Architect of Music Architect of Music モバイル版Architect of Music COUNTER

メインメニュー (サイトマップ)




−クリックすると概要を表示−

5月頭くらいからは、
音楽朝練にて、もっぱらKANさんの
「英語でゴメン」
を練習しまくっています。

もうG氏の結婚披露パーティー本番は終わったから練習不要だって?確かにそうなんですが、せっかく自分でピアノアレンジし、練習しまくり、人前で演奏したので、何らかの形に残そうと思いまして。

で、録音するにあたって、今回は逃げも隠れもせず、OKテイクのつなぎ合わせとかはせずに、「間違えないで最初から最後まで演奏しきったら100万円方式」で頑張ろうとしています。

しかしまあ、なんですねえ。間違えないで最初から最後まで演奏することを久しく必要としていなかったのもありますが、何度やってもどこかでミスターチルドレンじゃなくてミスタッチするんです。

毎朝通勤前の朝練約30分間で「アイドリング運転→各楽節おさらい→通し一発録音」の流れでやってるんですけど、各楽節おさらいまではノーミス演奏できるのに、録音ときたらどこかでやらかす。

僕がやりたいのは、曲が終わるギリギリでの悔しいミスタッチなんかじゃなく、曲が終わってノンミスの嬉しいハイタッチなんです。早朝なんでハイタッチする相手なんて全く居ませんけども(笑)

それでも僕はノンミスハイタッチを目指し朝練を続けます。ノンミスで曲の終盤にさしかかったあたりで感じるプレッシャーが絶妙に目覚めに良く、この長い道のりも楽しんでいる自分が居ます(笑)

「毎朝毎朝僕らは鍵盤の上で疲れて・・・イヤになんないよ!」

いつかまた、完成した暁には、こちらで掲載させていただきます。

他にこんな記事もいかがでしょう




【CM】AmazonでKAN関連商品をチェック!




コメントはTwitter及びFacebookにて受け付けています


   Copyright (c) 1996-2016 Sei KAITANI (SEI) All rights reserved.