Architect of Music Architect of Music モバイル版Architect of Music COUNTER

メインメニュー (サイトマップ)




−クリックすると概要を表示−

ピアノレッスンのコントに笑う

KANさんのオフィシャルサイトによると、
『音楽と人』11月号(2008年10月4日発売)の中で、
「秦基博のチャレンジ学習帳」に対談記事掲載、
とのことでしたのでようやくチェック。


音楽と人 2008年 11月号 [雑誌]
発売元: USEN
価格: ¥ 690
発売日: 2008/10/04
posted with Socialtunes at 2008/10/08


秦基博さんといえば、かつてKANさんの「君が好き胸が痛い」
を良曲として紹介したこともある
し、
今回のこのコーナーでも「君が好き胸が痛い」を好きだと
言ってました。
KANさんはここでもしっかり、
『最後まで「君が好き胸が見たい」にしようか迷った』
とスットボケてました(笑)。

なんでも、
秦基博さんはピアノは全く弾けないらしく、
KANさんにいちから教わるという企画。

サイトには【対談】と書いてありましたが、
あれは対談じゃなくてピアノの先生と生徒を演じた

コント

でした(笑)。

教え方そのものはスパルタ。
楽譜も追えないし、指1本でしか弾けない秦さんに、
両手で課題曲を弾かせながら喋らせてるし(笑)。

ひとつひとつの先生と生徒のやりとりが
いちいちめちゃ笑えます。

しかも最後はやっぱりそうきたか、という
「落ち着き」・・・じゃなくて、「オチ付」で。

ライブレポが進まない理由

そう、なかなか進まないというのは
ラッキーラクーンナイト3のライブレポートのことです。

書き上げる意志はあります。あるんです。
1文ずつでもいいから、書き進めていかないと、
本当に忘れてしまうぞ、わし。

進まない理由は、ただ一つ。

いつもは毎朝6時に起床して、
6時45分から7時15分に行っている
音楽朝練の時間を利用して
ライブレポートを書きあげるのですが、

最近その時間帯は、溜め込んだ
週刊マイミュージックスタジオをこなしていくのが
楽しくて楽しくて、毎日そっちに没頭しているため、
ライブレポートを書いている場合ではないからです(おい)

今までずっと我流の操作で曲作りしてたことを
正直後悔しちゃっています(笑)
ほんまいろいろと勉強になります。やっててよかった公文式(違)。

週刊マイミュージックスタジオを完遂して、
(80号くらいまであるらしい)
次に作る楽曲は、
相当パワーアッペしていることと思います。
いや、これだけ投資してるんだから、
相当パワーアッペしてくれなきゃ困ります(笑)

が、がんばりますっ!

もちろん、ライブレポートも、その後がんばります。

他にこんな記事もいかがでしょう





【CM】目指せKAN関連商品コンプリート!

SEIのオススメKANミュージック
SEIのオススメKANミュージック
AmazonにおけるKAN関連商品を
ミュージック、DVD、本(楽譜を含む)、ビデオ
のカテゴリに分けて抽出しています。
既に絶版していても中古商品として
掘り出しモノが見つかるかも?!


コメントはTwitter及びFacebookにて受け付けています


   Copyright (c) 1996-2016 Sei KAITANI (SEI) All rights reserved.