Architect of Music Architect of Music モバイル版Architect of Music COUNTER

メインメニュー (サイトマップ)




−クリックすると概要を表示−

KANさんの本物のアーティスト風活動『弾き語りばったり#7 〜ウルトラタブン〜』を見て、新潟公演で書いた1枚の小さなメモと微かな記憶だけを頼りに、ひたすら思い出せる限りのことを絞り出していこうという素数展開のシリーズ。今回はその第6弾の「#11」です。

もはや僕が次に観る予定の東京公演2日目(7/13)までに書き終わらないような気がしてならない今日子の五郎ですが、そんなこともお構いナシに書き殴り続けます。

相変わらず私見で長ったらしい文章で申し訳ありませんが、お付き合いいただけますようお願いしますm(__)m

【注意】この先にはネタばれを含む表現がありますので、各自のご判断でご覧下さい。ライブに参加するまで内容を知りたくないという方は、ご覧にならないようお願いします。

続きを読む "KAN『弾き語りばったり#7』ライブレポート書き殴りばったり#11"

他にこんな記事もいかがでしょう





【CM】目指せKAN関連商品コンプリート!

SEIのオススメKANミュージック
SEIのオススメKANミュージック
AmazonにおけるKAN関連商品を
ミュージック、DVD、本(楽譜を含む)、ビデオ
のカテゴリに分けて抽出しています。
既に絶版していても中古商品として
掘り出しモノが見つかるかも?!


06.プロポーズ

「次の曲は、最もカバーされた楽曲です。といっても3人くらいですが。」と紹介。森田恭子さんの雑誌「LuckyRaccoon」の説明をした上で、その雑誌主催のライブイベント「ラッキーラクーンナイト2」でトライセラトップスが「プロポーズ」をカバーしたことに触れました。自分の楽曲が他人に演奏されるのを目の前で聴いたことが貴重な経験だったというようなことを言ったあと、「張本人が演奏するとどうなるのでしょう?」といって小さく笑いをとって演奏開始。

あ、カバーといえば、全然ライブとは関係ないんですけど、昨日、日テレ系でタイアップが盛んなユニット「LauLa」が「愛は勝つ」をカバーするようなことが掲載されていました。ウクレレをフィーチャーしたバンドにより、どのようなアレンジがなされるのか、気になります。

さて、話は元に戻ります。ベストアルバム「IDEAS」にはちょっと大人びた新録バージョンが収録されていますが、もちろん今回はピアノ弾き語り。そこまで大人びたアレンジというわけではなく、「弾き語りばったり#3 新春シャンションショー(×3)」のアンコールで演奏したものを更に抑揚的な演奏に仕立てているように聴こえました。

「アルトサキソフォンを〜♪」のところでブレイクが入っていたのが印象的でした。また、オリジナルでは同じフレーズを繰り返してフェードアウトしながらエンディングとなるのですが、今回は、オリジナルにもIDEAS新録バージョンにもない、印象的なピアノのフレーズを奏でて終了。

ところが、感動的な演奏に拍手が響き渡ったあと、まさかこの曲をネタにしてトークが繰り広げられるとは。

KANさんはバンドライブのときはニセピアノの上にわりとコッソリと歌詞を書いた紙を並べて置いています。黒地に小さな黄色の字で印刷されています。ところが、弾き語りばったりのときは、歌詞を書いたA4の紙を客席からもはっきりわかるように置いています。

これについて、「本当は格好悪いことなんですが」とした上で、「(ごまかしがきく)バンドライブとは違って、歌詞が飛んでしまうわけには行かないため」、歌詞カードを置いているという説明します。「(いくら一生懸命覚えた歌詞でも)・・・頭が真っ白・・・頭が真っ白・・・(と、某船場※兆取締役の真似でささやくように)、頭が真っ白になることがあるんです。」

今回の時事ネタ(別に恒例でもなんでもないんですけど)はこんな感じ。会場のクスクス笑いをとっていました。

また、もう一つの理由として、歌詞候補にしていた別の歌詞をうっかり歌ってしまうことを防止するためだとも説明していました。KANさんは1つの曲に対していろんなパターンの歌詞をつけることを考えていて・・・、ここまでは多分正しいのですが、「プロポーズ」についても、別の歌詞を候補として付けていたのだといい、その歌詞を歌いだします。

(原曲の歌詞)
そして君の話を全部きこう
まとまりはなくてもいい
ゆっくりでいいからさ
ほら少しは楽になってきたろう

(別候補の歌詞)
そして君の鼻毛を全部抜こう → 会場(笑)
まとまりはなくてもいい → 光景を想像してさらに(笑)
ゆっくりでいいからさ → 引き続き光景を想像してさらに(笑)
ほら少しは楽になってきたろう → トドメの(笑)

この2つのどちらを選ぼうか悩んだそうで、最終的に「鼻毛」ではなく「話」になったとのこと(絶対嘘)。それだけじゃなく、「ゆっくりでいいからさ」を、「一気に抜くからさ」と、字足らず気味にも歌ったりしていました。

まあ実際本当にそういう別歌詞っていうのは存在するとは思いますが、笑わせてもらいました。

ちなみに、僕にとって、この曲はもう一つ困ったことがあって。原曲よりもライブでこの曲を聴いていると特にそう思っちゃうことが多いのですが、せっかく優しく感動的な場面なのに、「ほら少しは楽になってきたろう」が、「ほら少しは楽になって鬼太郎」と認識してしまってしかたがない、という(笑)。あんまりそういう人は居ないかと思いますが・・・^^;




はい、今日はここまでで時間切れです。まだ曲数的には半分も行ってないのですが、まだまだちまちまと続きます。もうしばらくお付き合いくださいませ。次回は第7弾の「書き殴りばったり#13」でお会いしましょう。

コメントはTwitter及びFacebookにて受け付けています


   Copyright (c) 1996-2016 Sei KAITANI (SEI) All rights reserved.