Architect of Music Architect of Music モバイル版Architect of Music COUNTER

メインメニュー (サイトマップ)




−クリックすると概要を表示−

たっくんを抱っこしてあやすときは、
大抵左腕に頭を乗せ、右腕を添える感じ。

左腕は筋肉痛になるほど鍛えられます。
と、じゃあ右腕は?ってことに気づき。

う〜ん、右腕を無駄にしない方法、なにかないか?
そんなとき、Wiiウェアに『レッツキャッチ』なる
ソフトが配信されたことに気づきました。

Wiiは基本的に片手で遊べるゲーム機だとはいえ、
たいていポインタ操作はちゃんと画面見ながら細かく
操作することになるので、抱っこしてあやす動作が
おぼつかなくなってしまいます。
(抱っこしながらゲームするなというご指摘はまあおいといて)

でも、『レッツキャッチ』なら、
基本的に細かいコントロールなしで右手を振るだけ。
子供を抱っこしてあやす動きを止めることなく、
むしろその揺れの反動を利用して投げる動作を
可能にする、なんともすばらしいゲーム(笑)。

ついでに、投げるときの微妙な振動が
たっくんのα波を誘発させているようです(笑)。

Wiiウェア『レッツキャッチ』は、
Wiiショッピングチャンネルにて配信中。
たっくんの産まれる4日前にしお子さんを出産した
yさん家には、Wiiウェアのプレゼント機能で
なかば強制的にお贈りしておきましたので、
ご確認ください(私信)。

と、なんだか勝手に育児時の話しか書いていませんが、
ネット上であまりレビューが書かれていなかったので、
購入を考えている方向けにも簡単なレビューを。

確かにゲームとしては、必ずしも「やりこみ度」が
高いわけではないと思います。
たぶんクリアまでの時間もきわめて短いでしょう。
でも、ストーリーモードにはあったかさを感じます。
友達とかとパーティーゲームとして使うこともできます。
1000Wiiポイントのソフトとしては十分かと。
子供の頃、父親とキャッチボールしたときの
懐かしい気分になりました。
(当時の僕は暴投だらけでしたが(笑))

僕自身、実際のところはあのときのように公園で子供と
キャッチボールが出来るようになるのが夢です。
でも、天候やその他都合でなかなかそうもいかない場合、
2人プレイでこれをやると、
それっぽい気分が味わえなくもない、かも?

他にこんな記事もいかがでしょう




【CM】AmazonでKAN関連商品をチェック!




コメントはTwitter及びFacebookにて受け付けています


   Copyright (c) 1996-2016 Sei KAITANI (SEI) All rights reserved.