Architect of Music Architect of Music モバイル版Architect of Music COUNTER

メインメニュー (サイトマップ)




−クリックすると概要を表示−

今日のミュージックフェア(10月からタイトルから「21」が取れたらしい)は、
僕の好きなアーティストが勢ぞろいしてて、個人的に超贅沢なMFになってました。


MUSIC FAIR 21 - フジテレビ【e】
http://www.fujitv.co.jp/MUSICFAIR/

(ここから引用)

08/10/18 藤井フミヤ / 槇原敬之 / RAG FAIR / いきものがかり

【ゲスト】
藤井フミヤ
槇原敬之
RAG FAIR
いきものがかり

M1「世界に一つだけの花」
作詞/作曲:槇原敬之
オリジナル:SMAP(2003)
唄:ALL GUESTS

M2「プラネタリウム」
作詞/作曲:水野良樹
オリジナル:いきものがかり(2008)
唄:いきものがかり

M3「Let's ハーモニー」
作詞:引地洋輔/作曲:宮川彬良、RAG FAIR
オリジナル:RAG FAIR(2008)
唄:RAG FAIR

M4「君の後ろ姿」
作詞/作曲:槇原敬之
オリジナル:槇原敬之(2008)
唄:槇原敬之

M5「着メロ」
作詞/作曲:槇原敬之
オリジナル:藤井フミヤ(2008)
唄:藤井フミヤ×槇原敬之×藤井尚之

(ここまで引用)


しょっぱなっから、「世界に一つだけの花」のセッション。

小学生時代にチェッカーズを聴きまくり、
高校生時代に槇原敬之を聴きまくり、
奥さんの影響でRAG FAIRを聴きまくり、
最近のお気に入りでいきものがかりを聴きまくり。

この4組のアーティストがまとめてセッションですよ。
贅沢すぎる。
この組み合わせは普通見られん。きくちPありがとうございますm(__)m

そうそう、藤井フミヤ氏と土屋礼央氏が並んでたので、
ようやくちゃんとここに書こうと思いますが、
RAG FAIRが世に広まってきたとき、
「この2人、歌い方(声質というより技術的な話ですが)が
すごい似てるな〜」って思ってたんです。

特に初期のRAG FAIRと初期のチェッカーズのときの
二人の歌い方に、すごい近似的なものを感じてたんです。

それから時がたち、多少ベクトルが変わってきながらも、
ベースとなっている声のしゃくりあげ方とかがやっぱり似てる。
そう感じたのでした。

でも、礼央氏は確か「涙のリクエスト」をRAG FAIRで
カバーしたことはありながらも、原曲はあまり知らないって
言ってた記憶が。確かに世代が違うんよね、微妙に。

槇原敬之氏も楽しそうでしたね〜。
最近新曲が出てもあまり聴きこんでいなかったのですが、
「君の後ろ姿」はとても懐かしい感じがしました。

いきものがかりは相変わらずキャッチーなメロディーを
作ってて、僕のストライクゾーンを抉ってきます。
テンションコードに乗せるメロディーが絶妙なんですよね。
そしてそのテンションコードの頻度も絶妙で。くどくなくて。

藤井フミヤ氏は、KANさんと同い年とは信じられないくらい、
若い。若すぎる。年取らないですよね。
KANさんと藤井フミヤ氏は、
音楽的にはどちらも好きなアーティストですが、
ルックス的なこと言うと、ある意味一緒に並んで欲しくないかも(笑)。

他にこんな記事もいかがでしょう





【CM】目指せKAN関連商品コンプリート!

SEIのオススメKANミュージック
SEIのオススメKANミュージック
AmazonにおけるKAN関連商品を
ミュージック、DVD、本(楽譜を含む)、ビデオ
のカテゴリに分けて抽出しています。
既に絶版していても中古商品として
掘り出しモノが見つかるかも?!


コメントはTwitter及びFacebookにて受け付けています


   Copyright (c) 1996-2016 Sei KAITANI (SEI) All rights reserved.