Architect of Music Architect of Music モバイル版Architect of Music COUNTER

メインメニュー (サイトマップ)




−クリックすると概要を表示−

Shibuya O-EastでKANさんの「弾き語りばったり#7 〜ウルトラタブン〜」東京公演2日目を終え、友人の誕生日をお祝いしてから、帰宅したばかりです(現在7/14 0:30)。本日参加した皆様、お疲れ様でした!

第9弾の#19までたどり着いたライブレポートは、あと2回くらい書けばウルトラたぶん完成するのですが、今日の東京公演を観てさらに書き足したいことがいろいろと出来てきたので、ひょっとしたら延長戦を余儀なくされるかもしれません^^;

とにもかくにも、自称「KANファンサイト」としてマイペースにやってきた「Architect of Music」(=AoM)も、本日で丸12周年を迎えることができました。変わらずご愛顧いただいているみなさま、ありがとうございます。

昨年のAoM11周年を振りかぶってみると、あの、まさかの台風によって中止となり、行けなくなってしまった「ap bank fes ’07」のお話でいっぱいいっぱいになっていました。今年の「ap bank fes ’08」は、僕は残念ながら参加できませんが、CSフジテレビ721の放送やたぶん発売されるであろうDVDなどで楽しませていただきたいと思います。

12年前、このサイトが小さな産声をあげ、まだ当時はKANさんの話は掲示板で語る程度で、コーナー化まではあまりしていなくて、「POP THE MUSIC」の真似事をやっていた程度でした。そして、10年前の1998年、大阪南港でのイベントにKANさんが出演するのを契機に、KAN-ML(KANメーリングリスト)のオフ会幹事をやらせていただいてから、急速にKANさんのファンサイトとしての性格が強くなり、すっ飛ばして今に至ります(すっ飛ばしすぎ)。12年ってことは、小学校入学から高校卒業まで、6・3・3で12年、コイズミ学習机です。干支だって1周しちゃってるわけです。よく考えてみると、えらいことなんです。ウルトラタブン。

その間に、実に多くの方とお知り合いにならせていただいて、もう知り合って10年になる方もいらっしゃいます。当時みんな学生とかでした。今でもずっと仲良くさせていただいていて、それはそれは「感謝」の2文字では感謝しきれないほどの気持ちです。また一方では、最近お知り合いにならせていただいた方も結構いらっしゃって、つながりがまた増え拡がっている傾向にあり、本当に幸せ者です。毎日全方向全方角に足を向けて寝られない状況です(笑)。

KANさんが音楽活動を続けている限り、そして、僕がKANさんファンを続けている限り、この大切なつながりが絶えることはないと思っています。次の素数である「13周年」に向け、さらにマイペースでやっていきたいと思いますので、今後とも、なにとぞよろしくお願い致します。

そういえば、JASRACの許可を得たまま放置し続けていますが、いい加減、ネットラジオも再開しないとですね〜。

他にこんな記事もいかがでしょう




【CM】AmazonでKAN関連商品をチェック!




コメントはTwitter及びFacebookにて受け付けています


   Copyright (c) 1996-2019 Sei KAITANI (SEI) All rights reserved.