Architect of Music Architect of Music モバイル版Architect of Music COUNTER

メインメニュー (サイトマップ)




−クリックすると概要を表示−

WOWOW無料15日間お試しをこのタイミングで使って、
KANさんが出演した『シャ乱Q結成20周年記念LIVE』の模様を
観ることができました。

参加されたみなさんのライブレポートを読んでいると、
実際のライブは全体にもっとアイドル歌番組っぽい感じになっていたというので、
OAでももっとアイドルユニットだらけの番組になるかと想像していたら、
セットリストと見比べてみると、ハロプロ系の楽曲はかなりカットされているようでした。
真野恵里菜さんの「マノピアノ」がカットされていたのはちょっと惜しかったかな。
でも、シャ乱Qの温かいヒット曲を満載にしてくれたので、
大変いいバランスに仕上がっていて、よかったです^^。

結構シャ乱Qの曲は好きなのが多くて、
そもそも奥さんがファンやってましたから、CDもそろってて^^。
で、僕が一番好きなシャ乱Qの曲は『空を見なよ』。
なんとアンコールのエンディングで演奏されました。
すごい良かったです♪
でもほとんどのシャ乱Qの楽曲はキーが下げられていました。
まあ、これはきっとしょうがないんですよね。

ちなみに、番組を観るまで知らなかったのですが、
光田健一さんもサポートキーボーディストとして参加されてました。

ライブ全体の印象はさくっとそんな感じで、
中心となるのはKANさんの出演OA部分にクローズアッペ。

ちなみに、番組ではいろんなトークがカットされていることを
ご了承ください。

KAN登場

つんく♂+黒沢健一で『KNOCKIN' ON YOUR DOOR』を演奏した後、
KANさんを呼び込みます。

すでに笑いながら登場。本人が金曜コラムで曰く「ヤング・ジョンのヅラ」を被って
「ビートルズ武道館公演初日の衣裳と酷似したスーツ」に
赤いシャツ、そして、高橋諭一さんに借りた
「ジョン・レノンが武道館で演奏したものと同じ【Epiphone Casino】」を
かなり高い位置で抱えながら。そして通訳役を連れて(笑)。


<K>This is John Lennon. I'm comming back after 42 years in Budokan. Hello Japan.
<通>日本の皆さんこんにちは、ジョンレノンです。42年ぶりに日本に帰ってまいりました。

<K>Congratulation of the 20th anniversary of SHARAM Q, I have congratulation.
<通>シャ乱Qの皆さん20周年おめでとうございます。

<つ>・・・KANさんですよね?

<K>No, No, I'm John Lennon.

<つ>日本語わかってますよね?

<K>Oh...I'm Zenzenwakarimasen !
(いや、ぜんぜんわかりません)

(一同、(笑))→ここで多分内容カットされてます

<K>So, I'd like to sing a song of The Beatles.
<通>私はこれからビートルズの曲を歌いたいと思います。

<K>Just to say, I was singing at Budokan in 1966.
<通>66年この舞台で歌った歌を歌いたいと思います。

<K>This song is called "Nowhere Man".
<通>「ひとりぼっちのあいつ」です。

<K>One, two, three, four...(カウント)
<通>いち、に、さん、し・・・

<つ>それも訳すの!?(笑)それいらんやろ?!入られへんやん!

<K>He is translating for Japanese, for Japanese!
(彼は日本語に翻訳してくれているんですよ!)

<つ>それはいらんのんちゃんの?(笑)

<K>This song is called "Nowhere Man".
<通>「ひとりぼっちのあいつ」です。

<つ>もっかいやんねや(笑)

<K>One, two, three, four...
<通>One, two, three, four...


つんく♂+KAN+黒沢健一『Nowhere Man』

3人でギター弾きながら並んで歌うスタイル。
KANさんは「BAD LOOKS」でビートルズのカバーを
やったときのような成り切りっぷりでした(^^)。
きっちりビートルズサウンドが再現されてました。

演奏が終わると、すぐにKANさんはギターを肩から外し、
被っていた「ヤング・ジョン」ヅラをギターのヘッド部分にひっかけて
スタッフに持ってってもらってました。


<つ>ヅラとるんですね(笑)

<つ>カウントまで日本語に訳すとは思いませんでしたね

<K>あの・・・改めまして、KANです、よろしくお願いします。(礼)

(歓声)

<つ>いや〜、歌ってくれますよ、KANさんが。

<K>なんかね・・・、ありがとうございます。いや、できればね、℃-uteの歌かなんか歌いたかったんですけどね

(歓声)

<K>ちょっとね、ほら、すごい、その声援は僕に対して失礼じゃないですか?(笑)

(会場・笑)


そんなこんなで「大ヒットナンバー」と曲紹介があり、「愛は勝つ」へ。

KAN+つんく♂+黒沢健一『愛は勝つ』

いわゆるスタンダードアレンジのストレートな「愛は勝つ」でしたが、
一つだけ特筆するとすれば、サンプリングや音源を使わず、
生声での「Oh〜」のコーラスはひっさしぶりに聴いたような気がします。
やっぱりこれをコーラスで最後までやりきるのは大変なんだということを
実感しました。後半、コーラスをやっている全員の声がかなりくたびれてました(笑)。
グリッサンド前の「はるばるきたぜ函館へ〜」も健在でした!

で、赤いシャツきてあの髪型で歌うKANさんを見ていると、
なんだか「ルパン三世」がかぶって見えました(笑)。

そんな感じで、KANさん部分に特化しましたが、
WOWOW『シャ乱Q結成20周年記念LIVE』ライブ抜粋OAの様子でした。

・・・あ、そうそう、KANさんの英語部分は耳コピーなので、
間違っていたらごめんなさいm(__)m

他にこんな記事もいかがでしょう





【CM】目指せKAN関連商品コンプリート!

SEIのオススメKANミュージック
SEIのオススメKANミュージック
AmazonにおけるKAN関連商品を
ミュージック、DVD、本(楽譜を含む)、ビデオ
のカテゴリに分けて抽出しています。
既に絶版していても中古商品として
掘り出しモノが見つかるかも?!


コメントはTwitter及びFacebookにて受け付けています


   Copyright (c) 1996-2016 Sei KAITANI (SEI) All rights reserved.