Architect of Music Architect of Music モバイル版Architect of Music COUNTER

メインメニュー (サイトマップ)




−クリックすると概要を表示−

すみません・・・。

本当ならば、今日からKANさんの『弾き語りばったり#7 〜ウルトラタブン〜』
の新潟公演のレポートを徐々に徐々に書き進めていくつもりだったのですが、

公演の内容を脳裏に焼き付けるには記憶力に乏しい僕が
公演の内容を紙裏に書き付けたものを紛失しかかりまして、
散々探しまわっていたのですが、
結局もともと入れたと思った場所に入っていたらしく、
さきほど無事に発見しました。

真面目に焦りました。
脳裏に焼き付いたものも多くはありますが、
それを思い起こすためのきっかけは、あのメモ紙なもので・・・。

というわけで、今日もひとつとしてネタバレはありません、
申し訳ありません。

お詫びにというかなんというか、ひとつだけKANさん的な話をすると、

6月29日、真野恵里菜さんのお披露目握手会イベントにて発表された、
KANさんが作詞作曲にて楽曲提供した
「マノピアノ」

インディーズリリースなので販売範囲がとてつもなく絞られるのかと
思っていたら、iTunes Music Storeでも同時発売ってことだったので、
インストトラックも含め2曲とも購入しました。
(CDなら800円なのですが、iTMSなら2曲で400円と割安です。)

感想はまたのちのち書いてみたいとは思いますが、
これはなかなか、楽曲的には面白いんですよ。
なかなかサビに入ってから?T度のメジャーコードに着地しない感じで、
そのまま、ピアノフレーズがKANさんらしく特徴的な間奏に入っても、
その不安な感じをさらに駆り立てていて。

で、真野さんの必ずしも「素晴らしく上手」とは言えない歌唱ながら、
どこか不安な感じが曲調にマッチ・・・マッチというか溶けようとしているというか。
そんな雰囲気が、初々しい感じを飾ってます。

不安な感じが先行して頭の中に入ってくることだけは確かなので、
是非、1回聴くだけじゃなく、何度も何度も聴きなおしてみてください。
何度も聴いていると、不思議と、
慣れてきて感じ方が変わってくると思います。

というわけで、次の記事以降、
KANさんのライブについてネタバレレポートを仕込んできますので、
見捨てないでくださいm(__)m

他にこんな記事もいかがでしょう





【CM】目指せKAN関連商品コンプリート!

SEIのオススメKANミュージック
SEIのオススメKANミュージック
AmazonにおけるKAN関連商品を
ミュージック、DVD、本(楽譜を含む)、ビデオ
のカテゴリに分けて抽出しています。
既に絶版していても中古商品として
掘り出しモノが見つかるかも?!


コメントはTwitter及びFacebookにて受け付けています


   Copyright (c) 1996-2016 Sei KAITANI (SEI) All rights reserved.