよ!最後のほうはマイクを譲り合いながら交代で「〜〜〜〜でもええねん」の部分を好き勝手に思い思いに当てはめて叫びまくる。見てるこっちも気持ちよかったです。

なんかやるだろな〜と思っていたら、やっぱり、機長とチーフパーサーが「何も着なくてもええねん」とか「ブラジャーつけてもええねん」とか言ってたり、ヨーデルをうたってたりしたのは、さすが(笑)。

終演は予定通りの22時。とても時間管理がしっかりされた、そして、ライブハウスでのこういったイベントなのに大きな混乱もなく盛り上がることができた、今回も大変満足のいくイベントでした。

帰りにはチケットを譲っていただいた友人や別でチケットを譲っていただいた方にもごあいさつ&お礼することができて、よかったです。本当にお世話になりました、ありがとうございましたm(_ _)m

グッズ的な話

僕は開演後にゆっくり来たわけですから、会場内のグッズ売り場には当然だれも並んでいませんでした。なので、客席に向かう前に、先に買うものを買ってしまいました。写真のタオルマフラー。

LRN22
LRN22 posted by (C)SEI

で、Tシャツは荷物的にまだ購入していないのですが、今回もちゃんと出演者の名前が入っているため、購入予定です。

おわりに

今回も、とりあえずアップするべく書きなぐりましたが、前回同様、脳裏にまだいろいろと書きたいことが残っているんじゃないかと探している自分がいますので、別途追記するような気がしますが、ひとまず今回のライブレポートはここまでです(→前回のコメントとほとんど同じですがな)。

残念ながら参加できなかった皆さんにも想像できるような書きっぷりになっているかどうか、相変わらず怪しいですが。次回の「LuckyRaccoon」では森田さんのほか、参加者の皆さんもいろんな視点でこのライブを振りかぶってくださることは間違いないので、楽しみですし、きっと、きっと、FM802で大阪公演の模様が録音されているものからオンエアされることを期待しているのであります。

でも、まず、この素晴らしいライブを、今回妊娠しているために残念ながら参加できなかった妻のため、そして、残念ながらチケットが手配できずに参加できなかったという主にKANさんファンの皆さんのために、文字に起こしてみましたので、お見苦しい点が多々あるかとおもいます。お許しください。

そして、最後まで読破していただけた皆さん、乱筆乱文にて本当に失礼しましたが、ありがとうございました。

また、このブログ以外にも今後たくさんの『ラッキーラクーンナイト2』についてのレポートが掲載されると思います。そういうサイトやブログを、以下のソーシャルブックマークにて蓄積していこうと思っていますので、ご利用ください。

kan-informationのブックマーク/[LRN2]
http://b.hatena.ne.jp/kan-information/?word=%5BLRN2%5D

他にこんな記事もいかがでしょう





【CM】目指せKAN関連商品コンプリート!

SEIのオススメKANミュージック
SEIのオススメKANミュージック
AmazonにおけるKAN関連商品を
ミュージック、DVD、本(楽譜を含む)、ビデオ
のカテゴリに分けて抽出しています。
既に絶版していても中古商品として
掘り出しモノが見つかるかも?!


コメントはTwitter及びFacebookにて受け付けています


   Copyright (c) 1996-2016 Sei KAITANI (SEI) All rights reserved.